GJ > 競馬ニュース > 「やれると信じていた」5年目若手が意地の下剋上! 15番人気ドゥーラ復活の3着激走で元主戦・戸崎圭太と分かれた明暗
NEW

「やれると信じていた」5年目若手が意地の下剋上! 15番人気ドゥーラ復活の3着激走で元主戦・戸崎圭太と分かれた明暗

【この記事のキーワード】, ,
「やれると信じていた」5年目若手が意地の下剋上! 15番人気ドゥーラ復活の3着激走で元主戦・戸崎圭太と分かれた明暗の画像1
ドゥーラ 撮影:Ruriko.I

 大本命リバティアイランドが、同世代のライバルたちに異次元の強さを見せつけた21日のオークス(G1)。

 今年は2着も2番人気のハーパーという順当な決着となったが、三連単が3万馬券になったのは15番人気のドゥーラ(牝3歳、栗東・高橋康之厩舎)が3着に激走したからに他ならない。

「この仔らしい脚を使ってくれて、いいレースを見せてくれました」(斎藤新騎手)

 18頭立て芝2400mという、この時期の牝馬には過酷なレース。スタートを無難にこなしたドゥーラは迷わず後方へ。道中でしっかりスタミナを温存すると、最後の直線で自慢の末脚が爆発した。上がり3ハロン34.1秒は、最速こそリバティアイランドの34.0秒に譲ったが、世代トップクラスの切れ味を披露。皐月賞馬ジオグリフや、桜花賞馬ソダシらが勝ち馬に名を連ねる札幌2歳S(G3)の覇者が本来の走りを取り戻した。

「リバティアイランドが強すぎたため、優勝争いにこそ絡めませんでしたが、最後はこの馬らしい良い脚を見せてくれました。レース後に『前から長い距離は合うと思っていた』と話していた斎藤騎手ですが、ここ2走とは見違える走りだけに、よほど手が合うのでしょう。秋の秋華賞(G1)が楽しみになるレースでしたね」(競馬記者)

「馬がその気になれば、ここでもやれると信じていた」と話す斎藤騎手にも、今回は期するものがあったに違いない。

 チューリップ賞(G2)15着、桜花賞(G1)14着と、ここ2走は関東のトップジョッキー戸崎圭太騎手とのコンビで大敗が続いていたドゥーラだが、元々は5年目の若手・斎藤騎手とのコンビでデビューした馬である。

 2戦目に初勝利を挙げると、3戦目の札幌2歳S勝利で重賞初制覇。フレッシュなコンビは、そのままの勢いで阪神ジュベナイルF(G1)に挑戦。6番人気だったが、G1で二桁人気にしか乗ったことがなかった斎藤騎手にとっては、キャリアで最も大きなチャンスだった。

 しかし、結果はスタートで出遅れてしまい6着。レース後に斎藤騎手が「出負けした分はあったと思いますが、初めての外回りコースでこれだけの末脚」と相棒を称賛したように、最後は勝ったリバティアイランドを超える上がり最速の末脚で追い上げた。

 だが、それだけに出遅れが響くレースになってしまったことも事実……。そこで陣営は次走のチューリップ賞から、経験豊富な戸崎騎手へスイッチした経緯がある。

復活の3着激走で元主戦・戸崎圭太と分かれた明暗

「今年の斎藤騎手の年賀状がドゥーラとの写真だったそうです。今年はこの馬と飛躍するという思いが伝わってきていただけに、仕方がないとはいえ、チューリップ賞の乗り替わりは少々残念でした。

ただ、戸崎騎手が騎乗した2戦は不利があったり、スタートで遅れてレースの流れに乗れなかったりと不完全燃焼。結果は出ませんでしたが、戸崎騎手も『距離が延びた方がいい』と言っていましたね。今回はミッキーゴージャスとのコンビでしたが、ドゥーラ降板は後ろ髪を引かれる思いだったと思いますよ。斎藤騎手とのコンビ復活は、個人的にはよかったと思っています」(別の記者)

「リズムを大事に乗りましたが、最後は少し体力的なものが苦しくなってしまいました。これからさらに良くなってくると思います」とは、ミッキーゴージャスに騎乗して14着に敗れた戸崎騎手の言葉だ。

 レース中には、11番がミッキーゴージャス、13番がドゥーラということもあって、奇しくも2頭が並んで走るという“熱い”シーンもあった。明暗が大きく分かれる結果となったが、もともと長い距離でこそとドゥーラを評価していた戸崎騎手としても「やはり」といったところなのかもしれない。

 キャリア2戦でG1に挑んだミッキーゴージャスは、まだこれからの馬。母はオークスだけでなく秋華賞も勝ったミッキークイーンだけに、秋にドゥーラ&斎藤騎手との再戦に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「やれると信じていた」5年目若手が意地の下剋上! 15番人気ドゥーラ復活の3着激走で元主戦・戸崎圭太と分かれた明暗のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ