GJ > 競馬ニュース > 【大阪杯(G1)展望】  > 2ページ目
NEW

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!

【この記事のキーワード】, ,

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!の画像4

 サリオス以上に距離不安を抱えるのはグランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だろう。2~3歳時はマイル路線を歩み、4歳となった昨年は1200~1600mの短距離路線で無類の強さを発揮した。

 昨年は高松宮記念(G1)こそ、差し届かずの2着に敗れたが、安田記念(G1)、スプリンターズS(G1)、そしてマイルCS(G1)を3連勝。今回は一気に距離を2ハロン延ばして、スプリント、マイルに続く、中距離での“3階級制覇”を目論む。

「藤沢調教師は昨年のスプリンターズS後に『使うところを間違えた』と冗談交じりに話したそうですが、本当は天皇賞・秋(G1)を使いたかったのだと思います。大人の事情でスプリント戦を使われましたが、陣営が2000mまでは守備範囲内とみているのは間違いありません。そのスピードが生きる展開になれば、コントレイルとサリオスをまとめて差し切る可能性は十分あると思います」(前出の競馬誌ライター)

 前走後はノーザンファーム天栄に放牧に出され、今月上旬に帰厩。1週前追い切りでは、スタート後に僚馬2頭に追い抜かせる異例の形をとった。肝心の動き自体は、良かったころに比べると物足りなさも。最終追い切りでどこまで良化するかに注目したい。

 G1馬3頭に続く4番人気が濃厚とみられるのがレイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)だ。

 実績的には、“3強”に劣るが、5戦5勝で未知の魅力にあふれている。デビューから手綱を取る川田将雅騎手の評価も高く、重賞初挑戦となった前走のチャレンジC(G3)では、早め先頭からブラヴァス以下を子供扱いした。

 メンバーは一気に強化され、斤量も初めて背負う55kgと克服すべき課題は少なくない。しかし、その先行力は大きな魅力。もし“3強”が中団でけん制している展開になれば、粘り込みがあってもおかしくない。

 今年の大阪杯は3強プラス、レイパパレという構図だが、伏兵陣も虎視眈々と一発を狙っている。

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!の画像5

 6戦4勝のアドマイヤビルゴ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)は、騎乗を予定していた武豊騎手が負傷したため、若手の岩田望来騎手に託された。2戦2勝の同コースで大駆けを狙う。

 他には、金鯱賞を最低人気でまんまと逃げ切ったギベオン(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)、18年に2着の実績があるペルシアンナイト(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)、2走前にレイパパレの2着があるブラヴァス(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)など15頭が登録している。

 今後の中距離路線を占ううえでも注目度が高い今年の大阪杯。発走は4月4日15時40分を予定している。

JRA【大阪杯(G1)展望】「最適距離」コントレイルVS「距離不安」サリオス&グランアレグリアに逆転の可能性は? 「無敗の大器」レイパパレも戴冠狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内