GJ > 競馬ニュース > 「単勝262.8倍」シンガリ16番人気馬が大激走で今年のJRA最高払戻金額を記録! 来年のダービーウィークでも要警戒?
NEW

「単勝262.8倍」シンガリ16番人気馬が大激走で今年のJRA最高払戻金額を記録! 来年のダービーウィークでも要警戒?

【この記事のキーワード】, ,

「単勝262.8倍」シンガリ16番人気馬が大激走で今年のJRA最高払戻金額を記録! 来年のダービーウィークでも要警戒?の画像1

 歴史が繰り返された瞬間だった。

 27日、東京9Rに行われた富嶽賞(2勝クラス)は、好位から抜け出した16頭立てシンガリ16番人気のアウリガテソーロ(牡5歳、美浦・加藤士津八厩舎)が優勝。単勝262.8倍の超高配当を演出した。

 波乱の立役者となったアウリガテソーロは、先週のオークス(G1)を制して二冠牝馬となったリバティアイランドや、7日のNHKマイルC(G1)を勝ったシャンパンカラー、G1・3勝馬タイトルホルダーなどと同じ今をときめくドゥラメンテ産駒だ。

 ただ、本馬は前走と前々走の自己条件でシンガリ負け。ここ4走で2桁着順が続いていただけに、父ドゥラメンテとはいえ超低評価だったのも無理はない。

「単勝262.8倍」シンガリ16番人気馬が大激走で今年のJRA最高払戻金額を記録! 来年のダービーウィークでも要警戒?の画像2
佐々木大輔 撮影:Ruriko.I

「砂を被らなければ強いと聞いていました」と鞍上の佐々木大輔騎手がレース後に振り返った通り、ダート1400mの3枠5番からスタートしたアウリガテソーロは積極果敢に先行。前から2番手を悪くない手応えで追走した。

 最後の直線に入り、残り300m付近で逃げ馬を交わして先頭へ。ただ超人気薄の馬だっただけに、この時点ではいずれ捕まるものと思っていたファンも多かったと思われる。

 しかし、抜け出してからも差を詰められるどころか逆に突き放したことで場内がざわつき始める。最後は1番人気バルミュゼットが猛然と追い込んだものの、1馬身3/4差をつけて完勝を決めてしまった。

「いやぁ驚きました。終わってみればシンガリ人気の馬とは思えない非常に強い内容でした。上手く砂を被らせずにレースを運んだ佐々木騎手の手腕も光ったと思います。今日のレースができれば上のクラスでも通用するのではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 なお同馬の単勝2万6280円は、JRAの式別で今年の最高払戻金額となった。レース後のSNSやネット掲示板などには、ファンから「こんなの絶対買えません」「佐々木騎手おそるべし」などのコメントが多く寄せられたのも無理はないだろう。

 だが、アウリガテソーロの戦績を振り返ると面白いことがわかる。

来年のダービーウィークでも要警戒?

 実は、同馬はちょうど1年前のダービーウィークに行われた東京ダート1400mの自己条件戦でも、前走シンガリ16着から巻き返して1着に入る激走を決めていたのである。

「この時期のこの条件が非常にマッチする馬ということでしょうか。ただ、このことに事前に気づけてたとしても実際に馬券が買えたかどうか……。来年に向けて、ひとまずメモだけは取っておこうと思います」(同)

 なお東京4Rに続き、この日2勝目となったアウリガテソーロを管理する加藤士師はレース後、「アテにはなりませんが、勝つときは強いんです」と同馬の意外性を強調するコメントを残している。

 近走は凡走続きでも、ある条件になると途端に激走する馬も多いことから、競馬はよく「記憶のスポーツ」とも言われる。アウリガテソーロに関しても、来年のダービーウィークまで忘れないようにしておいた方がよさそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「単勝262.8倍」シンガリ16番人気馬が大激走で今年のJRA最高払戻金額を記録! 来年のダービーウィークでも要警戒?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬