GJ > 競馬ニュース > 【東京新聞杯】大本命マスクトディーヴァに暗雲?「四半世紀以上」未勝利、鞍上「関東圏重賞」全敗のWパンチ
NEW

【東京新聞杯】大本命マスクトディーヴァに暗雲?「四半世紀以上」未勝利、鞍上「関東圏重賞」全敗のWパンチ

【この記事のキーワード】, ,
【東京新聞杯】大本命マスクトディーヴァに暗雲?「四半世紀以上」未勝利、鞍上「関東圏重賞」全敗のWパンチの画像1
マスクトディーヴァ 撮影:Ruriko.I

 先週末は京都でシルクロードS(G3)、東京で根岸S(G3)が行われた。どちらも春のG1に向けて重要な前哨戦という位置づけのレースだったが、前者は2→1→3番人気、後者は1→6→2番人気の順当決着。両レースとも1番人気馬が連対したとあって、3連単ですら万馬券に届かなかった。

 先週の2重賞は穴党ファンにはやや物足りない結果となったが、今週こそ大万馬券を夢見て、人気馬を疑うところから入ってみたい。

 今週末は東京で東京新聞杯(G3)、京都ではきさらぎ賞(G3)が行われるが、注目したいのはフルゲート濃厚の東京新聞杯の方だ。

大本命馬に立ちはだかる不吉なデータ

 過去10年中9年で3連単の払戻が万馬券となっており、うち4回は10万馬券という一筋縄ではいかない一戦。高配当が続出する理由の一つが、1番人気の馬が「1-1-2-6」と信頼感に欠けるためだろう。

 しかし、今年の東京新聞杯で1番人気が予想されるのは、昨年の秋華賞(G1)で三冠牝馬リバティアイランドに迫ったマスクトディーヴァ(牝4歳、栗東・辻野泰之厩舎)。2走前のローズS(G2)では、芝1800mの日本レコードを叩き出すなど、そのスピードと瞬発力は一級品だ。

 直線の長い東京コースなら自慢の末脚が炸裂する可能性は極めて高い。30日時点で、『netkeiba.com』が公開している予想オッズでも2倍台と多くのファンにも支持されている。ただ、逆にいえば、大本命馬のマスクトディーヴァが馬券圏外に沈むようなら高配当にも期待できるということになる。

 実際、マスクトディーヴァにとって嫌なデータも少なくない。

 今回、3か月半ぶりの実戦となるが、ほぼ同じ間隔で臨んだローズSでブレイディヴェーグを退けており、久々は苦にしないタイプだろう。ただし、前走の2000mから2ハロンも距離が縮まる点は留意したい。

 というのも、東京新聞杯において、前走2000mの馬は大不振。最後に勝利を収めたのは、1997年に中山金杯(G3)→東京新聞杯を連勝したベストタイアップである。その後は26年間でのべ40頭が挑戦しているが、「0-3-3-34」と勝つことができていない。

 今回がキャリア6戦目のマスクトディーヴァはデビューから1800~2000mのレースにしか使われておらず、1600m戦は今回が初めて。思わぬハイペースになった時に追走に苦労するシーンがあってもおかしくないだろう。

【東京新聞杯】大本命マスクトディーヴァに暗雲?「四半世紀以上」未勝利、鞍上「関東圏重賞」全敗のWパンチの画像2
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 そして、もう一つの不安材料は鞍上を務める岩田望来騎手の成績の偏りだ。

 岩田望騎手は昨年6月のデビュー3戦目でマスクトディーヴァと初コンビを組み、ローズSと秋華賞でも騎乗。秋華賞は勝負所でややスムーズさを欠いた場面はあったが、リバティアイランドに肉薄している。

 昨年は全国リーディング4位となる113勝を挙げ、すでにJRAの重賞を7勝している若手の有望株と呼ばれる存在だが、関東圏(東京・中山)の重賞は46回騎乗して未勝利。特に東京では「0-2-1-24」と精彩を欠いている。

 乗り慣れた地元・関西圏の競馬に比べると、アウェイの関東圏では信頼感が今一つといったイメージも定着しつつある。ただ、東京・中山の重賞では1番人気の馬には跨ったことがなく、大本命馬と挑む今回はそんな負のイメージを払拭する大きなチャンスともいえるだろう。

 40戦全敗の前走2000m、そして関東圏で46戦全敗の鞍上。マスクトディーヴァと岩田望騎手はそんな2つの絶望的なデータをはねのけることができるのか。春の大目標・ヴィクトリアマイル(G1)に向けて、どんな走りを披露してくれるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【東京新聞杯】大本命マスクトディーヴァに暗雲?「四半世紀以上」未勝利、鞍上「関東圏重賞」全敗のWパンチのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」