GJ > 競馬ニュース > 日本ダービー(G1)でサトノ軍団に「試練」再び…悲願達成の救世主は「7年前」の因縁の相手
NEW

サトノ軍団に「試練」再び…サトノグランツ悲願達成の救世主は「7年前」の因縁の相手

【この記事のキーワード】, ,

サトノ軍団に「試練」再び…サトノグランツ悲願達成の救世主は「7年前」の因縁の相手の画像1

 いよいよ今週末に迫った日本ダービー(G1)。同着にならない限り、ダービージョッキー、ダービートレーナー、ダービーオーナーの称号はそれぞれ1つしか用意されていない。

 フルゲート18頭がそろった今年、ダービーオーナーへの強い意欲を見せる一人が里見治氏だろう。

「サトノ」の冠名で競馬ファンにもお馴染みの里見オーナーが、ダービーに初めて挑戦したのは2014年だった。この年は伏兵サトノルパンで挑み14着に敗れたが、それ以降はほぼ毎年のように所有馬を出走させ、あと一歩の惜敗も経験した。

 自身2度目の挑戦となった15年にはサトノクラウンとサトノラーゼンの2頭出しを敢行したが、怪物ドゥラメンテの前に完敗。それでも2~3着に入ったことで、里見オーナーも確かな手応えをつかんだことだろう。

 翌16年にはサトノダイヤモンドが2番人気で出走。直線でいったん先頭に立ち勝利をつかんだと思われたが、ゴール前でマカヒキの急襲に遭いハナ差負けを喫した。

 その後も20年にサトノフラッグとサトノインプレッサの2頭出し。21年には桜花賞(G1)で2着の牝馬サトノレイナスを送り込むなど、ダービー制覇に執念を燃やしたが、サトノダイヤモンドの2着以降は掲示板までという状況が続いている。

サトノ軍団に「試練」再び…サトノグランツ悲願達成の救世主は「7年前」の因縁の相手の画像2
サトノグランツ 撮影:Ruriko.I

 そんな里見オーナーが2年ぶりにダービーに送り込むのが、父にサトノダイヤモンドを持つサトノグランツ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

悲願達成の救世主は「7年前」の因縁の相手

 鞍上を務めるのがマカヒキとのタッグでサトノダイヤモンドの前に立ちはだかった川田将雅騎手というのも何かの因縁だろう。

 26日現在、『netkeiba.com』が公開している予想オッズでサトノグランツは5番人気に支持されているように、決してノーチャンスの存在ではない。前走・京都新聞杯(G2)は、超スローの流れを中団から突き抜けたが、その豪脚に川田騎手も確かな手応えを感じ取ったに違いない。

 しかし、そう簡単に勝てないのがダービーである。“最も運のある馬が勝つ”ともいわれるレースで、不運にもサトノグランツは大外18番枠に収まった。

 過去10年で大外枠の馬は「0-1-1-8」という成績。2頭が馬券に絡んでいるが、それは昨年2着のイクイノックスと17年に1番人気で3着だったアドミラブルだ。それ相応の実力がなければ厳しい枠なのは間違いないだろう。勝ち馬は2001年のジャングルポケットが最後である。

 ちなみに2年前のサトノレイナスは大外ではなかったが、17頭立ての16番枠に入り、外々を回らされ、5着に敗れている。

「サトノ軍団」に訪れた再びの試練。これを打ち砕くとすれば、かつて敵として「サトノ軍団」の夢を打ち砕いた川田騎手しかいないだろう。

 昨日の敵は今日の友――。今度は川田騎手が里見オーナーに悲願を届けられるか。その手綱さばきに注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

サトノ軍団に「試練」再び…サトノグランツ悲願達成の救世主は「7年前」の因縁の相手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅、C.ルメールも認めた「9戦連続」1番人気の大物がカムバック。新進気鋭の指揮官に託された超新星の復活はホンモノか、フロックか
  2. 「2連勝中」武豊の秘密兵器候補VS「逆襲」のギャンブルルーム! 秋の大舞台を見据え、好調3歳牡馬の素質馬が激突!
  3. 「3000万円級」の大波乱演出に本人もビックリ!確勝期した敗戦に戸崎圭太はガックリ…「ルメールロス」嘆くファンも
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊、55歳でも「鉄人ぶり」証明した函館開催…ドウデュース敗戦もヤマニンウルスとG1視野、「レジェンド超え」の伏兵陣も要注意
  6. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  7. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星