GJ > 競馬ニュース > 武豊も認めた!? 古川奈穂の実力とは…
NEW

JRA 武豊も認めた実力!? 古川奈穂が新人ジョッキー単独の「6勝目」。藤田菜七子、永島まなみと繰り広げた「女同士の戦い」に断!

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊も認めた実力!? 古川奈穂が新人ジョッキー単独の「6勝目」。藤田菜七子、永島まなみと繰り広げた「女同士の戦い」に断!の画像1

 17日、新潟競馬場で行われた7Rの若手騎手限定1勝クラスは、古川奈穂騎手が騎乗したクラウンデザイアー(牡4歳、栗東・中竹和也厩舎)が優勝。2着に藤田菜七子騎手のキムケンドリーム、3着に永島まなみ騎手のモノポリーアイズが入線し、JRAで初めて女性騎手が3着までを独占する結果となった。

 先週10日には、同じく新潟競馬7Rで藤田騎手が1着、永島騎手が2着となり、女性騎手のワンツーフィニッシュが話題となったばかり。今後も女性騎手の話題はしばらく尽きそうにない。

 近年で女性騎手が話題を呼んだのは、やはり藤田騎手がデビューした2016年。16年ぶりに誕生したJRA生え抜きの女性騎手として、各メディアでも大きな注目を集めた。

 藤田騎手は初年度に6勝。2年後の2018年にはJRA女性騎手の最多勝利記録を樹立し、その翌年にはJRA所属の女性騎手としては、史上初のJRA重賞制覇を成し遂げている。

 一方で古川奈騎手は、3月13日の初白星から4週連続の勝利を飾り、新人騎手の初勝利からの記録としては2位の福永祐一騎手に並ぶ4週連続Vを達成。今回の勝利で6勝目と、すでに藤田騎手の初年度成績に肩を並べている。

 しかし、これで藤田騎手以上に乗れると考えるのは、もちろん早計だ。

「大活躍を見せる古川奈騎手ですが、やはり矢作厩舎のバックアップは相当に大きいですよ。さらに、もう一人の矢作厩舎所属ジョッキーである坂井瑠星騎手が海外遠征していたことも、4週連続勝利に繋がったといえるでしょう。

コロナの隔離期間も終わり17日から坂井騎手もJRAでの騎乗を再開していますから、今後の乗鞍は減少するのではないでしょうか。とはいえ、若手限定騎手のレースなどもありますから、これからも勝ち鞍は伸ばすと思いますよ」(競馬記者)

 今回挙げた勝利は中竹和也厩舎の所属馬であったが、実際これまでの5勝を振り返ると全て矢作芳人厩舎の管理馬。今年20勝を挙げリーディングトップを走る名トレーナーの後ろ盾は、確かに大きいといえそうだ。

 初勝利を挙げたのも、バスラットレオンの1勝クラス。続くニュージーランドT(G2)では藤岡佑介騎手が騎乗したが、重賞で5馬身差の圧勝を飾った実力からも1勝クラスでモノが違ったことは明白である。

JRA武豊も認めた実力!? 古川奈穂が新人ジョッキー単独の「6勝目」。藤田菜七子、永島まなみと繰り広げた「女同士の戦い」に断!の画像2

 ただ、これも女性騎手であるとともに、矢作厩舎に所属することとなった古川奈騎手の実力。武豊騎手が『武井壮の鉄人列伝』(NHK)に出演した際「いい馬に乗れる状況や環境を作っているのがジョッキーなので『同じ馬に乗ったら負けない』とかは、僕は騎手として言っちゃいけないことだと思います」と話したように、これも自らが作った環境なのだ。

 今年の6勝目を挙げ、1年目の新人ジョッキーとして単独トップに立った古川奈騎手。この成績を維持できるかは、他厩舎からも認められる好騎乗にかかっているのかもしれない。

(文=北野なるはや)

<著者プロフィール>
 某競走馬育成牧場で働いた後、様々なジャンルの仕事で競馬関連会社を転々とする。その後、好きが高じて趣味でプログラミングを学習。馬券には一切のロマンを挟まないデータ派であるが、POG(ペーパーオーナーゲーム)では馬体派という奇妙な一面も持つ。

JRA 武豊も認めた実力!? 古川奈穂が新人ジョッキー単独の「6勝目」。藤田菜七子、永島まなみと繰り広げた「女同士の戦い」に断!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス