GJ > 競馬ニュース > 岡部幸雄がトップの「重賞35勝」、武豊は6位の5勝、名門・藤沢和雄厩舎を支えた名手たち! 最強はC.ルメールではなく「脱税疑惑」の世界的名手
NEW

JRA名門・藤沢和雄厩舎を支えた名手たち! 岡部幸雄がトップの「重賞35勝」、武豊は6位の5勝、 最強はC.ルメールではなく「脱税疑惑」の世界的名手

【この記事のキーワード】, ,

JRA岡部幸雄がトップの「重賞35勝」、武豊は6位の5勝、名門・藤沢和雄厩舎を支えた名手たち! 最強はC.ルメールではなく「脱税疑惑」の世界的名手の画像1

 先月の28日をもって引退した関東の名伯楽・藤沢和雄調教師。現役最後の出走となった中山記念(G2)では、レッドサイオン(9着)、コントラチェック(10着)、ゴーフォザサミット(15着)の3頭を送り出した。

「長い間、調教師生活を続けさせてもらい、とても感謝しています。わがままも言わせてもらいましたが、多くの良い馬を預けてもらうことができ幸せでした。コロナ禍にもかかわらず最後まで応援していただき、ありがとうございました。これからも競馬を見ていきたいと思います」(JRA発表)

 助手時代を含めると45年弱の間、中央競馬に多大な貢献をしてきた藤沢和師は、ファンや関係者に感謝の言葉を残した。

 地方の怪物候補が海外重賞制覇を遂げたシンデレラストーリー

 今月1日には早速JRAから藤沢和雄・元調教師と「アドバイザリー契約」を締結したと発表され、その内容は「今後も中央競馬の安全かつ円滑な施行をはじめ競馬の健全な発展に資するため、JRAの求めに応じて、藤沢氏からフリーな立場で幅広く意見や助言を受けることを目的」と説明している。

 これからも外から競馬界の発展に携わる藤沢氏だが、調教助手として野平祐二厩舎に所属していた当時、七冠馬シンボリルドルフとその主戦を務めた岡部幸雄騎手との出会いが、厩舎開業後の躍進に繋がったことでも有名だ。

 そこで改めて、現役時代にタッグを組んだ主な騎手の「重賞成績」について振り返ってみたい。※1988年の厩舎開業から2022年2月までが対象。

好成績を残した藤沢×岡部のタッグ

 1位はやはり岡部騎手。シンコウラブリイやバブルガムフェロー、タイキシャトルにシンボリクリスエスなど、厩舎の看板馬の主戦を任されただけあって、積み重ねた35勝は藤沢和厩舎の全126勝の3割近くを占める圧倒的な数字である。

 これに続いて2位以下はC.ルメール騎手が25勝、横山典弘騎手の14勝、O.ペリエ騎手の12勝、北村宏司騎手の10勝となり、武豊騎手は5勝で6位だった。

 次に条件をG1限定に変更してみると、少々面白い結果となった。

G1で最強の座に輝いたのは

JRA岡部幸雄がトップの「重賞35勝」、武豊は6位の5勝、名門・藤沢和雄厩舎を支えた名手たち! 最強はC.ルメールではなく「脱税疑惑」の世界的名手の画像2
C.ルメール騎手

 こちらの1位がルメール騎手になるのは、ある程度予想が出来た。レイデオロで制した2017年の日本ダービー(G1)は、ルメール騎手と藤沢氏にとって共にダービージョッキーとダービートレーナーの称号を手にする嬉しい勝利。その後も両者の蜜月関係は続き、タワーオブロンドンやグランアレグリアとのコンビでも短距離界を席巻した。

 G1限定の場合、重賞全体の1位と2位が入れ替わり、横山典騎手を抜いて3位に浮上するペリエ騎手の成績は、他騎手の追随を許さないほど突出している。

 勝利数こそルメール騎手の10勝(勝率29.4%)、岡部騎手の8勝(勝率13.3%)に次ぐ7勝だが、この世界的名手の勝率は、なんと「43.8%」という突出した数字である。

 厩舎の主戦である岡部騎手や横山典騎手でデビューしたシンボリクリスエスやゼンノロブロイですら、前者の9馬身差レコード勝ちで引退の有馬記念(G1)や、後者の秋古馬三冠はペリエ騎手とのコンビで達成したものだった。

 藤沢和厩舎の馬以外でも、ジャングルポケットが当時の現役最強馬テイエムオペラオーを破る大金星を挙げた2001年のジャパンC(G1)、日本馬が最も凱旋門賞制覇に近づいた2012年(オルフェーヴル=2着)でも、勝ち馬の背中にはこの外国人騎手の姿があった。

 こういった背景を踏まえると、藤沢和厩舎における最強騎手はルメール騎手でも岡部騎手でもなく、ペリエ騎手だったといえるのではないだろうか。他の騎手とは異なり、短期免許という限定された期間での通算成績と考慮すれば「驚異的」と述べる他ない。

 そんな最強外国人騎手も、短期免許で来日して稼いだ賞金にかかる税金の支払いでトラブルを起こした影響もあってか、2009年を最後に短期免許で来日することはなくなってしまった。

 当時の“脱税疑惑”がスッキリ解決されていたなら、もしかしたらペリエ騎手がJRA所属の外国人騎手の一人目となっていたかもしれない。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA名門・藤沢和雄厩舎を支えた名手たち! 岡部幸雄がトップの「重賞35勝」、武豊は6位の5勝、 最強はC.ルメールではなく「脱税疑惑」の世界的名手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?