GJ > 競馬ニュース > 川田将雅×ソダシの新コンビに違和感!? 懇意のダノックス所有馬からの乗り替わりに「以前ほど優先しなくなったのかな」の声
NEW

川田将雅×ソダシの新コンビに違和感!? 懇意のダノックス所有馬からの乗り替わりに「以前ほど優先しなくなったのかな」の声

川田将雅×ソダシの新コンビに違和感!? 懇意のダノックス所有馬からの乗り替わりに「以前ほど優先しなくなったのかな」の声の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 来月4日、東京競馬場で開催される安田記念(G1)。参戦を予定しているG1・3勝馬ソダシの鞍上が、新パートナーの川田将雅騎手に決まった。

 同騎手はさっそく同馬の1週前追い切りに騎乗。「今までたくさん白毛馬に乗せていただいたが、明らかに質が違うという印象」と話すなど、確かな手応えを感じているようだ。トップジョッキーと白毛馬のタッグはレース当日、大いに注目を集めることになるだろう。

 ただ、この新コンビ決定に一部のファンは違和感も覚えたようだ。

川田将雅×ソダシの新コンビに違和感!? 懇意のダノックス所有馬からの乗り替わりに「以前ほど優先しなくなったのかな」の声の画像2
ダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I

 なぜなら、同レースには川田騎手のお手馬であり、懇意にしているオーナー・ダノックスの所有馬ダノンスコーピオン(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)もエントリーしているからである。

 同オーナーと川田騎手のコンビといえば、朝日杯フューチュリティS(G1)を勝ったダノンプレミアムや、高松宮記念(G1)を制したダノンスマッシュなどG1・5勝を挙げている黄金タッグとして知られている。一昨年の安田記念ではダノンキングリーが主戦の戸崎圭太騎手から川田騎手に乗り替わると、8番人気の低評価を覆してマイル女王グランアレグリアを破る大金星を挙げたことを覚えているファンも多いだろう。

 ダノンスコーピオンもそんなダノックスと川田騎手のコンビで昨年、NHKマイルC(G1)を制した馬であり、管理するのは川田騎手の師匠・安田隆師でもある。ちなみに同師は今年3月に調教師の定年である70歳を迎えたため、来年2月に厩舎解散を予定している。

 そのため、G1に師弟コンビで挑戦する機会ももうあまり残されていない。ダノンスコーピオンは前哨戦の前走・京王杯スプリングC(G2)では1番人気で11着に敗れてしまったが、レースで騎乗した川田騎手は「着順以上に内容良く走れていると思います。次につながると思います」と前向きなコメントを残していた。

懇意のダノックス所有馬からの乗り替わりに…

 それだけに、安田記念でも引き続き川田騎手が騎乗すると思っていたファンも多かったのだろう、SNSやネットの掲示板などには「まさかソダシの方を選ぶとは」「ダノックスで師匠の管理馬なのに意外」などのコメントも寄せられていた。

 また川田騎手は6日に行われた京都新聞杯(G2)でもダノントルネードではなくサトノグランツに騎乗。3月のドバイターフ(G1)では4走連続で騎乗していたダノンベルーガから降りたこともあってか「ダノンの馬を以前ほど優先しなくなったのかな」といった書き込みも一部で見られた。

「近年の須貝尚介厩舎の勝ち数トップは吉田隼人騎手だったのですが、今年は11回のタッグで半数近い5勝を挙げた川田騎手がトップ。吉田隼騎手は6鞍に騎乗して未勝利と後れを取っています。これがもし厩舎の主戦を交代したという意味合いなら、ソダシの乗り替わりもおかしなことではないかもしれません。

また、安田隆師は昨年の同時期は13回あった騎乗依頼が、今年は約半分の7回に減少している上に、斎藤新騎手や北村友一騎手、横山和生騎手などの若手や中堅の起用が多く、川田騎手をそこまで起用しなくなっているみたいです。既にG1を勝っていますし、以前ほどの拘りはなさそうな感じですね。

だからといってダノックスや安田隆師と川田騎手の関係が特に冷えたというわけでもないと思います。あくまでもケースバイケースであり、安田記念も京都新聞杯も単にチャンスがありそうな馬の方を選んだだけということではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 昨年、初の全国リーディングに輝いた川田騎手は馬質も最高レベルにまで到達しているため、騎乗馬の取捨選択も以前よりも難しくなっているのかもしれない。果たして今回のチョイスが正しかったことをレースで証明できるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅×ソダシの新コンビに違和感!? 懇意のダノックス所有馬からの乗り替わりに「以前ほど優先しなくなったのかな」の声のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に