GJ > 競馬ニュース > 「存亡の危機」に瀕したフェブラリーSが不運過ぎるワケとは?過去に行われたのは2回のみ…毎月恒例○○ステークスには「幻のレース」も
NEW

「存亡の危機」に瀕したフェブラリーSが不運過ぎるワケとは?過去に行われたのは2回のみ…毎月恒例○○ステークスには「幻のレース」も

「存亡の危機」に瀕したフェブラリーSが不運過ぎるワケとは?過去に行われたのは2回のみ…毎月恒例○○ステークスには「幻のレース」もの画像1

 今週末の日曜東京では、1着馬にフェブラリーS(G1)の優先出走権が付与される根岸S(G3)が行われる。

 昨年の優勝馬レモンポップは本番を制しただけではなく、下半期のダート王を決めるチャンピオンズC(G1)も優勝。2023年度のJRA賞では、ウシュバテソーロを上回る票を獲得し、最優秀ダート馬の勲章も手に入れた。

 その一方で、JRAのG1を優勝したレモンポップと、海外のドバイワールドC(G1)やブリーダーズCクラシック(G1)で好走したウシュバテソーロのどちらを上に評価するかは物議を醸したのも事実だ。

 G1勝利数の上ではどちらも3勝なのだが、サウジC(G1)の創設を機に近年のダート路線は国際志向が強まったこともあり、有力馬による海外遠征の増加とともに、JRA・G1の存在価値が失われつつある現実に注目が集まっている。

開催時期の変更も視野に入るもレース名称がネック?

「一昔前なら日本のダート馬が海外のダートに挑戦しても、まったく歯が立たずに惨敗するシーンも珍しくありませんでした。そもそも芝のレースが中心の日本では、1着賞金でも芝とダートで大差がついているのが現状です。

ジャパンC(G1)や有馬記念(G1)の賞金が5億円なのに対し、フェブラリーSやチャンピオンズCのそれは、世代限定G1を除けば最低の1億2000万円でしかありません。有力馬の陣営が約13億円のサウジCや約9億円のドバイワールドCを目標にするのも当然の流れだったでしょう」(競馬記者)

 このような状況を考えると、本来ならダートのトップクラスが覇を争うはずだったフェブラリーSの立ち位置は非常に危うくなる。魅力的なレースにするためには、賞金アップも視野に入るが、さすがに世界最高峰を誇る海外のG1相手では分が悪い。

 そうなると、今度は開催時期をずらして生き残りを図る手段もあるのだが、今度はフェブラリーSという名称が障害となるだろう。2月に行われるからフェブラリーSであり、それ以外の月に行われたのでは、レース名に矛盾が生じるからである。

 話は少し逸れてしまうが、1月のジャニュアリーS(OP)から12月のディセンバーS(L)まで毎月のように開催月が名称に含まれるレースがあるものの、グレードがG1のレースはフェブラリーSのみ。その年の最初に開催されるG1として定着しているだけに、JRAとしてもできれば格下げは避けたいところだ。

 ちなみに開催月の名称を持つレースの中で、幻のレースといえそうなのは、8月に行われていたオーガストSだ。1回目は1988年に当時900万下条件(福島ダート1700m)で行われ、2回目は2000年にOP(中山ダート1800m)として行われたことがある。

 97年にG2からG1へと昇格したフェブラリーSだが、それから30年も経たない内に存亡の危機に瀕しているのは、あまりにも不運過ぎたといえるのかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「存亡の危機」に瀕したフェブラリーSが不運過ぎるワケとは?過去に行われたのは2回のみ…毎月恒例○○ステークスには「幻のレース」ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」