GJ > 競馬ニュース > 高松宮記念「乗替りがカギ」
NEW

JRA【高松宮記念(G1)展望】グランアレグリア、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュの三つ巴「乗替りがカギ」……ディープインパクト産駒初のスプリントG1制覇なるかも注目

 29日、春のG1シーズン到来を告げる高松宮記念(G1)が中京で行われる。昨年は3番人気ミスターメロディが、福永祐一騎手に導かれてG1初勝利を飾った。今年はドバイに遠征するため、同馬の連覇はなくなった。

 その一方で、遠征を取りやめた今年のフェブラリーS(G1)を勝ったモズアスコット、昨年の阪神C(G2)圧勝のグランアレグリア、ヴィクトリアM(G1)勝ち馬ノームコアの参戦など多彩なメンバーが揃った。

 注目となるのは、昨年の桜花賞馬のグランアレグリア(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎)と、昨年のスプリンターズSの覇者タワーオブロンドン(牡5、美浦・藤沢和雄)のG1ホース2頭が出走する藤沢和雄厩舎だろう。

JRA【高松宮記念(G1)展望】グランアレグリア、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュの三つ巴「乗替りがカギ」……ディープインパクト産駒初のスプリントG1制覇なるかも注目の画像1

 グランアレグリアは昨年の桜花賞を圧勝した昨年の最優秀3歳牝馬だ。NHKマイルC(G1)は5着(4位入線からの降着)に敗れたが、12月の阪神C(G2)では、古馬の強豪相手に5馬身差をつける大楽勝。一躍、最有力候補へと浮上した。

 18日の1週前追い切りでは、C.ルメール騎手から乗り替りとなった池添謙一騎手を背にウッドチップコースで、単走で追い切りを消化した。

「前走阪神Cのレース振りなら1200mでもスピード負けしないと思います。競馬を経験するにつれて、精神的にだいぶ大人になってきました。体高が伸びて体も大きくなっています。東京も走っていますので、左回りも問題ないでしょう。楽しみです」と、陣営は初の中京コースも心配はしていない。

JRA【高松宮記念(G1)展望】グランアレグリア、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュの三つ巴「乗替りがカギ」……ディープインパクト産駒初のスプリントG1制覇なるかも注目の画像2 L.ヒューイットソン騎手が騎乗するタワーオブロンドンも同じく18日に、ウッドを単走で追い切った。

「前走オーシャンS(G3)は、休み明けの影響なのか、後ろのポジションになりました。
他馬とは斤量の差がありましたし、それを考えれば上々の内容だったと思います。1度使っての上積みはありますし、左回りも大丈夫なので、楽しみです」と、こちらも休み明けを叩かれて良化必至だ。

JRA【高松宮記念(G1)展望】グランアレグリア、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュの三つ巴「乗替りがカギ」……ディープインパクト産駒初のスプリントG1制覇なるかも注目の画像3 2頭の対決に待ったをかけるのはオーシャンSでタワーオブロンドンを破ったダノンスマッシュ(牡5、栗東・安田隆行厩舎)だろう。昨年の高松宮記念は1番人気に支持されるも、4着に惜敗。

 雪辱を期した秋のスプリンターズSでもタワーオブロンドンの前に3着に敗れた。今年こそ、あと一歩のところで逃がしているG1タイトルを勝ち取りたい。今回は主戦の川田将雅騎手がドバイ遠征のため、乗り替りとなる三浦皇成騎手にはJRA・G1初勝利の期待もかかる。

JRA【高松宮記念(G1)展望】グランアレグリア、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュの三つ巴「乗替りがカギ」……ディープインパクト産駒初のスプリントG1制覇なるかも注目のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃