GJ > 競馬ニュース > 絶好調・坂井瑠星に続く「豪州産ジョッキー」の意地! 昨年、単勝112.6倍で重賞初勝利を飾った富田暁に2024年飛躍の気配
NEW

絶好調・坂井瑠星に続く「豪州産ジョッキー」の意地! 単勝112.6倍で重賞初勝利を飾った若手に2024年飛躍の気配

【この記事のキーワード】, ,
絶好調・坂井瑠星に続く「豪州産ジョッキー」の意地! 単勝112.6倍で重賞初勝利を飾った若手に2024年飛躍の気配の画像1
坂井瑠星騎手 撮影:Ruriko.I

年明けから絶好調の坂井瑠星騎手がまた魅せた

 21日、京都競馬場で行われた東海S(G2)は、2番人気のウィリアムバローズ(牡6歳、栗東・上村洋行厩舎)が勝利。昨年のダート王レモンポップの主戦・坂井瑠星騎手が、早くも2024年重賞初勝利を飾った。

「最後まで、手応え通りに伸びて強い内容でした」

 好調ぶりが止まらない。昨年、自己最多の107勝を挙げ、リーディング7位と2年連続でトップ10入りとなった坂井騎手。今年も勢いそのままに、ここまで13勝は堂々のリーディング2位だ。これまで重賞では2、3着止まりだったウィリアムバローズだが「ようやくタイトルを獲らせることができました」と見事に重賞初制覇に導いている。

 ちなみに昨年のフェブラリーS(G1)の覇者でお手馬のレモンポップは、すでに来月24日のサウジC(G1)挑戦が決定的。そんな坂井騎手にとって、ウィリアムバローズの勝利は渡りに船といったところか。1着馬にフェブラリーSの優先出走権が与えられる東海Sだけに、出走すれば連覇も視界に入ってくるはずだ。

主戦降板に奮起した、もう1人の”豪州産”ジョッキー

絶好調・坂井瑠星に続く「豪州産ジョッキー」の意地! 単勝112.6倍で重賞初勝利を飾った若手に2024年飛躍の気配の画像2
富田暁騎手

 一方、そんな東海Sから約10分前、裏開催の小倉で「意地の初勝利」を挙げたのが富田暁騎手だ。

「外枠でしたけど、この馬を信じて積極的に運ぼうと思っていました」

 レース後、そう勝利を振り返ったのは小倉のメイン豊前S(3勝クラス)だ。富田騎手が騎乗したサンライズアリオンは終始2番手をキープすると、4コーナーで早くも先頭に。「『早いかな』と思ったけど、最後まで余力がありました」と振り返った通り、1番人気に応える横綱相撲だった。

 これが嬉しい2024年初勝利になった富田騎手だが、本来であれば東海Sで坂井騎手としのぎを削っていたかもしれない。何故ならつい最近まで、ここで6着に敗れたペプチドナイルの元主戦騎手だったからだ。

 昨年は、富田騎手のキャリアにとって大きな1年だった。自己最多となる42勝を挙げただけでなく、秋にはセントウルS(G2)を単勝112.6倍のテイエムスパーダで逃げ切って重賞初勝利を飾った。

 しかし、その一方で「富田暁」の名が全国の競馬ファンにじわりと浸透したのが、重賞初制覇を飾る約1か月前に挑んだペプチドナイルとの“北海道ダート三冠”への挑戦だった。

 函館の大沼S(L)、マリーンS(OP)を連勝し、“北海道ダート三冠”に王手を掛けたペプチドナイルと富田騎手。しかし、三冠が懸かった札幌のエルムS(G3)では本来の積極的な競馬ができずに13着に大敗……。

 7年目の富田騎手にとっては重賞で初めての1番人気だったが「無理にでも、強気に悔いのないように乗るべきだった」と反省ばかりが残ってしまった。

 その後、あの敗戦を糧に重賞初制覇を飾るなど、もう1つ階段を上った感のある富田騎手。だが、ペプチドナイルとのコンビでは結果を残すことができずに、前走のベテルギウスS(L)から藤岡佑介騎手に乗り替わり……先輩が“一発回答”の勝利を飾ったことで、実質的な主戦降板となってしまった。

「完勝でしたね」

 そんな富田騎手にとって、これでオープン入りとなったサンライズアリオンは新たな相棒になるかもしれない。奇しくもペプチドナイルもサンライズアリオンもダート1800m前後を得意とする馬だけに、どこかで直接対決もありそうだ。

 実は坂井騎手と富田騎手には、オーストラリアで長期の武者修行を行ったという共通点がある。今や若手No.1といわれる坂井騎手の背中を追って、“豪州産”の後輩が2024年を飛躍の一年にする。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

絶好調・坂井瑠星に続く「豪州産ジョッキー」の意地! 単勝112.6倍で重賞初勝利を飾った若手に2024年飛躍の気配のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」