GJ > 競馬ニュース > 逸走ランドオブリバティに「500万円」!?
NEW

ホープフルS(G1)逸走ランドオブリバティに「500万円」の大勝負!? 阪神JF(G1)「2800万円」とは対照的な残酷な結末

ホープフルS(G1)逸走ランドオブリバティに「500万円」の大勝負!? 阪神JF(G1)「2800万円」とは対照的な残酷な結末の画像1

 26日に行われた2歳王者決定戦・ホープフルS(G1)は1番人気ダノンザキッドが優勝した。サートゥルナーリア、コントレイルと2年連続でクラシックホースを輩出しているレースだけに、ダノンザキッドがクラシック候補筆頭に躍り出たと言えるだろう。

 その一方、2番人気のランドオブリバティ(牡2歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)は競走中止という衝撃の幕切れとなった。

 ハナを切ったランドオブリバティは、4コーナーまで抜群の手応えで先頭を走る。だが、最後の直線に向く際、外に大きく逸走。外ラチにぶつかり、三浦皇成騎手は落馬して競走中止となった。

 これには鹿戸調教師も「話にならない」と厳しいコメント。期待されていた分だけ、ショックは大きかったに違いない。

 上位人気馬がまさかのアクシデントに見舞われたことで、ため息をついたファンも多かっただろう。ただ、その中でオーナー、生産者、陣営、三浦騎手と同じぐらいショックを受けた人物がいるかもしれない。

 前日発売のオッズに違和感を覚えたファンも多いのではないだろうか。一時、ランドオブリバティが1.4倍の1番人気で、ダノンザキッドは4.9倍の2番人気だった。

最終的にはダノンザキッドが2.1倍の1番人気、ランドオブリバティが3.5倍の2番人気に落ち着いたが、前日発売の時点ではランドオブリバティが1番人気だったのだ。

 これには前日発売で「約500万円」の大口購入があったことが影響している。これによりランドオブリバティのオッズは2.9倍から1.4倍に急上昇し、レース当日の朝9時過ぎまで1番人気をキープしていた。

 大口購入といえば、今年の阪神JF(G1)が記憶に新しいところである。

レース当日の昼頃、ソダシの単勝、複勝にそれぞれ約1400万円の投票があった。これにより、単勝オッズが2.9倍から2.5倍へ、複勝の下限オッズが1.3倍から1.1倍へと変動した。

 レース結果はソダシが優勝。もし、この投票が1人の人物によるものだとすれば、単勝3.2倍、複勝1.5倍をそれぞれ的中したこととなり、合計で約6580万円の払い戻しを受け取った計算になる。実に羨ましい話だ。

 それとは対照的に、ランドオブリバティの単勝に賭けた人物は悲劇そのもの。逸走していく本命馬をどのような気持ちで見ていたのだろうか……。

 改めて、競馬は身の丈に合った金額で楽しむのがいいと感じされた出来事だ。

ホープフルS(G1)逸走ランドオブリバティに「500万円」の大勝負!? 阪神JF(G1)「2800万円」とは対照的な残酷な結末のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅、C.ルメールも認めた「9戦連続」1番人気の大物がカムバック。新進気鋭の指揮官に託された超新星の復活はホンモノか、フロックか
  2. 「3000万円級」の大波乱演出に本人もビックリ!確勝期した敗戦に戸崎圭太はガックリ…「ルメールロス」嘆くファンも
  3. 「2連勝中」武豊の秘密兵器候補VS「逆襲」のギャンブルルーム! 秋の大舞台を見据え、好調3歳牡馬の素質馬が激突!
  4. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  5. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  6. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  7. 武豊、55歳でも「鉄人ぶり」証明した函館開催…ドウデュース敗戦もヤマニンウルスとG1視野、「レジェンド超え」の伏兵陣も要注意
  8. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 「武豊を追いかける」証拠映像がジョッキーカメラに!? 「マークする相手を間違えました…」前日重賞初Vの若武者が敗戦の弁