GJ > 競馬ニュース > 無敗の新星ベラジオオペラ&ソールオリエンス「逆襲」の社台ファームは希望の星!? 新たな“社台ブランド”が人気を呼ぶ意外な側面
NEW

「逆襲」の社台ファームは希望の星!? 無敗の新星ベラジオオペラ&ソールオリエンス皐月賞へ、新たな“社台ブランド”が人気を呼ぶ意外な側面

無敗の新星ベラジオオペラ&ソールオリエンス「逆襲」の社台ファームは希望の星!? 新たな社台ブランドが人気を呼ぶ意外な側面の画像1

 先週、スプリングS(G2)をベラジオオペラが勝利し、皐月賞トライアルがすべて終了。4月に控える牡馬クラシック開幕戦の陣容が、いよいよはっきりとし始めた。

 そんな中、大きな存在感を放っているのが生産界のかつての王者・社台ファームだ。

 スプリングSで3戦3勝としたベラジオオペラ、デビュー2連勝で京成杯(G3)を勝ったソールオリエンスは共に無敗馬、さらにすみれS(L)を完勝したシャザーンもスケール感たっぷりだ。弥生賞ディープインパクト記念(G2)3着で優先出走権をゲットしたワンダイレクトも社台ファーム生産馬と、現時点で4頭が皐月賞(G1)へ駒を進めることが濃厚となっている。

 また、牝馬クラシックでもシンザン記念(G3)を勝ったライトクオンタムは桜花賞(G1)で最有力視される1頭として注目されており、王道トライアル・チューリップ賞(G2)を勝ったモズメイメイも当然有力だ。先週もヒップホップソウルがフラワーC(G3)で2着してクラシックへ大きく前進したばかりと牝馬のラインナップも充実している。

 それだけでなく全日本2歳優駿(G1)のデルマソトガケ、エーデルワイス賞(G3)のマルカラピッドなど、芝もダートも活躍馬が出ている点は大きな特徴だろう。

 昨年、生産馬のスターズオンアースが桜花賞を勝ち、2017年のオークス(ソウルスターリング)以来、久々のクラシック制覇を飾った社台ファーム。それだけでなく、スターズオンアースがオークス(G1)も勝って春二冠を制すと、秋の菊花賞(G1)ではアスクビクターモアとボルドグフーシュがワンツーゴールするなど王国再建の狼煙を高々と上げている。

 今年のクラシックでも昨年以上の結果を残すようなら、生産界の絶対王者ノーザンファームの背中も見えてくるはずだ。

「ここに来て社台ファーム(牧場)の坂路コースを改修したことの効果が出ていると思います。2018年に坂路の勾配を上昇させるだけでなく、馬場をダートからウッドチップへ変更するなど大きな動きがありました。関係者の話では育成段階から充実した施設で馴致できることもあって『若い馬の動きが変わってきた』とのことです。

もちろん、昨年も約160億円と73億円でダブルスコアをつけられているように、まだまだノーザンファーム1強の時代は続くでしょうが、昨年4月に着工した新たな外厩社台鈴鹿トレーニングセンター(仮称)が今年6月からいよいよ稼働し始めるそうですし、今後さらに大きな巻き返しを見せてくれると思います」(競馬記者)

 また、社台ファームの復活は馬主の勢力図にも意外な効果をもたらしているという。

新たな“社台ブランド”が人気を呼ぶ意外な側面

「社台ファームの復活を好意的に受け止めているオーナーさんは少なくないですよ。というのも、今の競馬界で最高のブランドであるノーザンファームの生産馬は人気があり過ぎて、なかなか手に入れられないそうです。

また、将来有望な良血馬の多くがサンデーレーシングやシルクレーシング、キャロットファームといったノーザン系一口馬主クラブに流れることで、個人馬主にとってノーザンファーム生産馬はさらに希少になっています。

その一方で社台ファームにも、一口馬主クラブの社台レースホースがありますが『良い馬がセリに出されることも多い』とか。社台ファーム産は今でも根強い人気があるブランドですし、こういった最高クラスの生産馬は所有するだけでステータスになるので、欲しがる馬主さんも少なくないとか」(別の記者)

 実際に、冒頭で挙げたベラジオオペラのスプリングS勝利は上村洋行厩舎の初重賞で話題になったが、「ベラジオ」の冠名で知られる林田祥来オーナーにとっても重賞初制覇だった。

 他にも、先述したアスクビクターモア(廣崎利洋HD)やモズメイメイ(キャピタル・システム)、ワンダイレクト(青山洋一氏)、デルマソトガケ(浅沼廣幸氏)といったところも個人オーナーの所有馬だ。ドーブネ(藤田晋氏)やオニャンコポン(田原邦男氏)といった重賞戦線で活躍している馬もいる。

 かつて90年代から2000年代初頭にかけて、生産界の絶対王者に君臨していた社台ファーム。ここ十数年はノーザンファームの台頭によって雌伏のときを重ねることになったが、復活を期す“ニュー社台”は一攫千金を夢見る「個人馬主たちの希望の星」という意外な側面を伴っているのかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「逆襲」の社台ファームは希望の星!? 無敗の新星ベラジオオペラ&ソールオリエンス皐月賞へ、新たな“社台ブランド”が人気を呼ぶ意外な側面のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  3. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  4. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  5. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  6. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分