GJ > 競馬ニュース > オーシャンS(G3)展望
NEW

【オーシャンS(G3)展望】タワーオブロンドンVSダノンスマッシュ! 高松宮記念の最有力馬がいきなり激突!

【オーシャンS(G3)展望】タワーオブロンドンVSダノンスマッシュ! 高松宮記念の最有力馬がいきなり激突!の画像1

 7日(土)に中山競馬場にてオーシャンS(G3)が開催される。

 先日の阪急杯(G3)と同じく、高松宮記念(G1)の前哨戦であり、特にこちらは同距離で行われる直近の重賞として重要な一戦となっている。

 今年は17頭が特別登録を済ませているが、注目はやはり唯一のG1馬であるタワーオブロンドン(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)の参戦だろう。

 昨年は東京新聞杯(G3)から始動し、5着。その後、京王杯SC(G2)とセントウルS(G2)を制して、スプリンターズS(G1)では春のスプリント王ミスターメロディなどを完封して念願のG1タイトルを手にした。

 1200m戦はこれまで【2・1・1・0】とすべて馬券に絡んでおり、前走のスプリンターズSは今回のオーシャンSと同コース。ここを勝って本番の高松宮記念へ向かいたいところだ。

 唯一懸念材料があるとすれば、54kgの斤量で出走する馬がいる中で、58kgと最大4kgの斤量差があること。過去、58kgを背負って勝ち星がないが、それでも馬券には絡んでいる。本格化している今回は杞憂に終わる可能性が高いか。

【オーシャンS(G3)展望】タワーオブロンドンVSダノンスマッシュ! 高松宮記念の最有力馬がいきなり激突!の画像2

 タワーオブロンドンの最大のライバルとして立ちはだかるのがダノンスマッシュ(牡5、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 昨年はシルクロードS(G3)から始動し、快勝。年末の京阪杯(G3)に続く重賞連勝を飾った。高松宮記念では0.2秒差の4着と善戦止まりに終わる。夏は函館へ転戦するが、薬物騒動で函館SS(G3)を除外される憂き目に遭うも、札幌のキーンランドC(G3)で重賞2勝目。そして、スプリンターズSへ向かうが、ここでも0.1秒差の3着と涙を飲む。年末は香港へ遠征し、香港スプリント(G1)に出走するが、厚い壁に阻まれ8着と凡走する。

 タワーオブロンドンとは2回対戦して1勝1敗の五分。今回はG1で敗れたタワーオブロンドンを破って高松宮記念へ臨みたいところ。斤量差が2kgあるのも有利に働く可能性がある。

【オーシャンS(G3)展望】タワーオブロンドンVSダノンスマッシュ! 高松宮記念の最有力馬がいきなり激突!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル