GJ > 競馬ニュース > 【宝塚記念】イクイノックス参戦で「ツイてない男」に大逆転のチャンス到来!? 「G1・3着でも2着でもクビ」からの再登板あるか
NEW

【宝塚記念】イクイノックス参戦で「ツイてない男」に大逆転のチャンス到来!? 「G1・3着でも2着でもクビ」からの再登板あるか

【この記事のキーワード】, ,
【宝塚記念】イクイノックス参戦で「ツイてない男」に大逆転のチャンス到来!? 「G1・3着でも2着でもクビ」からの再登板あるかの画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 昨年の天皇賞・秋(G1)と有馬記念(G1)を連勝し、3月にドバイシーマクラシック(G1)を圧勝したイクイノックス(牡4、美浦・木村哲也厩舎)が、6月25日の宝塚記念(G1)に参戦することが分かった。

 年度代表馬に選ばれただけでなく、IFHA(国際競馬統括機関連盟)の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」で1位になった現役最強馬は、主戦を任されるC.ルメール騎手が「最高の馬」と評する大物だけに、宝塚記念でもコンビ継続はほぼ確実。春のグランプリでG1・4勝目を視野に入れる。

 その一方で宝塚記念には当初、ルメール騎手がコンビを組んだ3頭の出走を噂されていてもいた。筆頭は勿論イクイノックスだが、後は先日のヴィクトリアマイル(G1)で3着に入った昨年の二冠牝馬スターズオンアースと、圧勝した天皇賞・春(G1)で初G1制覇を遂げたジャスティンパレスの2頭だ。

 スターズオンアースについては既に放牧に出され、秋に備えることが発表されたこともあり、鞍上問題が回避されたものの、ジャスティンパレスについては宝塚記念が選択肢のひとつに入っていると杉山晴紀調教師がコメントしている。もし出走するようなら、ルメール騎手はイクイノックスを選択する可能性が高いため、どの騎手が乗るのかという話は避けられないだろう。

「ツイてない男」に大逆転のチャンス到来!?

【宝塚記念】イクイノックス参戦で「ツイてない男」に大逆転のチャンス到来!? 「G1・3着でも2着でもクビ」からの再登板あるかの画像2
鮫島克駿騎手 撮影:Ruriko.I

 そこで思い浮かぶのは鮫島克駿騎手の存在だ。近3走はT.マーカンド騎手やルメール騎手が騎乗したジャスティンパレスだが、鮫島駿騎手も昨年の神戸新聞杯(G2)を優勝し、菊花賞(G1)で3着と悪くない結果を残した。陣営が実績と実力で上回る外国人騎手への乗り替わりを決断した経緯があるとはいえ、全国リーディングでトップ10を争う手腕の持ち主だけに、再びチャンスが巡って来ても不思議ではない。

 また、鮫島駿騎手は先日のオークス(G1)でも苦い思いを経験したばかり。桜花賞(G1)で6番人気のコナコーストを2着に導く好騎乗を見せながら、陣営が発表したのは非情にも映るD.レーン騎手への乗り替わり。これには本馬を管理する清水久詞調教師から「鮫島駿騎手が下手なわけじゃありませんが、そこは勝負の世界」と気遣ったものの、乗り替わったレーン騎手は7着に敗れ、結果を残せなかった。スタートでぶつけられる不利を受けたことも大きかったとはいえ、G1の舞台で無念の降板となった鮫島駿騎手としては、「もし自分が乗っていたなら……」という想いは少なからずあったはずだ。

 G1で3着や2着に入っても、各陣営に乗り替わりを告げられた現実は、「ツイていない男」として気の毒だが、まだ26歳の鮫島駿騎手にはまだまだチャンスがある。結果を残し続け、関係者からの信頼を勝ち取ることで、“降ろされない男”になるしかない。

 今のところレーン騎手の短期免許交付期間は6月13日までのため、宝塚記念が行われる6月25日は帰国が濃厚。前走でジャスティンパレスに騎乗したルメール騎手がイクイノックスに騎乗した場合は、鞍上が空白となるだけに白羽の矢が立つ可能性は十分にある。

 G1勝利を渇望する男に再登板のチャンスは訪れるだろうか。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

【宝塚記念】イクイノックス参戦で「ツイてない男」に大逆転のチャンス到来!? 「G1・3着でも2着でもクビ」からの再登板あるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”