GJ > 競馬ニュース > 【阪神大賞典(G2)展望】ゴールドシップ以来「3連覇」狙うディープボンド出陣! 菊花賞・有馬記念「連続2着」ボルドグフーシュが川田将雅と新コンビ
NEW

【阪神大賞典(G2)展望】ゴールドシップ以来「3連覇」狙うディープボンド出陣! 菊花賞・有馬記念「連続2着」ボルドグフーシュが川田将雅と新コンビ

【阪神大賞典(G2)展望】ゴールドシップ以来「3連覇」狙うディープボンド出陣! 菊花賞・有馬記念「連続2着」ボルドグフーシュが川田将雅と新コンビの画像1
ボルドグフーシュ 撮影:Ruriko.I

 19日、阪神競馬場では春の名物長距離重賞、阪神大賞典(G2)が行われる。今年は特別登録発表前の段階でフルゲート18頭前後のエントリーが想定されている。グレード制が導入された1984年以降、一度もフルゲートに達したことがないレースだが、果たして最終的に何頭がゲートインするかにも注目だ。

 多頭数が濃厚な今年はG1勝ち馬こそいないが、G1・2着の経験がある馬が3頭出走を予定している。そのうちの1頭がボルドグフーシュ(牡4歳、栗東・宮本博厩舎)である。

 主な勝ち鞍は4走前の一宮特別(2勝クラス)だが、神戸新聞杯(G2)3着で権利を獲得して臨んだ菊花賞(G1)でアスクビクターモアとハナ差の2着。さらに有馬記念(G1)でも2着に食い込むなど、その実力はG1級といえるだろう。

 スタートが甘く、出遅れ癖があるものの終いの脚は確実で、キャリア10戦中8戦で上がり最速の末脚を繰り出している。前走の有馬記念でも案の定スタートで後手を踏み、3角では最後方の位置取り。勝負所で鞍上の福永祐一騎手が捲り気味に押し上げ、4角では先んじて抜け出したイクイノックスに並びかける勢いだったが、直線では逆に差を広げられた。

 それでも3着のジェラルディーナには1馬身半差をつけており、改めて充実ぶりが光る一戦となった。

 昨夏以降は鞍上をなかなか固定できず、今回は川田将雅騎手との初コンビ。今年もリーディング争いを引っ張り、複勝率70%超え(11日現在)、重賞もすでに3勝している名手だが、実は長距離レースは苦手とするカテゴリーの一つ。

 3000m以上の重賞レースでは通算41戦1勝という成績が残っていて、唯一勝利した2010年菊花賞(ビッグウィーク)以降は、1番人気が5回ある中で30連敗を喫している。

 阪神大賞典も通算「0-1-2-6」と、馬券には絡むが勝ち切れていない。今年こそG1で2着続きのボルドグフーシュに重賞ウイナーの称号を与えるとともに、自身の“長距離重賞苦手説”を払拭したい。

【阪神大賞典(G2)展望】ゴールドシップ以来「3連覇」狙うディープボンド出陣! 菊花賞・有馬記念「連続2着」ボルドグフーシュが川田将雅と新コンビの画像2
ディープボンド 撮影:Ruriko.I

 ディープボンド(牡6歳、栗東・大久保龍志厩舎)もG1未勝利ながら、G1・2着が3度もあるシルバーコレクターだ。

 過去2年の天皇賞・春(G1)に加えて、21年有馬記念ではエフフォーリアに食い下がっての3/4馬身差惜敗も味わっている。

 ボルドグフーシュとの最大の違いは、すでに国内外の重賞を4勝している点だろう。京都新聞杯(G2)とフォワ賞(G2)に加えて、阪神大賞典を2連覇中。つまり、今年は13~15年ゴールドシップ以来、レース史上2頭目の3連覇を目指すことになる。

 重馬場で行われた2年前はタフな展開の中、ユーキャンスマイルに5馬身差をつけて完勝。そして昨年は単勝1.2倍の1番人気に支持され、着差(3/4馬身)以上の好内容で勝利した。ただし、2年連続で本番・天皇賞・春では1番人気を裏切って2着に敗れている。

 昨年は宝塚記念(G1)でも4着に善戦したが、秋は凱旋門賞(G1)で18着に惨敗すると、帰国初戦の有馬記念でも8着に敗れ、成績は下降線を辿っている。宝塚記念以来、3走ぶりにコンビを組む和田竜二騎手を背に阪神3000mの条件では無様な姿は見せられない。

【阪神大賞典(G2)展望】ゴールドシップ以来「3連覇」狙うディープボンド出陣! 菊花賞・有馬記念「連続2着」ボルドグフーシュが川田将雅と新コンビの画像3
ジャスティンパレス 撮影:Ruriko.I

 21年ホープフルS(G1)で2着の実績を持つのはジャスティンパレス(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。

 昨年の春は皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)で連続9着に敗れたが、秋は神戸新聞杯(G2)で待望の重賞初制覇。続く菊花賞でもアスクビクターモア、ボルドグフーシュと差のない3着に健闘している。

 秋3戦目は果敢に有馬記念に挑んだが、好位追走から直線で力尽きての7着に敗れた。ただし、差し馬が上位を占める先行馬にはタフな流れの中では大健闘だったといえるだろう。

 今回はデビュー2連勝に導いたC.ルメール騎手との再コンビ。前回手綱を取った黄菊賞(1勝クラス)後には「大人になってくればもっと良くなる」とコメントを残していたが、1年4か月ぶりの騎乗で“答え合わせ”も楽しみだ。

【阪神大賞典(G2)展望】ゴールドシップ以来「3連覇」狙うディープボンド出陣! 菊花賞・有馬記念「連続2着」ボルドグフーシュが川田将雅と新コンビの画像4
アイアンバローズ 撮影:Ruriko.I

 長距離戦ならジャスティンパレスの半兄アイアンバローズ(牡6歳、栗東・上村洋行厩舎)にも注意が必要。父ディープインパクトの弟に対して、こちらはオルフェーヴルを父に持ち、より長距離志向が強い。実際に21年ステイヤーズS(G2)、22年阪神大賞典で連続2着しており、タフな流れになれば上位争いに加わってくる可能性は高い。

 昨年秋に六社S(3勝クラス)、アルゼンチン共和国杯(G2)を連勝したブレークアップ(牡5歳、栗東・吉岡辰弥厩舎)も侮れない。その後は有馬記念で3連勝に挑んだが、イクイノックスから3秒8差の最下位16着に沈んだ。今回は転厩初戦となるが、心機一転、初の阪神で巻き返しを狙う。

 この他には、21年ステイヤーズS覇者で、連覇を狙った前走も3着に健闘したディバインフォース(牡7歳、栗東・寺島良厩舎)、2年前の当レースで4着したシロニイ(牡9歳、栗東・池江泰寿厩舎)、そして3年前の当レースで5着の実績があるメロディーレーン(牝7歳、栗東・森田直行厩舎)は今村聖奈騎手との初コンビで強豪に胸を借りる。

 前哨戦を勝って天皇賞・春に駒を進めるのは重賞初Vを狙うボルドグフーシュか、それとも3連覇を狙うディープボンドか。注目の阪神大賞典は19日、15時35分に発走予定となっている。

【阪神大賞典(G2)展望】ゴールドシップ以来「3連覇」狙うディープボンド出陣! 菊花賞・有馬記念「連続2着」ボルドグフーシュが川田将雅と新コンビのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か