GJ > 競馬ニュース > 「日本を代表するダート馬に育つ」川田将雅絶賛の大物が3馬身差圧勝! コントレイル近親の矢作芳人厩舎の秘蔵っ子が、秋の大舞台へ前進
NEW

「日本を代表するダート馬に育つ」川田将雅絶賛の大物が3馬身差圧勝! コントレイル近親の矢作芳人厩舎の秘蔵っ子が、秋の大舞台へ前進

【この記事のキーワード】, ,
「日本を代表するダート馬に育つ」川田将雅絶賛の大物が3馬身差圧勝! コントレイル近親の矢作芳人厩舎の秘蔵っ子が、秋の大舞台へ前進の画像1
撮影:Ruriko.I

 宝塚記念(G1)をイクイノックスが快勝し、春競馬の締めくくりとなった25日、JRAが来月12日に開催されるジャパンダートダービー(G1)のJRA出走予定馬を発表している。

 昨年の2歳王者デルマソトガケこそ不在だが、5月の兵庫チャンピオンシップ(G2)を6馬身差で圧勝したミトノオーを筆頭に、昨年の全日本2歳優駿(G1)でデルマソトガケと接戦を演じたオマツリオトコ、3連勝中のユティタム、古馬相手に2勝クラスを勝ち上がったばかりのテーオーリカードなど楽しみなメンバーが集まりそうだ。

 一方で今年は迎え撃つ地方勢が充実。5戦5勝と圧倒的な強さで南関東三冠にリーチをかけているミックファイアを大将格に、昨年のNARグランプリ2歳最優秀牡馬であり、大井の二冠でもミックファイアに次ぐ2着だったヒーローコール、米サンタアニタダービー(G1)2着という異例の経歴を持つマンダリンヒーローも底知れない大器だ。

「今年の3歳ダートはハイレベル」という噂通り、全国からトップクラスが集ったJDD。今年は例年以上に熱い戦いになりそうだ。

矢作芳人厩舎の秘蔵っ子が、秋の大舞台へ前進

 その一方でその前日、いつか上記した彼ら3歳トップクラスをまとめて負かしてしまうかもしれない大物候補が、ついに真価を発揮した。矢作芳人厩舎のミスティックロア(牡3歳・栗東)だ。

「日本を代表するダート馬に育つ」川田将雅絶賛の大物が3馬身差圧勝! コントレイル近親の矢作芳人厩舎の秘蔵っ子が、秋の大舞台へ前進の画像2
川田将雅騎手

「素晴らしい馬ですね――」

 先月14日に行われた『DMM BANUSY PARTY 2023』の席だ。一口馬主クラブDMMバヌーシーのいわゆるファン感謝デーにゲストとして登場した川田将雅騎手は、自身が騎乗したミスティックロアについて手放しで絶賛している。

 当時、ミスティックロアは2戦1勝で未勝利を勝ち上がったばかり。デビュー戦で2着に敗れ、続く未勝利戦を勝ち上がったものの、2着とはクビ差。戦績だけを見れば、特に目立った馬でもなかった。

 そういった背景もあって、川田騎手が「先々、日本を代表するダート馬に育つんじゃないかと思える雰囲気を感じさせてくれる馬」と最大級の評価を与えたことには、会場からどよめきが起こっていた。

 そして迎えた24日の最終レース。ミスティックロアは、そんな川田騎手の評価を証明する走りを見せた。

 キャリア3戦目は古馬を交えた3歳以上1勝クラスだった。14頭立てのダート1800mのレースで単勝2.4倍の1番人気だったミスティックロアは、先頭集団を見るようにポジションを取ると、勝負どころの3コーナーから進出を開始。最後の直線で同世代の2着ダンテバローズが集団から抜け出したものの、それをあっさり交わすと、最後は3馬身差をつけて2勝目を飾った。

「この日の馬体重520キロが示す通り、大型の馬でまだまだ成長中といった感じですが、ここでは能力が違いましたね。矢作調教師が自ら米国のキーンランド・セプテンバーセールで競り落とした馬で、米国の2歳女王だった母Folkloreの産駒、つまりはミスティックロアの姉には三冠馬コントレイルの母ロードクロサイトがいます。

『能力の高い馬』と川田騎手が言えば、陣営もジャパンダートダービーにも登録していいるように、この馬にかなり期待しているようです。完成するのはまだ先ですが、いずれは大きな舞台に上がってくる馬だと思います」(競馬記者)

 記者曰く、2着に敗れたダンテバローズはこれで2戦連続の2着。3着馬インヒズアイズの坂井瑠星騎手が「上位2頭が強かった」と白旗を上げている通り、1勝クラスでは格上の存在だ。しかし、今回は相手が悪かったという他ないようだ。

「これからどれだけ精神面で成長してくれるかですね」

 レース後に川田騎手がそう課題を提示するのは、評価の裏返し。期待の素質馬に出会った時のサインでもある。果たして、ミスティックロアは主戦騎手の期待通り「日本を代表するダート馬に育つ」のだろうか。秋以降の大舞台へ、少なくともまた一歩前に進んだことは確かだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「日本を代表するダート馬に育つ」川田将雅絶賛の大物が3馬身差圧勝! コントレイル近親の矢作芳人厩舎の秘蔵っ子が、秋の大舞台へ前進のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは