GJ > 競馬ニュース > 藤田菜七子「苦難」の63連敗…
NEW

JRA藤田菜七子「苦難」の63連敗…… 今年2度目の長期低迷で自己最多勝利記録数更新は絶望的!? 女性騎手後輩誕生の2021年に巻き返しを誓う

【この記事のキーワード】, ,

JRA藤田菜七子「苦難」の63連敗…… 今年2度目の長期低迷で自己最多勝利記録数更新は絶望的!? 女性騎手後輩誕生の2021年に巻き返しを誓うの画像1

 藤田菜七子騎手が長いスランプから抜け出せない。

 今年の前半にはJRA通算100勝を記録するなど、順調に勝ち星を重ねていた菜七子騎手。デビューイヤーから6→14→27→43と年々勝ち星を右肩上がりに増やし、今年はさらなる記録更新も期待されていた。

 だが、先月8日に福島7R・1勝クラス(ダ1150m)をサノマナで勝利したのを最後に、連戦連敗。1カ月以上も勝ち星に見放され、現在まで63連敗を喫している。

「先週は土日合わせて12鞍に騎乗。13日(日)の中京1R・2歳未勝利(ダ1800m)ではタイセイシェダルで、2番手追走から最後の直線で一時先頭に立つも、勝ち馬カズロレアートに交わされて2着。連敗ストップのチャンスをあと一歩で逃しました。

またこの日はこれ以外に、2番人気1回、3番人気2回に騎乗したものの、いずれも二桁着に終わっています。人気を大きく下回る負け方はオーナーサイドに悪い印象を抱かせるため、後々の馬質の低下にも繋がりかねません。ちょっと尾を引く負け方ですね」(競馬誌ライター)

 菜七子騎手は今回だけではなく、10月から11月にかけても勝てない期間が続いた。その時は土曜日に1番人気の馬で勝利を挙げると、翌日の日曜には1日3勝の“固め打ち”に成功。土日で4勝を挙げたため、これをきっかけに復調するかとも思われたのだが、それ以後、鳴かず飛ばずの状況が続いている。

「菜七子騎手は現時点で35勝、昨年を上回るためには残り2週間で8勝以上挙げる必要があります。今年は土日合わせて5勝を挙げたこともありますが、それに近い勝利数を2週連続で挙げるのは至難の業。今年、自己最多勝利記録数更新は絶望視されています」(競馬記者)

 ただ今年は落馬負傷での戦線離脱もあったため、騎乗回数でも昨年を下回るのもほぼ確実だと見られている。これも昨年の勝利数を超えることができない要因のひとつであるのは間違いない。

 JRAでは順調にいけば、来年の3月から、古川奈穂さんと永島まなみさんの二人の後輩女性騎手が誕生する予定。いずれも菜七子騎手を目標に騎手を志したとも言われている。その憧れの存在である菜七子騎手は、後輩に不甲斐ない姿を見せるわけにいかないのは当然だろう。

 今年はコロナ禍に加えて、なかなか思うように勝ち星を挙げることができず、なにかとフラストレーションの溜まる1年を過ごすことになった菜七子騎手。まだ今年は終わっていないが、まず残り2週で連敗をストップし、来年からは女性騎手の後輩たちに「先輩女性騎手」として威厳を示す活躍を期待したいものだ。

JRA藤田菜七子「苦難」の63連敗…… 今年2度目の長期低迷で自己最多勝利記録数更新は絶望的!? 女性騎手後輩誕生の2021年に巻き返しを誓うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も