GJ > 競馬ニュース > 札幌2歳S「特大アナ馬」発見!
NEW

JRA武豊×ピンクカメハメハは消し! 札幌2歳S(G3)「マル秘・現場情報」で上積み必至の「特大アナ馬」発見! 平均「十万馬券」レースで完全攻略を狙う!

JRA武豊×ピンクカメハメハは消し! 札幌2歳S(G3)「マル秘・現場情報」で上積み必至の「特大アナ馬」発見! 平均「十万馬券」レースで完全攻略を狙う!の画像1

 5日、札幌競馬場で札幌2歳S(G3)が開催される。過去10年、5番人気が最多の3勝を挙げており、3連単の平均配当は12万7454円と荒れる結果になっている。ほとんどが1勝馬のため、力関係を計るのが難解ということだろう。「強力現場ネタ」から札幌2歳Sをハナビ杉崎が攻略する。

 まず「◎」はバスラットレオン(牡2歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 今回と同じ札幌・芝1800mのデビュー戦は1000m通過が65秒1の超スローペース。逃げたことで展開が向いたと軽視されるかもしれないが、上がり3ハロンは33秒6の末脚を披露した。洋芝でこれだけの脚を使えるのは、能力の高さを物語っている。

 また、同レースで2着に下したモリノカンナチャンは次走で、コスモス賞(OP)2着のカランドゥーラを破って勝ち上がり。これも間接的にバスラットレオンの評価を上げている。

「放牧先から体が増えて帰厩し、直前の追い切りで態勢は整いました。馬群に入ったときの反応、今の馬場状態に合うかなど、未知な部分があるのは正直なところです。それでも、鞍上の評価は高い馬なので、楽しみな1戦になりそうですよ」(厩舎関係者)

 鞍上の坂井瑠星騎手は、先週のキーンランドC(G3)を制したばかり。若手ジョッキーの勢いに期待したい。

 次に「〇」はウインルーア(牝2歳、美浦・青木孝文厩舎)だ。

 デビュー戦は芝1200mで惨敗したが、次走の未勝利戦で1800mに距離延長して能力開花。同レースでは、期待の良血馬アークライトを2着に下した。

 また、3着のギャラントウォリアに注目すると、同馬は新馬戦でソダシに0秒4差で敗れている。このタイム差はウインルーアの未勝利戦も同じ。つまり、ソダシと差はないといえそうなのだ。

「前走後は短期放牧に出て、このレースを目標に仕上げてきています。新馬戦の負けは短距離なので度外視していいでしょう。横山武史騎手も操作性の高い馬と評価しています。これは2歳戦だと、かなりの好材料ですよ」(競馬記者)

 昨年の札幌2歳Sはゴールドシップ産駒が1、2着を独占。今年は5頭出しとなるが、この馬が最有力候補と言えるだろう。

JRA武豊×ピンクカメハメハは消し! 札幌2歳S(G3)「マル秘・現場情報」で上積み必至の「特大アナ馬」発見! 平均「十万馬券」レースで完全攻略を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  3. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  4. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  5. セリフォス、ナミュールも不安?2024年マイル戦線は異常事態!マイラーズCは“安田記念を見切った格下馬”の激走に要注意!
  6. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?
  7. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  8. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活
  9. タガノエルピーダ×M.デムーロ「新タッグ」でオークスヘ!「タイトルを獲得したいものと夢見ております」悲願の初G1制覇目指す名オーナーの希望となれるか
  10. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか