GJ > 競馬ニュース > 多くの競馬ファンの頭をよぎる「馬券換算」…キャプテン渡辺が「夢の国」で体験した出来事とは【徒然なる神のくず競馬トーク】
NEW

多くの競馬ファンの頭をよぎる「馬券換算」…キャプテン渡辺が「夢の国」で体験した出来事とは【徒然なる神のくず競馬トーク】

【この記事のキーワード】, ,

多くの競馬ファンの頭をよぎる「馬券換算」…キャプテン渡辺が「夢の国」で体験した出来事とは【徒然なる神のくず競馬トーク】の画像1

 皆さんはギャンブルをやっている人間とやっていない人間の、一番の差が何かわかるでしょうか?いろいろありますが、「これが一番違う」というものを挙げるとすれば、それは金銭感覚でしょう。

 我々はとにかく節約をしません。私レベルでギャンブルをやっている人間なら、わかってもらえると思います。そりゃあ、そうなんです。例えば一日の食費を500円浮かせたい、と。何だったら1000円でもいい。1000円浮かせたら相当なものですよね?普通は。

 しかし、我々からすると、その日または次の日に平気で2万、3万、何なら5万円を馬券やパチンコに突っ込むのに、500円や1000円の節約が一体何になるのだ?と。そう思ってしまうのです。

 これは何度か言っている事ですが、私達が節約をする時があるとすれば、それは単純に本当にお金が無い時だけである。具体的には「給料日まで残り5000円で過ごさなければいけない」みたいな時だけです。しかし、それは節約とは言いませんよね?(笑)。だって、ただ本当にお金がないだけなんだから。

 節約とは「買おうと思えば買えるけど買わずに我慢する」とか、「もっと安い物を探して買う」みたいな事を言うわけで、ただ買うお金が無い人が、カップラーメンだけで過ごさざるを得ないのとは違うわけです。そういう意味では、私は生まれてこの方本当に節約をした事がないのかもしれない。

「夢の国」で体験した出来事

 何故こんな話をしているかというと、こないだ「夢の国」に行って来まして、とある乗り物の待ち時間が70分だったんですね。とても寒い日だったし、もう結構歩き疲れていたし、70分も並ぶのは嫌だったんです。しかし、その乗り物にはスタンバイパスというものがありまして、それを買えば待ち時間ゼロで乗れるのです。

 私は悩みました。そのスタンバイパスは1人2000円かかる。2人で4000円だ。70分待てばタダで乗れるものに、並ぶのがしんどいというだけで4000円を使うか否か?この4000円の価値は、非常に判断が難しいところである。私は決して大金持ちではない。

 その時頭に浮かんだのが、「4000円なんて競馬なら何の迷いもなく使うお金だよな……」だった。正直なところ、競馬で使うとなったら私の場合は4000円どころではないわけである。そう思ったが最後、即スタンバイパスを購入。待ち時間ゼロ。実に快適に人気の乗り物に乗れました。

 ここで言及したいのは、スタンバイパスの価値ではありません。この思想の恐ろしさです(笑)。お金を使う時の基準が全て「馬券だったら」と馬券換算になる事は恐ろしい。相当な収入が無い限り、永遠にお金が貯まらない人間の発想である。

キャプテン渡辺

キャプテン渡辺

お笑い芸人。1975年10月20日生まれ、静岡県静岡市出身。A型。放送芸術学院卒業。2005年にお笑いトリオ・キラッキラーズを結成。現在はピン芸人として活躍中。土曜の競馬中継「ウイニング競馬」レギュラー。競馬予想術の粋を集めた自著「神の馬券術」が好評発売中

【YouTube】「くず競馬チャンネル」https://youtu.be/JfZ6Y2AQklo

Twitter:@captain1975

多くの競馬ファンの頭をよぎる「馬券換算」…キャプテン渡辺が「夢の国」で体験した出来事とは【徒然なる神のくず競馬トーク】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」