GJ > 競馬ニュース > 【スプリングS(G2)予想】横山武史「ベタ惚れ」の大器ベラジオオペラが皐月賞切符を掴む!? “フラれた”相棒セブンマジシャンの逆襲に期待
NEW

【スプリングS(G2)予想】横山武史「ベタ惚れ」の大器ベラジオオペラが皐月賞切符を掴む!? “フラれた”相棒セブンマジシャンの逆襲に期待

【スプリングS(G2)予想】横山武史「ベタ惚れ」の大器ベラジオオペラが皐月賞切符を掴む!? フラれた相棒セブンマジシャンの逆襲に期待の画像1

 19日に中山競馬場で行われる皐月賞トライアル・スプリングS(G2)を予想していく。

 今年はフルゲートの16頭ということで、まずはデータ的な見地から消去法を行う。このスプリングSには調子重視というはっきりとした傾向がある。具体的には「前走4着以内」が条件で過去10年の連対馬20頭すべてが該当していた。前走で4着以上に善戦していなければ、その時点で厳しいということになる。

 馬券圏内30頭まで広げても、前走5着以下から巻き返したのは昨年のサトノヘリオスだけ。13着だったが、舞台はG1のホープフルSであり、さらにはスタートで出遅れる不利もあった。3番人気だったように、これが本来の走りでないことは明らかな実力馬。前走で5着以下なら、せめてG1でかつ上位人気でなければ厳しい。

 以上から1番グラニット、7番ドンデンガエシ、8番シルトホルン、12番シーウィザードが脱落。11番オールパルフェは朝日杯フューチュリティS(G1)6着だったが、4番人気に支持されていたこともあって酌量の余地を残した。

 12頭が残ったが、さらに消去する。スプリングSの過去10年の連対馬は、すべて「前走4着以上」に加え「1勝クラス、G3、G1のいずれかに出走」していた。以上から前走が未勝利戦だった3番アヴェッリーノ、5番ウィステリアリヴァ、13番トーセンアウローラが脱落。

 馬券圏内30頭まで広げても、前走未勝利勝ちは2021年のボーデンだけ。本馬は6馬身ぶっちぎってレコード勝ちというド派手な勝ち方で、スプリングSでも1番人気に推されていた。前走好走の勢いは買えるが、やはり未勝利戦では厳しいか。以上7頭を削った残り9頭で印をつけたい。


 ◎は4番ベラジオオペラ(牡3歳、栗東・上村洋行厩舎)だ。

 横山武史騎手が惚れ込む逸材。前走のセントポーリア賞(1着、1勝クラス)では、逃げたものの道中でハナを奪われる厳しい展開。一介の逃げ馬なら躍起になってハナを奪い返しそうなものだが、本馬は落ち着いていた。

 これには横山武騎手も「つられなかったのがよかった」と評価。「強い競馬」と大きな手応えを感じている。過去のエフフォーリアやウインマリリンなどのコメントを見る限り、正直に思ったことを口にするタイプ。コメントの信頼性は高い。

 実は今回のスプリングSにあたって、横山武騎手には有力馬のセブンマジシャンやパクスオトマニカなどに騎乗する選択肢があったようだ。その中で本馬を選んでおり、順当に皐月賞(G1)へ駒を進めることになりそうだ。

 またこのレースは1番人気が安定して活躍しており、過去10年でも8頭が馬券圏内に好走している。1番人気が濃厚なベラジオオペラが本命と芸のない予想になったが、素直に信頼したい。

【スプリングS(G2)予想】横山武史「ベタ惚れ」の大器ベラジオオペラが皐月賞切符を掴む!? フラれた相棒セブンマジシャンの逆襲に期待の画像2
セブンマジシャン 撮影:Ruriko.I

 〇は15番セブンマジシャン(牡3歳、栗東・高野友和厩舎)だ。

 前走の京成杯(G3)はソールオリエンスに完敗の3着だったが、最後の直線でオメガリッチマンに進路をカットされる不利があった。鞍上の石川裕紀人騎手が戒告を受けており、セブンマジシャン陣営も「不利がなければ2着はあった」と嘆き節だ。

 今回は前走で賞金加算できなかったため予定外の出走となるが、本番の皐月賞はともかく、ここではまだお釣りが残っているはず。関西馬ながら何度も中山へ遠征しており、陣営の皐月賞への意気込みが感じられる。トライアルだが、ここはしっかりと仕上げて権利を獲ってくるはずだ。

 雨で馬場悪化が濃厚だが、黄菊賞(1勝クラス)を重馬場で完勝していることもプラス。奇しくも横山武騎手に選ばれなかった馬だが、評価を見返す一戦になるかもしれない。

 ▲は6番ジョウショーホープ(牡3歳、栗東・新谷功一厩舎)を推す。

 札幌2歳S(G3)で4着、東京スポーツ杯2歳S(G2)で7着と重賞では一枚足りない戦績だが、前走のひいらぎ賞(1着、1勝クラス)がいかにも小回りの中山向きといった内容だった。陣営も「競馬が上手」「やりたい競馬ができそう」と本馬の器用さに自信を深めており、混戦になれば面白い存在だ。

 鞍上の石川騎手は今回が初コンビになるが、過去のJRA重賞7勝の内、5勝が1800m。2019年のスプリングSも含まれており、この舞台は得意だ。人馬共に、ここでこそ狙ってみたい。


 △には11番オールパルフェ(牡3歳、美浦・和田雄二厩舎)と、14番パクスオトマニカ(牡3歳、美浦・久保田貴士厩舎)を指名する。

 前者はメンバー唯一の重賞ホースであり、前走・朝日杯FSの6着もここでは威張っていい成績。ずっと逃げる競馬をしているが、陣営がハナに拘りを持っていないようで大きく崩れることはないだろう。

 後者は今回と同舞台だった前走の若竹賞(1着、1勝クラス)の内容もよく、あっさりとハナを切れるようなら前走の再現もあるはずだ。稍重で行われたデビュー戦で2着に敗れている点で評価を割り引いた。


 馬券は◎4番ベラジオオペラの三連複1頭軸で、相手は〇15番セブンマジシャン、▲6番ジョウショーホープ、△11番オールパルフェ、14番パクスオトマニカの4頭で合計6点。

【スプリングS(G2)予想】横山武史「ベタ惚れ」の大器ベラジオオペラが皐月賞切符を掴む!? “フラれた”相棒セブンマジシャンの逆襲に期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは