GJ > 競馬ニュース > 武豊、C.ルメール復権の裏で「ラッキー男」に向かい風!? 「逆ソダシ」狙う安田記念(G1)でアノ騎手が引いたのは貧乏くじ?
NEW

JRA武豊、C.ルメール復権の裏で「ラッキー男」に向かい風!? 「逆ソダシ」狙う安田記念(G1)でアノ騎手が引いたのは貧乏くじ?

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊、C.ルメール復権の裏で「ラッキー男」に向かい風!? 「逆ソダシ」狙う安田記念(G1)でアノ騎手が引いたのは貧乏くじ?の画像1
撮影:Ruriko.I

 史上最多6勝目のダービー勝利を掴んだレジェンドの「ユタカコール」に大観衆が酔いしれた今年の日本ダービー(G1)。6週連続怒涛の春G1も今週末の安田記念(G1)で中休み。上半期を締めくくる宝塚記念(G1)の開催まで、2週間の猶予がある。

 22日のオークス(G1)で国内重賞の連敗記録に終止符を打ったC.ルメール騎手は、シュネルマイスターに騎乗予定。先週のダービーを制した武豊騎手は、ヴィクトリアマイル(G1)で2着に入ったファインルージュとのコンビを噂されている。

 イクイノックスとドウデュースの鞍上として、死闘を繰り広げた両者の再対決も興味深い今年の安田記念になりそうだ。

JRA武豊、C.ルメール復権の裏で「ラッキー男」に向かい風!? 「逆ソダシ」狙う安田記念(G1)でアノ騎手が引いたのは貧乏くじ?の画像2
福永祐一騎手

 その一方、ジオグリフで二冠獲りに失敗した福永祐一騎手の存在感が薄れつつある。

 今年のG1で開幕戦のフェブラリーS(G1)をカフェファラオで制しただけでなく、皐月賞(G1)もジオグリフで優勝して2勝を挙げた。ここまで終了した春の平地G1において、2勝を挙げているのは、福永騎手と川田将雅騎手と吉田隼人騎手の3名。実績的には、これだけでも十分に素晴らしい。

 だが、1番人気セリフォスに騎乗したNHKマイルC(G1)で4着に敗れて以降、4戦連続で見せ場なく敗れているのは少々気掛かりだ。

 また、春G1でこれといったお手馬が不在ながら、他の騎手からの乗り替わりで有力馬に騎乗していたことも福永騎手の特徴といえる。先述したカフェファラオやジオグリフは、元々ルメール騎手のお手馬であり、セリフォスもまた初騎乗のコンビだった。

 勿論、有力馬の陣営から騎乗依頼が回ってきた背景に福永騎手への信頼もあれば、しっかりと結果を残した手腕も見事である。ただ、勝ち負けの期待がある馬に騎乗出来たという意味では非常に「ラッキー」といえる。

「逆ソダシ」狙う安田記念(G1)で引いたのは貧乏くじ?

 しかし、安田記念で騎乗予定のカフェファラオについては、そうとも言い切れない。

 ダートのフェブラリーSを優勝したとはいえ、同馬の芝適性にはまだまだ疑いが残っているからだ。デビューから11戦のキャリアで、芝のレースに使われたのは、9着に敗れた昨年7月の函館記念(G3)のみ。トップハンデ58.5キロの斤量を背負っていたものの、これといった見せ場もなく凡走したことを考えれば、G3どころかG1のメンバーが集まる安田記念での前進は期待しづらい。

 スピード決着のダートを得意とし、左回りのワンターンで無類の強さを誇る馬ではあるが、下馬評でもNHKマイルCで騎乗したセリフォスの方が、人気で上回っているのが現状だ。

JRA武豊、C.ルメール復権の裏で「ラッキー男」に向かい風!? 「逆ソダシ」狙う安田記念(G1)でアノ騎手が引いたのは貧乏くじ?の画像3
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 救いがあるとすれば、フェブラリーSで破ったソダシが、芝のマイル戦に戻ったヴィクトリアマイルで巻き返しに成功したことくらいか。

 とはいえ、冷静に振り返ってみると、こちらについては芝のG1馬である白毛の女王が、ダートより芝に適性のあることを証明したレースでもあった。仮にダートのG1馬カフェファラオが安田記念を勝つようなら、「逆ソダシ」といえそうな快挙となる訳だが……。

 前走で手綱を取ったセリフォスに福永騎手も後ろ髪を引かれただろうが、今回は藤岡佑介騎手の再登板が予定されている。

 勿論、出走するからには、陣営も勝算があってのもの。ここで勝利を手にして、福永騎手も再び上昇気流に乗ることが出来るか。それともただの「貧乏くじ」に終わってしまうのか。

 名手の奮起に期待したいところだ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA武豊、C.ルメール復権の裏で「ラッキー男」に向かい風!? 「逆ソダシ」狙う安田記念(G1)でアノ騎手が引いたのは貧乏くじ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬