GJ > 競馬ニュース > ミスターシービー、ウオッカ、ヒシマサルの意外な共通点…馬名の由来は興味深いエピソードの宝庫【競馬クロニクル 第47回】
NEW

ミスターシービー、ウオッカ、ヒシマサルの意外な共通点…馬名の由来は興味深いエピソードの宝庫【競馬クロニクル 第47回】

【この記事のキーワード】, ,

ミスターシービー、ウオッカ、ヒシマサルの意外な共通点…馬名の由来は興味深いエピソードの宝庫【競馬クロニクル 第47回】の画像1

 1992年の春のこと。きさらぎ賞毎日杯、京都4歳特別とG3を3連勝した、父に米三冠馬のセクレタリアト(Secretariat)を持つ良血の外国産馬について筆者がやや興奮気味に話していたところ、編集部の先輩に「それ、2代目なの知ってる?」と問いかけられた。あたまの中に「?」を浮かべて聞いていると、その先輩は「『ヒシマサル』って、昔にも同名の馬がいたんだよね」とサジェスチョンしてくれた。

 その言葉を受けて調べてみると、1959年の安田記念の勝ち馬に『ヒシマサル』の名前があった。1955年生まれの牡馬で、父ライジングフレーム、母カッター(父・月友)という当時としては一流の血統。“ヒシ”の冠号で知られる阿部家の持ち馬で、名義は阿部雅信となっていた。勝ち鞍には上記のほか、毎日王冠、セントライト記念などがあり、種牡馬入りしてからは自身と同じく安田記念を勝つヒシマサヒデを輩出。さらにそのヒシマサヒデも種牡馬となり、伝説の“スーパーカー”マルゼンスキーに三度挑んだヒシスピード(京成杯など)を送り出していた。

 では、どうしてこの『ヒシマサル』という名前、どうして二度使えたのだろうか。「顕著な活躍があった名前は使用できない」という規則があるため、安田記念を制している『ヒシマサル』の名前の再使用は、この縛りに引っ掛かるはずだからだ。

 これは初代『ヒシマサル』を所有した雅信氏の子息で、馬主としての阿部家の再興を『ヒシマサル』の名に託そうとした阿部雅一郎氏の、ある機転によって再使用を可能にしたレアケースであることが分かった。

 2代目『ヒシマサル』は米国産であるため、阿部は米国での馬名登録を英字表記『Hishi Masaru』として行い、これを競走馬として輸入して日本での馬名登録を行う際、カタカナ変換して『ヒシマサル』としたのである。

 こうした場合、2頭の同名馬の混乱を避けるため、血統登録書上の表記では、2代目であることを示す「Ⅱ」の文字を末尾に付ける『ヒシマサルⅡ』、もしくは生年を付記する『ヒシマサル(1995)』とするよう配慮されている。

 この“同名異馬”についてさらに探っていくと、他の名馬にもこうしたケースがいくつか存在することが分かった。1983年、中央競馬史上3頭目のクラシック三冠馬となった『ミスターシービー』も実は2代目だった。

 戦前から日本の競走馬生産に重要な位置を占めた群馬県の千明(ちぎら)牧場(のちに千葉、北海道・浦河などにも分場を設立)。天皇賞(前身となる帝室御賞典を含む)を幾度も制し、また、千明賢治氏がオーナーの時代にはスゲヌマ(1935年)が、康氏の時代にはメイズイ(1960年)が日本ダービーを制するなど、名門と呼ばれるにふさわしい格を有するブリーディングオーナーだった。

 その後、賢治氏の孫にあたる千明大作氏がオーナーとなった時代に、氏は牧場を代表する馬としての活躍を願って、“天馬”トウショウボーイの仔に『ミスターシービー』の名を付す。『シービー』とは、千明の「C」、牧場の「B」を表したもので、英語表記にすると『Mr.C.B.』となる。

 初代の『ミスターシービー』は賢治氏がオーナーだった1934年に千明牧場で生まれた牡馬。1937年の日本ダービーに出走(10着)した経験を持つものの大レースには勝てず、種牡馬にもなれなかった。そのため、のちに2代目として同じ名前を付けることには何の支障もなかった。

 千明大作氏の願いが実って、2代目『ミスターシービー』は1983年にクラシック三冠を達成。祖父の賢治氏(スゲヌマ)、父の康氏(メイズイ)に次ぎ、ブリーディングオーナーとして親子3世代で日本ダービーを制するという唯一の記録を残すことになった。

 2代目の大活躍という意味で忘れてはならないのが、64年ぶりとなる牝馬による日本ダービー(G1)制覇を成し遂げるなど、“牝馬の時代”を高らかに謳い上げた『ウオッカ』だろう。ただし『ウオッカ』は前記の2頭と違って、初代とはまったく関係なく付けられたケース。ちなみに初代『ウオッカ』(1993年生)はJRAで7戦して未勝利で、地方へ転出した記録が残っている。2代目『ウオッカ』は父であるタニノギムレットから得た“酒つながり”での連想で、カントリー牧場のオーナーだった谷水雄三氏が付けた名前である。

 先に公開した“珍名”も含め、競走馬の名前は興味深いエピソードの宝庫。また折に触れて取り上げてみたい。

三好達彦

三好達彦

1962年生まれ。ライター&編集者。旅行誌、婦人誌の編集部を経たのち、競馬好きが高じてJRA発行の競馬総合月刊誌『優駿』の編集スタッフに加わり、約20年間携わった。偏愛した馬はオグリキャップ、ホクトヘリオス、テイエムオペラオー。サッカー観戦も趣味で、FC東京のファンでもある。

ミスターシービー、ウオッカ、ヒシマサルの意外な共通点…馬名の由来は興味深いエピソードの宝庫【競馬クロニクル 第47回】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?