GJ > 競馬ニュース > 【週末GJ人気記事総まとめ】
NEW

「武豊にガッカリ…」の元JRA藤田伸二氏「あんなんしてええの?」VS岩田康誠「嬉しければガッツポーズは出る」激突!? 川田将雅「強奪」で功労者はお役御免か…【週末GJ人気記事総まとめ】

【この記事のキーワード】, ,

「武豊にガッカリ…」の元JRA藤田伸二氏「あんなんしてええの?」VS岩田康誠「嬉しければガッツポーズは出る」激突!? 川田将雅「強奪」で功労者はお役御免か…【週末GJ人気記事総まとめ】の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

「武豊にガッカリ…」の元JRA藤田伸二氏「あんなんしてええの?」VS岩田康誠「嬉しければガッツポーズは出る」激突!? 川田将雅「強奪」で功労者はお役御免か…【週末GJ人気記事総まとめ】の画像2■岩田康誠、元JRA藤田伸二氏らバッシングに応戦!? 「叩く人もいるが、騎手は勝ってナンボ」前代未聞の騎乗停止から持論を展開

ライター「A」:先週、浦和競馬場で行われた交流重賞オーバルスプリント(G3)を岩田康誠騎手が勝ちました。その際の勝利騎手インタビューがファンの間で話題を呼んだようです。

デスク「Y」:テイエムサウスダンだよね? 前走のかきつばた記念(G3)は岩田康騎手が騎乗停止で乗れなかったから、嬉しさもひとしおだろうね。

ライター「A」:勝利騎手インタビューでもその辺りが触れられていて、岩田康騎手も「前回は僕が事件を起こしてしまい乗れなかった」と話していました。

デスク「Y」:藤懸貴志騎手への幅寄せだね……結構キツイことも言ったみたいで、異例の騎乗停止処分は今年の競馬でも指折りのトピックスじゃないかな。

ライター「A」:そこもですが、さらに物議を呼んだのは復帰初日の鞍馬S(OP)をクリノガウディーで勝った際にガッツポーズをして「ガッツポーズはダメだろ」「反省の色なし」としてファンからも大きな批判があったこと。中でも元JRA騎手の藤田伸二さんは「あんなんしてホンマにええの?」の疑問を投げかけていました。

デスク「Y」:藤田さんは藤懸騎手にも目をかけてたから、岩田康騎手の復帰いきなりガッツポーズは火に油を注ぐようなもんだろうなあ。

ライター「A」:ただ、岩田康騎手はそういった批判に対して「レースでは熱くなっている。皆さんも嬉しければガッツポーズは出ると思うんでね、その辺のことも考慮しておいてほしい」と独自の意見を話しています。

デスク「Y」:うーん、言い分はわかるんだけど、今回はガッツポーズすること自体が批判されてるんじゃなくて、藤懸騎手の件があって復帰してすぐに喜びの感情を爆発させたことに、ファンや藤田さんは不信感を持ってるんだと思うけどね。岩田康騎手も当然、騎乗停止中は反省していたんだろうけど、ファンはその姿を見てないから……。

ライター「A」:確かに、藤懸騎手の件からファンが次に岩田康騎手を目にするのは、復帰したその日ですからね。「どんなものか」と思ったところに、以前と変わらないガッツポーズだと、そりゃ藤田さんも「あんなんしてホンマにええの?」と言いたくもなるかもしれません。

デスク「Y」:そうそう。でも、スプリンターズS(G1)のクリノガウディーには、チャンスもあるし頑張ってほしいけどね。昔から「人の噂も七十五日」っていうじゃない? 騎乗停止が4月の終わり頃だったから、もう半年くらいは経ってるよ。

ライター「A」:まあ、確かにそうですが、今はネットが発達して情報がずっと残りますからね。忘れていないファンも多いと思います。

デスク「Y」:最近は特に一度やらかしちゃった人に対する風当たりが、いつまでも強い印象があるね。75日で足りないなら、どれくらいで鎮火するのかな?

ライター「A」:どうでしょう。750日くらいじゃないですか?

デスク「Y」:「人の噂も七百五十日」って2年以上かよ! 長過ぎだろ……。


■元JRA藤田伸二氏「ユタカさんにはがっかり」、メイケイエール池添謙一にアドバイスしたスプリンターズS(G1)の大胆作戦の内容とは

ライター「A」:その藤田さんですが、自身のYouTubeでスプリンターズSに出走するメイケイエールについて語っています。前走のキーンランドC(G3)で「ユタカさん(武豊騎手)がハナ行ってしまったのはがっかり」と武豊騎手が逃げる競馬をしたことを残念がっている様子でした。

デスク「Y」:これはメイケイエールとしては「違うんです!」と言いたいね。

ライター「A」:というと?

デスク「Y」:抑えようとしても抑えられないんだよ。普通の馬は馬群に入れて、前に馬を置いたら抜かすことを諦めて落ち着くんだけど、メイケイエールは先頭に立つまで際限なく突っ込んでいくみたいだから、ある意味止めようがないらしいよ。

ライター「A」:確か、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)で武豊騎手が「前の馬の脚に軽く接触した」とおっしゃられていましたね。

デスク「Y」:そうそう。新馬で乗った福永祐一騎手も、桜花賞(G1)の横山典弘騎手も止めようとしたんだけど、止まらないんだよ……。

ライター「A」:じゃあ、スプリンターズSで騎乗する池添謙一騎手も苦労しそうですね。

デスク「Y」:池添騎手の剛腕に期待したいね。これまでもオルフェーヴルとか、スイープトウショウとか、数々の“じゃじゃ馬”と格闘してきた騎手だから、その経験を活かしてメイケイエールを再生してほしい。持ってるポテンシャルはG1級のはずだから。

ライター「A」:3歳春までに重賞3勝はなかなかできる芸当じゃないですからね。藤田さんは「デュランダルみたいに追い込め」って言ってましたけど、スプリンターズSで本領発揮できるか要注目ですね。

「武豊にガッカリ…」の元JRA藤田伸二氏「あんなんしてええの?」VS岩田康誠「嬉しければガッツポーズは出る」激突!? 川田将雅「強奪」で功労者はお役御免か…【週末GJ人気記事総まとめ】の画像3■JRA川田将雅「美味しいとこ」取りで功労者はお役御免!? 関西の中堅を待っていたのは「残酷」な現実、奪われた相手に菊花賞苦戦の予感

ライター「A」:先週の神戸新聞杯(G2)で2着して優先出走権をゲットした藤岡康太騎手とレッドジェネシスですが、本番の菊花賞(G1)では川田将雅騎手が乗ることに決まったようです。

デスク「Y」:切ないなあ……。せっかく頑張って結果を出したのに、やはり美味しいところを持っていくのはトップジョッキーなのか。藤岡康騎手も、もう若手じゃないんだし「そんなことでいいの?」と言いたいね。

ライター「A」:まあ、もともと川田騎手が主戦の馬でしたし、レース当日はレイパパレに乗るために中山(オールカマー)に行っていましたからね。藤岡康騎手が神戸新聞杯だけの代打騎乗だった可能性もありますし……。

デスク「Y」:百歩譲ってレイパパレはG1馬だから仕方ないにしても、春の日本ダービー(G1)ではヨーホーレイクを選んだわけだから、ここは潔く主戦を降板して欲しかったなあ。

ライター「A」:そのヨーホーレイクは武豊騎手と菊花賞に向かうつもりでしたが、予定されていた神戸新聞杯を回避して、菊花賞の出走も不透明になっています。結局、武豊騎手はディープモンスターで落ち着いたみたいですが、川田騎手はダノンザキッドが富士S(G2)に向かったこともあって、騎乗馬が決まっていませんでした。

デスク「Y」:うーん、せめて藤岡康騎手が菊花賞で乗れるといいね。よし、川田騎手に対抗して藤岡康騎手もホームページ作りから始めよう!

ライター「A」:そこからですか……できる頃には菊花賞終わっちゃいますよ。


 さて、今週も毎度バカバカしいお話にお付き合いいただきありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。
(構成=編集部)

「武豊にガッカリ…」の元JRA藤田伸二氏「あんなんしてええの?」VS岩田康誠「嬉しければガッツポーズは出る」激突!? 川田将雅「強奪」で功労者はお役御免か…【週末GJ人気記事総まとめ】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安