GJ > 競馬ニュース > 【共同通信杯(G3)予想】2歳王者ジャンタルマンタルの「不安要素」とは。大物候補ベラジオボンドと「極選穴馬」で大物食いを狙う
NEW

【共同通信杯(G3)予想】2歳王者ジャンタルマンタルの「不安要素」とは。大物候補ベラジオボンドと「極選穴馬」で大物食いを狙う

【共同通信杯(G3)予想】2歳王者ジャンタルマンタルの「不安要素」とは。大物候補ベラジオボンドと「極選穴馬」で大物食いを狙うの画像1

 今回は出走馬から数多のクラシックホース、G1馬を送り出してきた出世レース共同通信杯(G3)を予想していく。

 先週の振り返り。まず、きさらぎ賞(G3)だが、○ウォーターリヒトが2着に入ってくれたのは狙い通りだったのだが、肝心の1着と3着はノーマーク。どちらも新馬戦からの挑戦で、見るべき内容ではなかった……と判断したものの、1着は堂々の1番人気。どうも自分には、こういったキャリアの浅い馬を見る目がないらしい。

 続く東京新聞杯(G3)は馬券圏内すべてノーマーク。上位人気全滅で、3連単60万馬券。強いて挙げれば、1着のサクラトゥジュールは何となく引っかかっていた1頭。2着のウインカーネリアンは逃がせば強いのは知っていたものの、さすがに海外遠征明けの初戦でどこまでと思って消した。ただ、仮にこの2頭を買っていても3着は本当にノーマークだったので、いずれにせよ手も足も出ないレースであった。

 予想に戻ろう。

 まずはいつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
新馬戦 7頭
ホープフルS(ラジオNIKKEI杯2歳S含む)、東京スポーツ杯2歳S(G3時代含む) 各4頭
朝日杯フューチュリティS、京成杯 各3頭
セントポーリア賞(1勝クラス) 2頭
シンザン記念、京都2歳S 各1頭
条件特別(1勝クラス) 4頭
条件戦(1勝クラス) 1頭
となっている。重賞経験馬より遅めの新馬戦を勝ち上がって、2戦目にここを選んで好走する例が多い。トータルで見れば重賞を経由してきた馬の方が好走例が多いので、キャリアも大事になってくるが、その馬の資質を見抜く必要もあるレースと言えそうだ。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 1-3-2-4
2番人気 1-0-3-6
3番人気 5-2-1-2
4~6番人気 3-4-2-21
7~9番人気 0-1-1-26
10番人気以下 0-0-1-21
となっている。1番人気、2番人気がアテにしづらい数字となっている。一方、3番人気はほぼ鉄板で17年と21年以外はすべて馬券圏内という優秀さ。近5年に絞ると1番人気は一昨年、昨年と連続してきているので、人気なりの裏付けがあれば買い。近年は7番人気以下も2頭来ているなど、人気薄が来るケースも見られるが、基本は上位人気に中穴が絡む流れ。頭数が揃わないことも多いので極端な大荒れはない。


 これを踏まえて「◎」は意外に人気しなそうな5番ショーマンフリートとする。

 前走はシンザン記念(G3)。2番人気に推されて、外枠から好スタート。好位につけて追走する。ペースは平均ペースながら緩みのない流れで、少しポジションを上げて直線へ。じわじわと伸びてきたが、後ろから来た馬の勢いに飲まれて5着に終わった。

 デビューは9月中山1600m戦で、この時は終始2~3番手を通って直線で突き放し、2馬身半差をつける完勝を飾った。前走は3カ月半の休み明けだったこともあってか、馬体重がプラス18kgと成長分を差し引いても太め残り。それでも重賞で掲示板を確保した実力は買っておきたい。

 先週のきさらぎ賞でも、シンザン記念を3着に好走したウォーターリヒトが人気薄ながら2着に入っており、シンザン記念は意外にレースレベルが高かったことが考えられる。ショーマンフリートは5着と馬券圏内には入らなかったが、この馬のレベルもなかなかのものである。

 不安を言えば、まだマイル戦しか経験していないので1ハロン長く、ごまかしの利かない東京1800m戦に対応できるかどうかという点。マイル経験だけで好走した例もあり、シンザン記念からの好走例もあるので、乗り越えられるのではと見ている。


「○」はそれなりに人気しそうではあるが、1番ベラジオボンドを挙げる。

 前走は12月阪神1800mの新馬戦。中目の枠からポンと出て中団より前目につけて追走。ペースは緩く遅めで、直線では前残り展開になったが、しっかり伸びてきて前の2頭を交わし、3馬身差をつけて勝利した。

 新馬戦からの好走が多く見られるこのレース。1戦だけでその馬のポテンシャルを見極める必要があるのだが、この馬に関しては勝ちタイムに注目したい。2歳馬ながら、共同通信杯の平均的な勝ちタイムとほぼ同じタイムを叩きだしている。

 無論、コースが阪神と東京で異なるので単純な比較はできないが、好タイムを叩き出すだけのポテンシャルがあるのは確か。上がりタイムも唯一33秒台をマークしている。負かした相手もリスグラシューの全弟という良血馬だっただけに、買い要素は多い。


「▲」も人気しそうだが4番ミスタージーティーを推す。

 前走はホープフルS(G1)。大外枠からのスタートで、さらに出遅れて後方からの競馬を強いられる。ペースは平均ペースながら緩みがないまま直線へ。勝ち馬は大外を回って一気に交わしていき、この馬も後方からよく追い込んだが5着までだった。

 デビューは11月京都2000m戦で、この時は中団を進み、前残り展開ながらからくも差し切り勝ちを収めた。勝ちタイムは平凡だったが、上がりは33秒台となかなか優秀。ホープフルSからの転戦馬も好走例が多いのだが、今年は該当馬がこの馬1頭のみ。前走はやや不完全燃焼の感もあり、ポテンシャルの高さは疑いないだろう。

【共同通信杯(G3)予想】2歳王者ジャンタルマンタルの「不安要素」とは。大物候補ベラジオボンドと「極選穴馬」で大物食いを狙うの画像2
ジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I

「△」は人気が予想される9番ジャンタルマンタル。

 前走は朝日杯FS(G1)で、中団から抜け出して後続をシャットアウトする強い勝ち方だった。

 デビューは10月京都1800mの新馬戦で、好位につけてそのまま抜け出して勝ち上がっている。2戦目でデイリー杯2歳S(G2)を完勝、3連勝でG1タイトルを手にしている。

 マイルの重賞を連勝しているが、マイルの方は意外にタイムが平凡なのに対して、1800mの新馬戦の勝ちタイムが好タイム。おそらく距離が延びていいタイプなのだろう。唯一の重賞勝ち馬かつ重賞2勝馬ということで、頭ひとつ抜けているのは確か。

 ただし、2000年以降は朝日杯の勝ち馬からこのレースの勝ち馬が出ていない。19年にアドマイヤマーズが1番人気で臨んで2着に敗れているだけに無敗馬とはいえ、全幅の信頼を置くところまではいかない。

 ということで、今回は1番、4番、5番、9番の4頭で3連複BOX4点勝負とする。ジャンタルマンタルが飛んだら波乱だが、一応それも期待しての買い目である。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【共同通信杯(G3)予想】2歳王者ジャンタルマンタルの「不安要素」とは。大物候補ベラジオボンドと「極選穴馬」で大物食いを狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材