GJ > 競馬ニュース > 社台 VS デアリングタクト
NEW

JRA社台グループにダブルショック!? 「1200万円」デアリングタクト桜花賞優勝で失ったものと、繰り返されたジャングルポケットの二の舞

JRA社台グループにダブルショック!? 「1200万円」デアリングタクト桜花賞優勝で失ったものと、繰り返されたジャングルポケットの二の舞の画像1

 桜花賞はデアリングタクトが驚異の末脚で勝利したが、社台グループの生産馬ではない馬が勝ったのは3年ぶり。それ自体は大きなニュースではないが、デアリングタクトの母デアリングバードはもともと社台ファームの生産馬。2014年の繁殖牝馬セールで売却されていた。そこで買い取った長谷川牧場がエピファネイアを種付けし、産まれたのがデアリングタクトである。

 社台ファームが388万円で手放した繁殖牝馬が産んだ無敗の桜花賞馬。しかも新種牡馬エピファネイアの産駒。結果的に、社台ファームが失ったものは余りにも大きいといえよう。

 しかし過去をさかのぼると、同様のケースはいくつか見られる。特に衝撃的だったのは、2001年の日本ダービー馬ジャングルポケットだろう。

 ジャングルポケットの母ダンスチャーマーは、ノーザンファームが所有していた繁殖牝馬であったが、デアリングタクトの母と同じように繁殖牝馬セールで売却されていた。しかし売却後に産駒のジャングルポケットが日本ダービーを制し、秋には3歳馬ながらジャパンカップも完勝。その年のJRA年度代表馬にも選出されているのだ。

 ジャングルポケット自体はノーザンファームの生産馬として日本ダービーを勝利したが、その時点ですでにダンスチャーマーは売却済み。結果として、ノーザンファームはダービー馬ジャングルポケットの弟や妹を生産できず、大魚を逃したことになる。

 ただし、幸か不幸か売却後のダンスチャーマー産駒は活躍できなかった。これはジャングルポケットの父トニービンが、ジャングルポケットが日本ダービーを勝利する1年前に死去してしまったのも一因と言えるかもしれない。

 馬のプロフェッショナル集団である、社台グループが手放した繁殖牝馬がG1レースを勝つという珍しいケースだった。そしてこれらの件は、繁殖牝馬の見切り時の難しさを示した一例ともいえよう。

 またデアリングタクトは2018年の1歳馬セレクトセールで落札された馬。このセレクトセールで落札された同世代の牝馬は86頭。その中で最高額はワイルドラズベリーの2017で、なんと1億3500万円。デアリングタクトは上から76番目の1200万円という安さだった。

 当時参加していた競馬関係者からすれば、逃した魚は大きかったといって間違いあるまい。このセレクトセールで、デアリングタクトより高額で落札された75頭の成績は以下の通り。

 ・桜花賞出走=1頭
 ・重賞勝ち=2頭
 ・オープン=4頭
 ・1勝=23頭
 ・未勝利=37頭
 ・未出走=8頭
 ・登録抹消=1頭

JRA社台グループにダブルショック!? 「1200万円」デアリングタクト桜花賞優勝で失ったものと、繰り返されたジャングルポケットの二の舞のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは