GJ > 競馬ニュース > 日経新春杯(G2)D.イーガン「騎乗停止」で強制帰国、ヴェルトライゼンデ満点騎乗も直前に大チョンボ
NEW

JRA日経新春杯(G2)D.イーガン「騎乗停止」で強制帰国、ヴェルトライゼンデ満点騎乗も直前に大チョンボ

JRA日経新春杯(G2)D.イーガン「騎乗停止」で強制帰国、ヴェルトライゼンデ満点騎乗も直前に大チョンボの画像1
D.イーガン騎手 撮影:Ruriko.I

 15日、中京競馬場で行われた日経新春杯(G2)は、好位から抜け出したヴェルトライゼンデ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)が優勝。コントレイル世代の実力馬が、台頭著しい4歳世代を相手に存在感を発揮した。

「このような、日本でもトップクラスでジャパンC(G1)でも3着になるような馬に乗せていただき、関係者、オーナー、調教師の方々に感謝しています」

 レース後のコメントで騎乗依頼をもらった関係者への感謝の気持ちを忘れなかったイーガン騎手の好騎乗も光った。

 JRAが今年度から平地競走の負担重量の引き上げを決定した関係で、昨年なら58キロで留まったかもしれない斤量も59キロのトップハンデ。道中の加速や末脚の切れに対する影響を懸念されてか、ロバートソンキーに1番人気を譲ったものの、終わってみればヴェルトライゼンデの強さが際立つ内容だった。

 レースこそ初騎乗だったとはいえ、追い切りに騎乗していたことでパートナーの癖も手の内に入れていた。逃げたアフリカンゴールドがスローペースに落とす中、道中は内目の5番手で脚を溜め、最後の直線だけ馬場の荒れた内を避けて外に出す理想的な競馬。着差こそクビでも、これは抜け出すとソラを使う弱点を、イーガン騎手が追い切りの段階で把握していたからだろう。

 23歳の若武者は、昨年12月に短期免許で初来日したばかり。慣れない異国の地でこれほど早く順応してみせたことは、日本の関係者に強いインパクトを残したはずだ。

満点騎乗も直前に大チョンボ…

 ただ、記念すべきJRA初重賞勝利の裏で残念なアクシデントも発生していた。日経新春杯の直前に行われた紅梅S(L)も勝利して連勝となったイーガン騎手だが、このレースで騎乗したダルエスサラームが決勝線手前で外側に斜行したため、パルクリチュードの進路が狭くなったとして、騎乗停止処分が下された。

 これにより、1月28日から2月5日まで9日間の騎乗が不可能となり、当初予定していた5日から29日まであった短期免許の交付期間の騎乗が叶わなくなってしまった。日経新春杯の優勝で波に乗りたかったところだが、この大チョンボにより1週間繰り上げで“強制帰国”となってしまったのは誠に残念な限りである。

 とはいえ、幸いにも今週末の騎乗は可能。日本の競馬ファンとしても頼りになる外国人騎手を狙えるチャンスはまだ残っている。今週末の東海S(G2)では、イーガン騎手がウェルカムニュース、プロミストウォリアにB.ムルザバエフ騎手が騎乗を予定。同騎手も昨年のホープフルS(G1)で14番人気のドゥラエレーデと大金星を挙げた腕利きだ。

 どちらも昨年に短期免許デビューした外国人騎手だ。短期間で猛威を振るっている“黒船”たちに負けないよう、日本人騎手の奮闘にも期待したいところだ。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA日経新春杯(G2)D.イーガン「騎乗停止」で強制帰国、ヴェルトライゼンデ満点騎乗も直前に大チョンボのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か