GJ > 競馬ニュース > 【共同通信杯】紛れもなく最高の出世レース。テンポイント、ナリタブライアン、ゴールドシップ、エルコンドルパサーらJRA史に残る勝ち馬21頭。名馬の道へ進むのはジャンタルマンタルかエコロヴァルツか
NEW

【共同通信杯】紛れもなく最高の出世レース。テンポイント、ナリタブライアン、ゴールドシップ、エルコンドルパサーらJRA史に残る勝ち馬21頭。名馬の道へ進むのはジャンタルマンタルかエコロヴァルツか

【共同通信杯】紛れもなく最高の出世レース。テンポイント、ナリタブライアン、ゴールドシップ、エルコンドルパサーらJRA史に残る勝ち馬21頭。名馬の道へ進むのはジャンタルマンタルかエコロヴァルツかの画像1
撮影:Ruriko.I

 今週末に行われる共同通信杯(G3)は、日本ダービー(G1)と同じ東京コースで行われることもあり、クラシックへ向けた登竜門ともいうべき重要な一戦。今年で58回目を迎えるが、共同通信杯の名前がついたのが第17回から、それ以前は東京4歳ステークスの名称で行われていた。

 若い競馬ファンはエフフォーリアやゴールドシップが勝利したレースをイメージするかもしれないが、過去を振り返ればそれらに勝るとも劣らない名馬がズラリといる。

 しかも勝ち馬だけでなく2着以下に広げればさらに活躍馬の宝庫で、例えば過去10年の日本ダービー馬がタスティエーラ、シャフリヤール、ドゥラメンテの3頭、さらにジオグリフ、アドマイヤマーズ、サトノアラジンらが後にG1を制している。

 今回は過去の優勝馬に厳選し、特に活躍した21頭を紹介しよう。

 

■1968年 タケシバオー

 今や日本馬の海外遠征は日常茶飯事だが、その先駆者ともいえるのがタケシバオー。まだ右も左も分からない状態で、アメリカに2年連続で遠征。不運もあって結果を残すことができなかったが、国内で天皇賞・春(現G1)など27戦16勝2着10回3着1回と抜群の成績を残していることからも、その時代を代表するトップホースだったのは間違いない。後にJRA顕彰馬にも選出されている。

■1975年 カブラヤオー

 皐月賞(G1)と日本ダービーの二冠を達成、屈腱炎を発症して菊花賞(G1)には出走できなかったが、狂気の逃げと呼ばれたレースは圧巻。日本ダービーは前半1000mを58秒6と当時からすると驚異的なハイラップで飛ばし、そのまま影を踏ませることなく勝利している。

■1976年 テンポイント

 馬体の美しさから「流星の貴公子」と呼ばれた名馬。有馬記念(G1)でのトウショウボーイとの一騎打ちは今も語り継がれるほど。デビューから4戦4勝で共同通信杯を勝利。なお2着クライムカイザーは日本ダービーを制している。

■1978年 サクラショウリ

 小島太元騎手とともに、昭和の競馬を盛り上げたサクラ軍団のダービー馬。重賞初勝利がこのレースで、その後日本ダービーだけでなく宝塚記念(G1)も勝利している。

■1983年 ミスターシービー

 セントライト、シンザンに続き史上3頭目のクラシック三冠を達成した同馬も、初重賞制覇はこのレース。後に顕彰馬に選出されている。

■1985年 サクラユタカオー

 名種牡馬テスコボーイの傑作。3連勝でこのレースを制し、クラシックの大本命と目されるも、レース後に骨折が判明。だが翌年秋の毎日王冠(G2)と天皇賞・秋(G1)をともにレコード勝ちの快挙。1800~2000mでは6戦6勝、3つのレコード勝ちと圧倒的な強さを見せた。

■1986年 ダイナガリバー

 今や飛ぶ鳥を落とす勢いの社台グループだが、同馬が最初の日本ダービー馬である。有馬記念ではミホシンザン、ギャロップダイナ、スズパレード、メジロラモーヌ、サクラユタカオーらを相手に勝利している。

■1990年 アイネスフウジン

 約20万人が集結した東京競馬場に響き渡ったナカノコールは、日本ダービー史に残る名場面といえよう。残念ながらレコード勝ちをおさめたダービーを最後に屈腱炎を発症して引退。共同通信杯での逃げ切りが、日本ダービーの勝利に繋がったといえる。

■1994年 ナリタブライアン

 シャドーロールの怪物と呼ばれた史上5頭目のクラシック三冠馬。この共同通信杯がデビューから8戦目であったが、そのタフさは圧倒的なレコード勝ちからもわかる。引退後に史上24頭目の顕彰馬に選出される。

■1997年 メジロブライト

 メジロマックイーンやメジロパーマーでおなじみ、メジロ軍団晩年の傑作。クラシックにはあと一歩及ばなかったが、古馬になって天皇賞・春(G1)を勝利している。

■1998年 エルコンドルパサー

 共同通信杯は降雪の影響で芝からダートに変更となったが、ものともせず快勝。ただし外国産馬のためクラシック三冠には出走できず、NHKマイルC(G1)を目標に調整され、こちらも見事勝利。秋は毎日王冠でサイレンススズカの2着、そしてジャパンC(G1)を勝利。翌年は4戦すべてヨーロッパに遠征し、イスパーン賞(G1)2着、サンクルー大賞(G1)1着、フォワ賞(G2)1着、凱旋門賞(G1)2着の好成績を残した。2014年に史上30頭目の顕彰馬に選出されている。

■2000年 イーグルカフェ

 この共同通信杯が重賞初勝利。その後にNHKマイルC、そしてジャパンCダート(G1、現チャンピオンズC)を制覇。二刀流として活躍した。

■2001年 ジャングルポケット

 後に日本ダービーを制し、さらには3歳馬ながらテイエムオペラオーを豪快に差し切ってジャパンCを制した。日本ダービー前に共同通信杯を経験したことが、日本ダービーやジャパンCの勝利に繋がったといえるだろう。

■2006年 アドマイヤムーン

 弥生賞(G2)終了時点で6戦5勝、重賞3勝と圧倒的なクラシック候補であったが、皐月賞と日本ダービーでは結果が出ず。その素質は翌年開花し、ドバイデューティーフリー(G1、現ドバイターフ)、宝塚記念、ジャパンCを制した。

■2012年 ゴールドシップ

 未だに多くのファンがいる芦毛の名馬。共同通信杯では後のダービー馬ディープブリランテに勝利し、皐月賞は4番人気を覆しての勝利。その後も菊花賞、有馬記念、宝塚記念、天皇賞・春などG1レースを計6勝した。

■2014年 イスラボニータ

 共同通信杯を勝利した後は皐月賞を制し、日本ダービーは2着。秋は天皇賞に挑戦し3着に好走。その後もマイルCS(G1)で2着に好走するなど幅広く活躍した。

■2015年 リアルスティール

 福永祐一元騎手とのコンビで、後の二冠馬ドゥラメンテを破っての勝利。一躍注目を集めたが、皐月賞と日本ダービーは同馬に逆転を許す。だが明け4歳のドバイ遠征ではドバイターフ(G1)で見事G1初制覇。

■2016年 ディーマジェスティ

 共同通信杯は6番人気と低評価での勝利。皐月賞も8番人気での勝利だったが、負かした相手はマカヒキやサトノダイヤモンド、エアスピネルやリオンディーズといった名馬ばかり。同馬がその素質を開花させたのは、紛れもなくこのレースだった。

■2017年 スワーヴリチャード

 現在、種牡馬としてブレイク中のスワーヴリチャードも重賞初制覇がこの共同通信杯。古馬になって大阪杯(G1)、ジャパンC(G1)を制している。

■2019年 ダノンキングリー

 G1を制したのは古馬になってからの安田記念(G1)のみだが、重賞4勝中3勝、日本ダービー2着など東京コースを大の得意としていた。

■2021年 エフフォーリア

 鞍上の横山武史騎手が若手であったこともあり、2戦2勝ながら当時は4番人気とまだ無名の存在であった。その後は皐月賞1着、日本ダービー2着、そして3歳馬ながら天皇賞・秋1着、有馬記念1着。当時、この活躍を想像できたファンやマスコミはいただろうか。ちなみに3着シャフリヤールは日本ダービーを制している。


 ミスターシービーとナリタブライアンという2頭の三冠馬を送り出し、勝ち馬だけでも6頭の日本ダービー馬が誕生しているレース。また古馬になってからもジャパンC、有馬記念、宝塚記念、天皇賞・秋、天皇賞・春、安田記念、ジャパンCダートなどを勝利した馬がズラリ。まさしく共同通信杯は3歳限定重賞でも群を抜く出世レースといえる。

 今年出走する馬も、いずれは大仕事をやってのけるだろう。それはジャンタルマンタルかエコロヴァルツか、もしくは別の馬か。今からレースが待ち遠しい。

仙谷コウタ

仙谷コウタ

初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

【共同通信杯】紛れもなく最高の出世レース。テンポイント、ナリタブライアン、ゴールドシップ、エルコンドルパサーらJRA史に残る勝ち馬21頭。名馬の道へ進むのはジャンタルマンタルかエコロヴァルツかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材