GJ > 競馬ニュース > 横山典弘 試験勉強そっちのけで“期待2歳馬”へ騎乗!?
NEW

JRA 横山典弘、試験勉強そっちのけで“期待2歳馬”へ騎乗!? 突如「鞍上交代」背景に関西大物オーナーの支援?

【この記事のキーワード】, ,

JRA 横山典弘、試験勉強そっちのけで期待2歳馬へ騎乗!? 突如「鞍上交代」背景に関西大物オーナーの支援?の画像1

 調教師試験勉強に本腰を入れるのは、まだまだ先になるのだろうか

 先月29日に小倉競馬5Rで行われた2歳新馬戦(芝2000m)を勝利したマテンロウスカイ(牡2歳、栗東・松永幹夫厩舎)が、今月25日に中京競馬場で行われる野路菊S(OP)へ向かうことが分かった。

 デビュー戦は4番人気とそこまで大きな注目を集めていなかった同馬だが、レース内容は圧巻そのものだった。

 2枠2番から五分のスタートを切ると、1000m通過タイムが60秒5と緩みなく流れるなか、中団馬群の中でジッと我慢。勝負所の4コーナーでは、馬場の内目をスムーズに走り直線を迎える。

 進路を確保するやいなやジョッキーが手綱で促す程度のアクションに鋭く反応。ノーステッキでメンバー最速の上がり3F35秒0を繰り出し、後続に5馬身差つける圧勝をおさめた。加えて走破時計の2分0秒9は、今年同コースで行われた新馬戦最速の時計というオマケ付きだ。

 今回鞍上を務めた秋山真一郎騎手は「癖もなかったし、いい馬ですよ」と、口数は少なかったが素質の高さを評価。管理する松永幹師は「うまく乗ってくれました。まだ緩さはありますが、反応が良かったですね。かなり乗り込んでいたし、芝にいって良かったです。この距離で走れたので、楽しみですね」と、賞賛した。

 また、血統的にも期待が持てる。伯父には、シンザン記念(G3)など重賞3勝を挙げたレッドデイヴィス、近親には菊花賞(G1)とメルボルンC(G1)を制したデルタブルースがいるように、距離の融通が利きそう。

JRA 横山典弘、試験勉強そっちのけで期待2歳馬へ騎乗!? 突如「鞍上交代」背景に関西大物オーナーの支援?の画像2 今後の動向が見逃せない期待馬の次走の鞍上だが、横山典弘騎手を予定していることが分かった。横山典騎手といえば、調教師試験へ向けて最近は騎乗数を絞っているという話も聞かれているが、なぜ西の期待馬の鞍上に起用されることになったのだろうか。

「マテンロウスカイの馬主は、アート引越センターの創業者で現在も名誉会長をお務めになっている寺田千代乃氏です。寺田氏と横山典騎手は懇意な間柄です。寺田氏の代表馬であるミスパンテールやリオンリオンの主戦は横山典騎手でしたから、オーナー直々の“ご指名”なのかもしれません」(競馬誌ライター)

 寺田氏の立場から見ると、親密で信頼できる横山典騎手へ自身の期待馬を任せたいといった意図が今回の乗り替わりから読み取れるだろう。

 横山典騎手も近しい間柄である寺田氏の願いとあらば、机に向かうよりも期待馬の背中に跨る方を選択したといったところだろうか。少なくとも横山典騎手にとって、マテンロウスカイは勉強をひと休みして中京まで乗りに行くほどの価値がある馬なのだろう。

 果たして、過去5年でダービー馬含む後の重賞馬4頭を輩出している出世レースで、マテンロウスカイと横山典騎手がどのようなレースを見せてくれるだろうか。

(文=寺沢アリマ)

<著者プロフィール>
大手スポーツ新聞社勤務を経て、編集部所属のライターへ。サラ系・ばん馬のどちらも嗜む二刀流で「競馬界の大谷翔平」を目指すも収支はマイナス。好きな競走馬はホクショウマサル。目指すは馬券的中31連勝だが、自己ベストは6連勝と道は険しい…。

JRA 横山典弘、試験勉強そっちのけで“期待2歳馬”へ騎乗!? 突如「鞍上交代」背景に関西大物オーナーの支援?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内