GJ > 競馬ニュース > シルクロードS(G3)は「アノ条件」から狙える? トウシンマカオや「好配当の使者」に熱視線!!
NEW

JRAシルクロードS(G3)は「アノ条件」から狙える? トウシンマカオや「好配当の使者」に熱視線!!

JRAシルクロードS(G3)は「アノ条件」から狙える? トウシンマカオや「好配当の使者」に熱視線!!の画像1

 過去にはロードカナロアやダノンスマッシュなど、後のG1ホースも多数誕生しているシルクロードS(G3)。今年も好メンバーが揃い、多くの競馬ファンから注目を集めている。

 そんな本レースを攻略する上で注目したいのは、9月から12月に開催される3歳以上芝1200mの重賞に出走しているか否かだ。該当するのはセントウルS(G2)、スプリンターズS(G1)、京阪杯(G3)。前年にこの3重賞のうち1つにでも出走している馬が、好結果を残す傾向にある。

京阪杯(G3)組に注目。好走必至の激アツ馬たち

 その中で好相性なのは、過去10年の本レースで3勝・2着2回の成績を残している京阪杯組。3年連続で中京コースが舞台となるが、2021年も条件に当てはまるシヴァージが勝利を収めたように、無視はできないだろう。

JRAシルクロードS(G3)は「アノ条件」から狙える? トウシンマカオや「好配当の使者」に熱視線!!の画像2
トウシンマカオ 撮影:Ruriko.I

 今年も京阪杯組にはココで重賞初制覇を飾ったトウシンマカオ(牡4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)や、10番人気ながら2着と好走したキルロード(セ8歳、美浦・田村康仁厩舎)などの実力馬が名を連ねている。

 前者の1200mにおける成績は2勝・4着1回。オパールS(L)と京阪杯では、最速の上がりでライバルたちを蹴散らすという強い勝ち方を披露した。後者はダートから芝に転向して才能が開花したと考えていいだろう。ココでも能力は上位だ。

「トウシンマカオは美浦Wコースでの追い切りで5ハロン68秒0-12秒3をマーク。陣営が『動きは良かった』と話すように、調整は順調と思っていいでしょう。力を出せる状態で臨めそうです。

トウシンマカオの鞍上は2戦2勝と抜群の相性を誇る鮫島克駿騎手。『恥じない騎乗をしたい』とコメントするなど、ココでの結果に拘っている感じが伝わってきますね。昨年は自己ベストの80勝でリーディング10位となり、今年も3勝・2着3回など勢いがありますし期待が高まります」(競馬ライター)

好配当の使者も発見。「ココは結果が欲しいはず」と……

 その他の京阪杯組では、今村聖奈騎手とコンビを組むテイエムスパーダ(牝4歳、栗東・五十嵐忠男厩舎)も面白そうな1頭。京阪杯は6着に敗れたが、他馬と接触するアクシデントがありながらも0秒8差と上々の走りを見せた。

 最終追い切りでは坂路を単走で52秒4-12秒2をマーク。雪の影響が残った重たい馬場を苦にすることなく力強い走りで好調をアピールしている。これには陣営も納得の表情。重賞2勝目に向けて手応えを感じているようだ。

「五十嵐調教師は2月末で定年を迎えます。残されたレースを1つでも多く勝ちたいと考えることは当然ですが、中でも重賞に対する意識は強いはず。鞍上を任された今村騎手も気合が入っていると思います。人馬ともに重賞初タイトルを掴んだコンビで、ビッグプレゼントを届けたいところでしょう。

オーナーの竹園正繼氏も期待は大きいと思います。氏はG1を7勝したテイエムオペラオーをはじめ多くの活躍馬を送り出してきましたが、近年は馬主リーディングでも上位50位に入れないなど納得の結果を残せていませんでした。

しかし、昨年はCBC賞(G3)を勝ったテイエムスパーダの活躍もあり24位と上昇ムード。その勢いを継続するためにも、チャンスのあるココは結果を求めているのではないでしょうか」(同)

 27日時点で『netkeiba.com』の単勝予想オッズは7番人気。好気配漂うテイエムスパーダが、好配当の使者となるのだろうか。「シルクロードSは牝馬の活躍が目立つ」といったデータもあるだけに、狙ってみるのも面白そうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRAシルクロードS(G3)は「アノ条件」から狙える? トウシンマカオや「好配当の使者」に熱視線!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客