GJ > 競馬ニュース > 「坊主頭」は飛躍を誓った決意の表れ!? 昨年ブレイクの若手が年明けから絶好調…関係者から第2の川田将雅に推す声も
NEW

「坊主頭」は飛躍を誓った決意の表れ!? 昨年ブレイクの若手が年明けから絶好調…関係者から第2の川田将雅に推す声も

【この記事のキーワード】, ,
「坊主頭」は飛躍を誓った決意の表れ!? 昨年ブレイクの若手が年明けから絶好調…関係者から第2の川田将雅に推す声もの画像1
撮影:Ruriko.I

 28日の京都競馬場で行われたシルクロードS(G3)を制したのは、デビュー7年目の若手・西村淳也騎手が騎乗したルガル(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)だった。

 1番人気は坂井瑠星騎手のアグリに譲ったものの、正攻法の競馬でライバルに3馬身差をつけて完勝。重賞初制覇を決めるとともに高松宮記念(G1)の有力候補として名乗りを上げた。抜けた馬が不在のスプリント路線に期待の新星が誕生したといえるだろう。

 馬体の成長や追い切りの動きからも地力強化が顕著だったルガルだったが、勝ち切れない競馬が続いた昨年と比べて見違えるような成長を見せた。

 また、馬だけではなく騎乗した西村淳騎手の手綱捌きも成長の跡が伝わる。逃げたテイエムスパーダの直後を抜群の手応えで追走して抜け出す横綱相撲。ゲートに課題を残していたパートナーと好発を決め、ポジション取りを成功させた時点で、ほぼ勝負ありといった内容だった。

坊主頭に込められた飛躍の決意

「坊主頭」は飛躍を誓った決意の表れ!? 昨年ブレイクの若手が年明けから絶好調…関係者から第2の川田将雅に推す声もの画像2
西村淳也騎手 撮影:Ruriko.I

 年明けの坊主頭でも注目を集めた西村淳騎手。関係者の話によると、昨年にG1勝利を目標に掲げて達成できなかったことへの自戒の念を込めてのものだったらしい。

 その甲斐もあってか、フェアリーS(G3)を5番人気イフェイオンで勝利して早くも今年の重賞初勝利を決め、それからひと月も経たない内にシルクロードSのルガルで2勝目をゲットした。昨年ブレイクした若手の勢いはまだまだ続きそうである。

「不作と言われた2018年デビュー組の同期は、西村淳騎手本人を含めて3人しかいませんでした。あとの2人は既に引退した山田敬士騎手、昨年未勝利に終わった服部寿希騎手ですから、西村淳騎手の躍進がより一層目立っています。

先輩の坂井騎手とはプライベートでも仲がいいですが、早い時期に海外に武者修行に行った2人だけに、考え方や行動力でも似た部分が多いかもしれません。これからもお互いに切磋琢磨するいいライバルとなりそうです。

何と言っても彼の魅力は気持ちの強さです。レースでは先輩に臆することなくガンガン向かっていきますし、とにかく勝ちに飢えているんですよ。不可解な騎乗や危ない競馬をした先輩騎手に苦言を呈するくらい肝が据わっています。そういったところは、若手時代の川田将雅騎手に通じる部分があります」(競馬記者)

 第2の川田将雅に推す声も出た西村淳騎手だが、一昨年くらいまではローカルを中心に騎乗して頭角を現してきた。そこから関係者の信頼を勝ち取り、昨年から本格的に本場メインに切り替えてステップアップ。トップジョッキーが集まる舞台へと挑戦しながら、自己最多となる76勝を挙げる存在感を発揮した。

 年間を通して重賞4勝の昨年に対し、今年は1月の段階で2勝のハイペース。2月のフェブラリーS(G1)では、地方の年度代表馬イグナイターとのコンビも決まった。順調なら高松宮記念のルガル、桜花賞(G1)のイフェイオンでチャンスがあるだろう。

 現在の勢いなら待望のG1初勝利と年間100勝の達成も夢ではない。田口貫太騎手の活躍も話題となっているが、台頭が著しい若手の中でも西村淳騎手は筆頭格といってもよさそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「坊主頭」は飛躍を誓った決意の表れ!? 昨年ブレイクの若手が年明けから絶好調…関係者から第2の川田将雅に推す声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」