GJ > 競馬ニュース > ドバイワールドカップデーで再び対決するドウデュースVSセリフォス!軍配はどちらに
NEW

ドバイワールドカップデーで再び対決するドウデュースVSセリフォス!軍配はどちらに

【この記事のキーワード】, ,
ドバイワールドカップデーで再び対決するドウデュースVSセリフォス!軍配はどちらにの画像1
セリフォス 撮影:Ruriko.I

 25日は世界中の競馬ファンが注目するドバイワールドカップデーが開催される。今年は日本馬27頭が出走を予定しており、国内のトップクラスのメンバーがドバイに集結する。

 その中でも昨年のダービー馬、ドウデュースが出走するドバイターフ(G1)も注目のレースのひとつだ。3連覇を狙うロードノースを筆頭に、世界の強豪が日本馬に立ちはだかる。日本からはドウデュースの他に、同レースで2着(2021年)、3着(22年)と好相性のヴァンドギャルド、得意の左回り芝1800mで鞍上に世界の名手J.モレイラ騎手を迎えるダノンベルーガ、そして、去年のマイルCS(G1)を制覇したセリフォスも出走予定だ。

 日本馬VS外国馬の勢力図であるが、日本馬同士の戦いにも注目だ。ドウデュースとセリフォスは一昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)以来の対決となる。このレースではゴール前でドウデュースがセリフォスとの叩き合いを制した。それ以降、距離適性などの違いから互いが相まみえることはなかったが、セリフォスがドバイターフを選択したことで再び激突することになった。ドバイターフ制覇はもちろんのこと、一昨年の借りを返すには絶好の機会でもある。

 ネットでは「芝1800mならやれる!」、「ドウデュースと張り合える実力はある」と、ドバイターフ制覇とは別にドウデュースとセリフォスの再戦に盛り上がりを見せている。セリフォスの鞍上には引き続き、同馬と共に前走のマイルCSを制覇したD.レーン騎手が決まっている。

 これまでマイルのみのレースだったため、距離延長や海外遠征と初めて尽くしとなるセリフォスだが、同馬を管理する中内田充正調教師は「チャレンジャーの気持ち」と意気込みを語った。出国前の追い切りでは6F88秒9〜1F11秒2と好時計をマークし、レースへ向けて臨戦態勢を整えた。

ドバイワールドカップデーで再び対決するドウデュースVSセリフォス!軍配はどちらにの画像2
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 一方、去年の凱旋門賞(仏G1)で大敗したものの、ドウデュースは前走の京都記念(G2)では、2着マテンロウレオに3馬身半の差をつける圧巻の勝ちっぷり。それに加え、2日の栗東ウッドの追い切りで6F83秒2〜1F10秒6と破格の時計をマーク。騎乗した武豊騎手も「馬ってこんなに速く走れるんだ」と驚きを隠せなかった。陣営から「充実している。能力は間違いない」と自信のコメントが出されたのも納得である。

 イギリスのブックメーカーの予想オッズ(21日時点)の発表では、3連覇を狙っているロードノースは3番人気で、ドウデュースは1番人気、セリフォスは2番人気と両雄の海外での評価は高いようだ。日本馬の活躍に注目が集まるドバイWCデーだが、ドウデュースVSセリフォスの戦いにも注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ドバイワールドカップデーで再び対決するドウデュースVSセリフォス!軍配はどちらにのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客