GJ > 競馬ニュース > 東京大賞典×ゴールドドリーム
NEW

東京大賞典(G1)ゴールドドリーム「VSオメガパフューム」リベンジなるか!? 2019最後のG1獲りを狙うルメール騎手

東京大賞典(G1)ゴールドドリーム「VSオメガパフューム」リベンジなるか!? 2019最後のG1獲りを狙うルメール騎手の画像1

 中央競馬は28日(土)の中山・阪神で行われるレースをもって今年の全日程を終了する。締めくくりの重賞は2歳G1のホープフルSとなるわけだが、地方では翌日に年末の大一番がある。それが大井競馬場で開催される東京大賞典(G1)だ。

 中央ではチャンピオンズC(G1)がダートG1の最終戦となるが、この東京大賞典は地方馬も含めて争われる「真のダート王決定戦」と呼べる一戦だ。

 JRA所属馬はTCK特別区競馬組合から出走馬の選定が行われ、選定を通過した馬に出走権が与えられる。今年は全13頭出走のうち、JRA所属馬は7頭出走する。

 いずれ劣らぬダート巧者だが、このレースで引退の可能性があるゴールドドリーム(牡6、栗東・平田修厩舎)に注目したい。

 今年はフェブラリーS(G1)から始動。インティの勢いに屈するも2着を確保。続くかしわ記念(G1)を快勝し、マイルCS南部杯(G1)では1番人気に推されるも3着に終わる。チャンピオンズCでも1番人気に推されるが、無敗のクリソベリルに届かず2着し、この東京大賞典に臨む。

 実は2017年のチャンピオンズCから今年のかしわ記念までG1を8戦連続で連対しており、マイルCS南部杯3着でその記録は途切れてしまったが、2017年に勝利したチャンピオンズCで再び2着するなど、その実力は衰えていない。

 鞍上は昨年のかしわ記念から騎乗している主戦騎手のC.ルメール騎手。

 ゴールドドリームはデビューから6人の騎手(ドバイ遠征時のJ.モレイラ騎手を入れると7人)が騎乗しているが、ルメール騎手は全22戦のうち8回騎乗で3勝2着4回と連対率87.5%と高い数字を残している。

 昨年も東京大賞典にはゴールドドリームに騎乗しているが、ライバルと目されるオメガパフュームの差しに屈して2着と惜しい結果に終わっている。勝ち星で言うと11年前の2008年カネヒキリで挙げた1勝まで遡る。

 今回はオメガパフュームと再び同じ舞台で相まみえることになるだけに、昨年の雪辱を果たしたいところだろう。オメガパフュームの鞍上は昨年と同じM.デムーロ騎手だけに、その思いは強いはず。

 オメガパフュームとは2回対戦して、1勝ずつと五分の成績。前走のチャンピオンズCではゴールドドリームが大きく先着しているだけに、ここでも負けるわけにはいかないだろう。

 ゴールドドリームがここを勝てば、来年2月に開催されるサウジC(G1)に招待される可能性が高まる。招待されれば、予定されている引退を引き延ばして遠征する可能性もあるだけに、ファンはこの年末決戦の好走を願っているはずだ。

東京大賞典(G1)ゴールドドリーム「VSオメガパフューム」リベンジなるか!? 2019最後のG1獲りを狙うルメール騎手のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル