GJ > 競馬ニュース > 横山武史「酷評」赤っ恥から1年、厩舎は「重賞0勝」の大苦戦…気合の栗東留学は実るか
NEW

横山武史「酷評」赤っ恥から1年、厩舎は「重賞0勝」の大苦戦…気合の栗東留学は実るか

横山武史「酷評」赤っ恥から1年、厩舎は「重賞0勝」の大苦戦…気合の栗東留学は実るかの画像1
ウインマリリン 撮影:Ruriko.I

「いいですね」

 厩舎にとっては、勝負の2週間になりそうだ。先週、ウインマリリンエリザベス女王杯(G1)の1週前追い切りは見守った手塚貴久調教師にとっても好感触だったようだ。

 併せ馬を行った相手は、エリザベス女王杯の翌週に行われるマイルCS(G1)を控えるシュネルマイスター。手塚厩舎が誇る2枚看板による豪華な併せ馬は併入のまま終わったが、馬なりのフットワークは余力十分だった。これで3年連続のエリザベス女王杯挑戦となるウインマリリンだが、手塚調教師は「今年が一番いい」と大きな手応えを掴んでいるようだ。

 昨年は共同会見で1週前追い切りの状態を聞かれた際、横山武史騎手に「きっぱりと言っちゃうんですけど、状態がかなり悪かった」と酷評された苦い記憶がある。結局、レースも16着に大敗。3番人気の支持を集めていただけに、レース後にはSNSや掲示板などで一部のファンから陣営を批判する書き込みもあった。

 あれから1年、前走の札幌記念(G2)3着でようやくスランプから脱した感のあるウインマリリンだが、実は本馬だけでなく厩舎そのものが停滞に陥っている。

 昨年に年間45勝を挙げ、リーディングでも5位とキャリアハイを記録した手塚厩舎。関東3位となり、初の優秀厩舎賞を受賞するなど名門の仲間入りを果たした。しかし、今年は残り2か月というところで24勝。リーディングも28位(以下すべて7日現在)と苦戦している。

 ただ、勝ち星自体は2年前と3年前が共に33勝だったことを考慮すると、そう深刻でもない。問題は「大舞台」での結果だ。

 手塚厩舎といえば、開業1年目にベルグチケットがフェアリーS(G3)を制して重賞初制覇を挙げるなど、コンスタントに大舞台で結果を残している。2011年に朝日杯フューチュリティS(G1)で初G1制覇(アルフレード)を飾ってからは、11年連続で重賞勝利。2018年にフィエールマンが菊花賞(G1)を勝って以降は、大レースの常連厩舎の1つになった。

 特に、昨年はシュネルマイスターがNHKマイルC(G1)と毎日王冠(G2)、ユーバーレーベンがオークス(G1)、ウインマリリンがG2を2勝するなどキャリアハイの重賞7勝。G1・2勝、G2・4勝、G3・1勝の実績はリーディング5位躍進に大きな華を添えた。

 しかし、実は今年は未だ重賞0勝と苦しんでいる。

横山武史「酷評」赤っ恥から1年、厩舎は「重賞0勝」の大苦戦…気合の栗東留学は実るかの画像2
シュネルマイスター 撮影:Ruriko.I

 これに伴って昨年13億円を超えた獲得賞金は、ここまで5億6000万円と半減。ウインマリリンのエリザベス女王杯、シュネルマイスターのマイルCSと続くこの2週間は、厩舎にとって11年間繋いできた重賞勝利のバトンが託されていると言っても過言ではない。

「看板馬のシュネルマイスターこそ今春の安田記念(G1)2着と気を吐いていますが、昨年のオークス馬ユーバーレーベン、セントライト記念(G2)を勝ったアサマノイタズラといった次世代の期待馬に苦戦が続いています。

そんな中でのウインマリリンの復調は、小さくない朗報でしょうね。先週の百日草特別を勝ったキングズレインも、今後の重賞戦線で期待できる逸材だと思います」(競馬記者)

「面白いメンバーだけど、良馬場なら十分やれそう」

「勝負の2週間」を迎える手塚厩舎は、今週末のエリザベス女王杯に挑むウインマリリンを先週の日曜日に一足早く栗東入りさせる気合の入りようだ。昨年の苦い記憶を払拭し、まずは厩舎に“今年一番星”を届けたい。

横山武史「酷評」赤っ恥から1年、厩舎は「重賞0勝」の大苦戦…気合の栗東留学は実るかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着