GJ > 競馬ニュース > 【大阪杯(G1)展望】  > 2ページ目
NEW

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!

【この記事のキーワード】, ,

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!の画像4

 サリオス以上に距離不安を抱えるのはグランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だろう。2~3歳時はマイル路線を歩み、4歳となった昨年は1200~1600mの短距離路線で無類の強さを発揮した。

 昨年は高松宮記念(G1)こそ、差し届かずの2着に敗れたが、安田記念(G1)、スプリンターズS(G1)、そしてマイルCS(G1)を3連勝。今回は一気に距離を2ハロン延ばして、スプリント、マイルに続く、中距離での“3階級制覇”を目論む。

「藤沢調教師は昨年のスプリンターズS後に『使うところを間違えた』と冗談交じりに話したそうですが、本当は天皇賞・秋(G1)を使いたかったのだと思います。大人の事情でスプリント戦を使われましたが、陣営が2000mまでは守備範囲内とみているのは間違いありません。そのスピードが生きる展開になれば、コントレイルとサリオスをまとめて差し切る可能性は十分あると思います」(前出の競馬誌ライター)

 前走後はノーザンファーム天栄に放牧に出され、今月上旬に帰厩。1週前追い切りでは、スタート後に僚馬2頭に追い抜かせる異例の形をとった。肝心の動き自体は、良かったころに比べると物足りなさも。最終追い切りでどこまで良化するかに注目したい。

 G1馬3頭に続く4番人気が濃厚とみられるのがレイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)だ。

 実績的には、“3強”に劣るが、5戦5勝で未知の魅力にあふれている。デビューから手綱を取る川田将雅騎手の評価も高く、重賞初挑戦となった前走のチャレンジC(G3)では、早め先頭からブラヴァス以下を子供扱いした。

 メンバーは一気に強化され、斤量も初めて背負う55kgと克服すべき課題は少なくない。しかし、その先行力は大きな魅力。もし“3強”が中団でけん制している展開になれば、粘り込みがあってもおかしくない。

 今年の大阪杯は3強プラス、レイパパレという構図だが、伏兵陣も虎視眈々と一発を狙っている。

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!の画像5

 6戦4勝のアドマイヤビルゴ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)は、騎乗を予定していた武豊騎手が負傷したため、若手の岩田望来騎手に託された。2戦2勝の同コースで大駆けを狙う。

 他には、金鯱賞を最低人気でまんまと逃げ切ったギベオン(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)、18年に2着の実績があるペルシアンナイト(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)、2走前にレイパパレの2着があるブラヴァス(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)など15頭が登録している。

 今後の中距離路線を占ううえでも注目度が高い今年の大阪杯。発走は4月4日15時40分を予定している。

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?