GJ > 競馬ニュース > ドゥラエレーデ落馬、スキルヴィング競走中止、大本命敗戦…「後味の悪さ」残った今年のダービー、喜びも悲しみも入り混じる競馬の祭典を見届けたファンも複雑?
NEW

ドゥラエレーデ落馬、スキルヴィング競走中止、大本命敗戦…「後味の悪さ」残った今年のダービー、喜びも悲しみも入り混じる競馬の祭典を見届けたファンも複雑?

【この記事のキーワード】, ,
ドゥラエレーデ落馬、スキルヴィング競走中止、大本命敗戦…「後味の悪さ」残った今年のダービー、喜びも悲しみも入り混じる競馬の祭典を見届けたファンも複雑?の画像1
タスティエーラ 撮影:Ruriko.I

 今年も大きな盛り上がりを見せた日本ダービー(G1)。JRAが発表した入場券の価格設定も1000円という高額ながらも、プラチナチケットを手に入れた7万1868人のファンが東京競馬場へ駆けつけた。

 18頭の精鋭が集結した競馬の祭典を制し、2020年に生まれたサラブレッド7708頭の頂点に輝いたのは、D.レーン騎手が騎乗した4番人気タスティエーラ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 前走の皐月賞(G1)は、後方から規格外の末脚を炸裂させたソールオリエンス(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)の2着に惜敗したが、ダービーではクビ差で追撃を凌いでリベンジに成功。無敗の二冠を目論んだ王者の野望を打ち砕いた。

 テン乗りでのダービー制覇は、1954年のゴールデンウエーブに騎乗した岩下密政以来となる69年ぶりの快挙。レーン騎手は「正直知らなかったし、知っていてもジンクスは信じていないので」と一笑に付したようだが、長年続いた「勝てないジンクス」も知らない男相手には関係なかったか。

 とはいえ、オーストラリアの名手が存在感を発揮した今年のダービーを複雑な思いで見守った関係者やファンも多かったことだろう。

 単勝1.8倍の大本命に推されたソールオリエンスの横山武史騎手は、エフフォーリアでハナ差の2着に泣いた2年前と同じく2着。またしても「ダービージョッキー」の厚い壁に跳ね返された。

 こちらについては、父の横山典弘をはじめ、武豊や福永祐一といった名手たちでも初勝利に苦しんだ。敗戦を糧にさらなる成長を見せることができれば、いつかはまたチャンスが訪れるはずだ。

 その一方で、今年のダービーで非常に悔やまれるアクシデントが発生していたことにも触れなければならない。

喜びも悲しみも入り混じる競馬の祭典を見届けたファンも複雑?

ドゥラエレーデ落馬、スキルヴィング競走中止、大本命敗戦…「後味の悪さ」残った今年のダービー、喜びも悲しみも入り混じる競馬の祭典を見届けたファンも複雑?の画像2
ドゥラエレーデ 撮影:Ruriko.I

 スタート直後に躓いた17番のドゥラエレーデが、坂井瑠星騎手を振り落とすような格好で落馬。大事には至らなかったものの、ホープフルS(G1)を制した実力の持ち主だっただけに不戦敗となったのは勿体なかった。

 パクスオトマニカがスローで引っ張る展開となったため、積極策が持ち味のドゥエラエレーデならチャンスもあっただろう。ダービー初騎乗の2020年は、9番人気サトノインプレッサを4着に導いていた坂井騎手だが、2度目のダービーは不戦敗という残念な結果に終わった。

 そして最も悲劇的な結末を迎えたのは、C.ルメール騎手とのコンビで2番人気の支持を集めたスキルヴィング(牡3、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 こちらもテン乗りと同じく「青葉賞(G2)を制した馬はダービーを勝てない」というジンクスで注目されたが、競走中に急性心不全を発症して予後不良という、あまりにも悲し過ぎる結末が待っていた。

 Twitterで「今日、素敵な馬だったスキルフィングを失うのは残念」と悲しんだルメール騎手だけでなく、多くの関係者やファンが想定外の別れを惜しんだ。タイム差なしの3着に入ったハーツコンチェルトは、青葉賞で倒した相手だっただけに、アクシデントがなければ勝てた未来もあっただろう。

 年に一度のお祭りが大いに盛り上がったことは間違いないとはいえ、一世一代の晴れ舞台で後味の悪さに複雑な思いを抱えたファンも少なくなかったはずだ。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

ドゥラエレーデ落馬、スキルヴィング競走中止、大本命敗戦…「後味の悪さ」残った今年のダービー、喜びも悲しみも入り混じる競馬の祭典を見届けたファンも複雑?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想