GJ > 競馬ニュース > 祝WBC優勝!マイアミの次はドバイだ!侍ジャパンに続くイクイノックス、そしてJRA最高の二刀流パンサラッサの激闘を見逃すな!
NEW

祝WBC優勝!マイアミの次はドバイだ!侍ジャパンに続くイクイノックス、そしてJRA最高の二刀流パンサラッサの激闘を見逃すな!

祝WBC優勝!マイアミの次はドバイだ!侍ジャパンに続くイクイノックス、そしてJRA最高の二刀流パンサラッサの激闘を見逃すな!の画像1
パンサラッサ 撮影:Ruriko.I

 アメリカのマイアミで行われた2023WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の決勝戦は、日本が劇的な勝利でアメリカを下し優勝、感動的なフィナーレで幕を閉じた。

 日本中が大谷翔平選手、村上宗隆選手、ダルビッシュ有選手らの活躍に感動したが、一方でWBCが終わったことで「侍ジャパンロス」という言葉も聞かれる。

 確かに全試合の視聴率が40%を超え、そして日本が世界のトップに立った瞬間は永遠に語り継がれるもの。あの感動と興奮を超えるものはなかなかない。そんなロスを感じている人たちに注目していただきたいのが、今週末にドバイで行われる競馬の国際競走ドバイワールドCデーだ。

 ドバイワールドC(G1)を含め6つの重賞レースに、日本からJRAに所属する27頭が遠征。武豊騎手が騎乗する昨年のダービー馬ドウデュースは無念の回避となったもののサウジC(G1)を勝利し約13億円を手にした世界の二刀流パンサラッサを筆頭に、現役日本最強馬と目される昨年のJRA年度代表馬イクイノックスら精鋭がズラリ。特にパンサラッサがドバイワールドCを勝利し優勝賞金・約9億2000万円を手にすれば、生涯獲得総賞金は驚異の27億円を超えて、日本だけでなく世界最高賞金獲得馬になるというから恐れ入る。

 パンサラッサは芝とダートのG1レースを制し二刀流と呼ばれているが、今回のWBCで侍ジャパンが手にした賞金4億500万円の倍以上の賞金を、わずか2分ほどのレースで獲得するのだからそのインパクトは絶大、本家二刀流である大谷選手も驚きの一戦といえるだろう。

 まずは各レースに出走する馬をまとめてみた。

■ドバイゴールデンシャヒーン(G1)ダート1200m

ジャスティン   (牡7 矢作芳人厩舎)2020カペラS(G3)1着
リメイク     (牡4 新谷功一厩舎)2022カペラS(G3)1着
レッドルゼル   (牡7 安田隆行厩舎)2021JBCスプリント(G1)1着
レモンポップ   (牡5 田中博康厩舎)2023フェブラリーS(G1)1着

 

■ドバイターフ(G1)芝1800m

ヴァンドギャルド (牡7 藤原英昭厩舎)2021ドバイターフ(G1)2着
セリフォス    (牡4 中内田充正厩舎)2022マイルCS(G1)1着
ダノンベルーガ  (牡4 堀宣行厩舎) 2022天皇賞・秋(G1)3着

 

■ドバイシーマクラシック(G1)芝2410m

イクイノックス  (牡4 木村哲也厩舎)2022JRA年度代表馬・2022有馬記念(G1)1着
ウインマリリン  (牝6 手塚貴久厩舎)2022香港ヴァーズ(G1)1着
シャフリヤール  (牡5 藤原英昭厩舎)2022ドバイシーマクラシック(G1)1着

 

■ドバイワールドカップ(G1)ダート2000m

ヴェラアズール  (牡6 渡辺薫彦厩舎)2022ジャパンC(G1)1着
ウシュバテソーロ (牡6 高木登厩舎) 2022東京大賞典(G1)1着
カフェファラオ  (牡6 堀宣行厩舎) 2022フェブラリーS(G1)1着
クラウンプライド (牡4 新谷功一厩舎)2022UAEダービー(G2)1着
ジオグリフ    (牡4 木村哲也厩舎)2022皐月賞(G1)1着
ジュンライトボルト(牡6 友道康夫厩舎)2022チャンピオンズC(G1)1着
テーオーケインズ (牡6 高柳大輔厩舎)2021チャンピオンズC(G1)1着
パンサラッサ   (牡6 矢作芳人厩舎)2023サウジC(G1)1着

 

■ゴドルフィンマイル(G2)ダート1600m

ウインカーネリアン(牡6 鹿戸雄一厩舎)2023東京新聞杯(G3)1着
バスラットレオン (牡5 矢作芳人厩舎)2022ゴドルフィンマイル(G2)1着
ラウダシオン   (牡6 斉藤崇史厩舎)2020NHKマイルC(G1)1着

 

■UAEダービー(G2)ダート1900m

ゴライコウ    (牡3 新谷功一厩舎)2022JBC2歳優駿(G3)1着
コンティノアール (牡3 矢作芳人厩舎)2022カトレアS(OP)1着
デルマソトガケ  (牡3 音無秀孝厩舎)2022全日本2歳優駿(G1)1着
ドゥラエレーデ  (牡3 池添学厩舎) 2022ホープフルS(G1)1着
ペリエール    (牡3 黒岩陽一厩舎)2023ヒヤシンスS(L)1着


 以上のように今年のドバイWCデーは豪華絢爛、G1級の優勝馬はなんと17頭。まさに日本中が注目する一戦である。もしかすると、このタイミングで起きたWBC優勝は、日本馬にとって大きな後押しとなるかもしれない。

 そこで過去に日本がWBCを優勝した時のドバイWCデーの成績を調べてみた。

 まず日本が初めてWBCを優勝した2006年のドバイWCデーは、ユートピアが武豊騎手を背にゴドルフィンマイルを勝利。そしてC.ルメール騎手とハーツクライがドバイシーマクラシックを勝利した。続いて日本がWBC連覇を果たした2009年は、カジノドライヴがドバイワールドCで8着、ドバイゴールデンシャヒーンでバンブーエールが4着、ドバイデューティーフリーでウオッカが7着と成績は振るわなかったが、日本馬の出走はこの3頭のみと少なかった。

 今年は2006年にドバイシーマクラシックを制したハーツクライの産駒ダノンベルーガが出走するが、親子でドバイのG1制覇となれば歴史的快挙。WBCで日本の野球が世界最強であることを証明した。その勢いを持って週末のドバイでは、日本の馬たちが世界最強であることを証明してもらいたい。

仙谷コウタ

仙谷コウタ

初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

祝WBC優勝!マイアミの次はドバイだ!侍ジャパンに続くイクイノックス、そしてJRA最高の二刀流パンサラッサの激闘を見逃すな!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅、C.ルメールも認めた「9戦連続」1番人気の大物がカムバック。新進気鋭の指揮官に託された超新星の復活はホンモノか、フロックか
  2. 「3000万円級」の大波乱演出に本人もビックリ!確勝期した敗戦に戸崎圭太はガックリ…「ルメールロス」嘆くファンも
  3. 「2連勝中」武豊の秘密兵器候補VS「逆襲」のギャンブルルーム! 秋の大舞台を見据え、好調3歳牡馬の素質馬が激突!
  4. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  5. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  6. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  7. 武豊、55歳でも「鉄人ぶり」証明した函館開催…ドウデュース敗戦もヤマニンウルスとG1視野、「レジェンド超え」の伏兵陣も要注意
  8. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 「武豊を追いかける」証拠映像がジョッキーカメラに!? 「マークする相手を間違えました…」前日重賞初Vの若武者が敗戦の弁