GJ > 競馬ニュース > 発走直前・天皇賞・春(G1)
NEW

【発走直前・天皇賞・春(G1)】競馬の「醍醐味」がここに! ゴールドアクターは「現役最強」の称号に近づけるか!?

【この記事のキーワード】, ,

 いよいよ古馬頂上決戦・天皇賞・春(G1)のスタートが近づいてきた。

 1番人気は昨年の有馬記念や今年の日経賞など5連勝中のゴールドアクターだが、現状3.7倍と一極集中とはなっておらず、武豊騎手騎乗のキタサンブラックが現状4.5倍で続いている。その後にシュヴァルグラン、フェイムゲーム、サウンズオブアースとここまが1ケタ台の人気となっており、ファンの迷いがうかがえる形となっている。

 とにもかくにも「荒れる」というイメージ、そして実績の多い天皇賞・春だけに、どのような組み合わせで買おうか迷うのも無理はない。関係者側からしても、特にゴールドアクター陣営としては大きなプレッシャーを感じているところだろう。

 現代の日本競馬は完全なる「スピード重視」となっている中で、同レースは過去の日本競馬の名残りを色濃く残している。スタミナや折り合いなど競走馬としての総合力、騎手の手腕が問われる淀の3200mは、本来「チャンピオンホース決定戦」としての位置づけだった。シンボリルドルフやメジロマックイーン、スペシャルウィークにテイエムオペラオー、そしてディープインパクト……歴史に名を刻む名馬の名がずらりと並ぶ。

 スピード主体の競馬潮流の中、種牡馬という観点からすれば同レース勝利の価値は他のビッグレースと比較して低い部分もあるかもしれない。しかし、往年のファンの中には歴史あるこの長距離戦には「競馬の醍醐味」が詰まっていると考えている人も少なくないだろう。

 今年はここ数年ではもっとも個性的かつ未知数なメンバーが揃った。とりわけゴールドアクターは、このレースに勝てば「現役最強」の称号にさらに近づくこととなる。歴史に残る名勝負を期待したい。スタートが本当に待ち遠しいレース直前である。

【発走直前・天皇賞・春(G1)】競馬の「醍醐味」がここに! ゴールドアクターは「現役最強」の称号に近づけるか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”