GJ > 競馬ニュース > 武豊&幸四郎コンビに大物誕生!? 桜花賞に因縁の血統馬が「豪脚炸裂」で5馬身圧勝!
NEW

武豊&幸四郎コンビに大物誕生!? 桜花賞に因縁の血統馬が「豪脚炸裂」で5馬身圧勝!

【この記事のキーワード】, ,
武豊&幸四郎コンビに大物誕生!? 桜花賞に因縁の血統馬が「豪脚炸裂」で5馬身圧勝!の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 16日、阪神3Rの2歳未勝利戦(芝1600m)でランフリーバンクス(牝2歳、栗東・武幸四郎厩舎)が勝利した。

 8頭立ての7番枠に入った同馬はやや出遅れたものの、行き脚がついて外目の5番手につける。道中はポジションをキープすると、阪神外回りコースの長い直線で豪脚が炸裂。メンバー唯一の上がり33秒台で後続を瞬く間に5馬身突き放した。2着馬から7着馬は0.5秒(約2馬身半)の間に固まってゴールしており、ランフリーバンクス1頭の末脚が際立つ一戦となった。

武豊&幸四郎コンビに大物誕生!?

 その切れ味を引き出したのはレジェンド武豊騎手。ウォーターナビレラやドーブネなど、印象的な活躍を見せてきた弟・武幸四郎調教師とのコンビに新たな大物誕生の予感だ。

「札幌のデビュー戦は後にサウジアラビアRC(G3)を勝つドルチェモアに3馬身差で敗れましたが、内容には見所がありました。同日は芝施行の7レース中5レースで逃げ馬が勝つほどの前残り馬場。そんな中で上がり最速の2着と、418kgの小柄な馬が洋芝の稍重というタフなコンディションにも負けずよく頑張っています。

今回の未勝利戦も8頭立てと少頭数ながら2着実績のある馬が6頭もいて粒揃いなメンバー構成でしたが、直線の伸び脚は際立っていました。着差的にも1頭大きく抜けて勝っており、先々まで楽しみな馬ですね」(競馬記者)

 今回は前走比+8kgの426kgと、この馬なりに馬体も成長を見せていた。最終追い切りでは同日に秋華賞(G1)へ出走するウォーターナビレラの調教パートナーを務めており、陣営の期待度も高そうだ。

 レース後、武豊騎手は「まだ幼いところはあるけど、能力はありそうですね」とコメント。高い素質を認めながらも、2歳馬だけに伸びしろは大きそうだ。大舞台を目指すには今後の成長も不可欠で、弟・武幸四郎調教師の役割も重要になってくるだろう。

 今年の桜花賞(G1)にウォーターナビレラで参戦し、ハナ差でタイトルを逃してしまった武兄弟だが、実はランフリーバンクスの母と姉も桜花賞に出走している。母のワイルドラズベリーは10着、1歳上の姉ラズベリームースも17着と一族にとっては苦い記憶だ。

 今回ランフリーバンクスが見せたパフォーマンスは勝ち時計も上がりのタイムも優秀で、順調にいけばクラシックを目指していくことになるだろう。無事に桜花賞の舞台にたどり着き、ウォーターナビレラや母姉の敵を討つことができるか、その動向を追いかけていきたい。

武豊&幸四郎コンビに大物誕生!? 桜花賞に因縁の血統馬が「豪脚炸裂」で5馬身圧勝!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス