GJ > 競馬ニュース > 天皇賞・秋(G1)3歳vs古馬は今年も3歳に軍配!? 世代レベル強調の武器は○○
NEW

天皇賞・秋(G1)3歳vs古馬は今年も3歳に軍配!? 世代レベル強調の武器は○○

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞・秋(G1)3歳vs古馬は今年も3歳に軍配!? 世代レベル強調の武器は○○の画像1
セリフォス 撮影:Ruriko.I

 22日に東京競馬場で行われた富士S(G2)は、1番人気セリフォス(牡3、栗東・中内田充正厩舎)が人気に応えて快勝。重賞3勝目を飾り、11月のマイルCS(G1)へ大きな弾みをつけている。

 春はNHKマイルC(G1)と安田記念(G1)でいずれも4着に敗れたセリフォスだが、レース後には鞍上の藤岡佑介騎手や管理する中内田師がどちらも「成長面」を評価したように、ひと夏を越して大きな進境が見られたようだ。

 スマートリアンがアクシデントで競走除外となり発走が4分遅れたものの、その影響も感じさせないほどの好スタートを切ったセリフォスは、道中で中団よりやや後ろを追走。

 鞍上も「負けないだろうな」と語ったほどの絶好の手応えで最後の直線に入ると、先に抜け出したダノンスコーピオンやソウルラッシュを外から捻じ伏せる様に差し切った。

 古馬混合重賞における3歳馬の勝利は、函館スプリントS(G3)のナムラクレア、CBC賞(G3)のテイエムスパーダに続き3勝目。G1でもセリフォスが安田記念で4着、ウインマーベルがスプリンターズS(G1)で2着と好走しているように、今年の3歳世代は古馬相手に早くも結果を残している。

 今回の富士Sも古馬に3歳馬が挑む構図だったが、勝ち馬セリフォスだけでなく、ダノンスコーピオンが3着、ピースオブエイトが4着と出走した3頭すべてが上位に食い込み、世代レベルの高さを改めて証明した格好だ。

 毎年、秋競馬の大きな注目点となっている世代交代だが、3歳世代と古馬の激突が本格化する中、現状は3歳馬の活躍が目立っている。この流れは「来週のビッグレース」にも微妙な影響を与えそうだ。

世代レベル強調の武器は…

「今年の天皇賞・秋(G1)は、3歳のトップクラスを歴戦の古馬が迎え撃つレースとして早くから注目されていました。

毎年のように3歳世代と古馬が激突する天皇賞・秋ですが、昨年は富士Sを3歳馬のソングラインが勝利した勢いそのままにエフフォーリアが翌週の天皇賞・秋で古馬を撃破。年末には有馬記念(G1)も勝って年度代表馬に選出されています。

昨年のエフフォーリアを始め、近年は特に3歳馬の活躍が目立っています。この時期の3歳馬は斤量面で古馬より2キロの恩恵があるので、そこは大きな強みといえるでしょう」(競馬記者)

天皇賞・秋(G1)3歳vs古馬は今年も3歳に軍配!? 世代レベル強調の武器は○○の画像2
ジオグリフ

 記者がそう話すように、今年の天皇賞・秋には皐月賞馬ジオグリフ、春2冠でいずれも2着したイクイノックス、日本ダービー(G1)で1番人気に推されたダノンベルーガなど、有力な3歳馬たちが参戦する。

 一方の古馬勢からも札幌記念(G2)でワンツーしたジャックドールやパンサラッサ、昨年のダービー馬シャフリヤールなどが出走予定。過去5年の年度代表馬の内、3頭が当年の天皇賞・秋の勝ち馬であるように、今後の競馬界の勢力図を占う重要な一戦になりそうだ。

 また富士S後には、元JRA騎手の安藤勝己氏もセリフォスの勝因を「斤量の恩恵」と自身のTwitterで話したように、この時期の3歳馬にとって斤量面でのアドバンテージは相当な武器といえる。

 昨年はコントレイルやグランアレグリアですら、3歳馬に苦杯を舐めた天皇賞・秋。今年もハイレベルな3歳馬たちが、古馬の前に立ちはだかるかもしれない。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

天皇賞・秋(G1)3歳vs古馬は今年も3歳に軍配!? 世代レベル強調の武器は○○のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】