GJ > インタビューニュース > 「最速最強」多井隆晴予想
NEW

宝塚記念(G1)「最速最強」多井隆晴の大本命は!? 麻雀界の威信を懸けた「驚愕の情報網」が導き出す渾身の5頭公開!

【この記事のキーワード】, ,
宝塚記念(G1)「最速最強」多井隆晴の大本命は!? 麻雀界の威信を懸けた「驚愕の情報網」が導き出す渾身の5頭公開!の画像1雑誌を使って事前準備は完璧!らしい

「麻雀界」の威信を懸けて絶対、当てたくなってきたんで楽しみにしててください!

 いよいよ春のグランプリ宝塚記念(G1)が24日に迫ってきた。秋のG1シーズンに「競馬界とのコラボ企画開催」を懸け、麻雀界の未来を託された「最速最強」の人気No.1雀士・多井隆晴プロは、果たしてどのような”結論”を用意したのだろうか。圧倒的な勝負強さを持つ最速最強男に、さっそくインタビューしたい。

――改めて、競馬との出会いを語って頂けますか。

多井隆晴(以下、多井):10代の頃からレースだけ見始めて、20代の頃には結構真剣にやってましたね。宝くじは夢を買う感じですけど、その分現実味がない。でも競馬って、現実味あるじゃないですか。「馬券当てて、美味しいもの食べに行こう」とか。

ダビスタ(ダービースタリオン)もやってましたよ。それこそファミコンの初代から、初めてやった時は衝撃的でしたね。馬券はやっぱり、なかなか当たらないから研究するじゃないですか、それでどんどん詳しくなりましたね。重賞レースなら、今でも全部言えるんじゃないかな。

――最近はどうですか?

多井:最近は忙しいのもあって、G1を見る程度かな。10年くらいブランクはありますよ。でも、やっぱり周りにも競馬好きな人多いじゃないですか。だから今回もいろんな人から話を聞いて適性とか、血統とか、状態だとか僕の「情報網」を駆使してね。

――多井さん1人ではないということですね。

多井:僕にはありますからね、「麻雀界」という強い味方が。結構、競馬好きのプロ雀士がいるんですよ。他にも実は牧場の関係者とか、騎手の方と番組で共演して知り合いもいますし僕自身、自信はありますよ。

ただ、皆さんは口を揃えて言うんですよ。「今回は難しいから、たぶん獲れないよ」って(笑)。

――大混戦ですからね(笑)。ただ、だからこそ逆に的中すればインパクトがあります。では、さっそく本命馬を教えて頂けますか?

宝塚記念(G1)「最速最強」多井隆晴の大本命は!? 麻雀界の威信を懸けた「驚愕の情報網」が導き出す渾身の5頭公開!のページです。GJは、インタビュー、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは