GJ > 競馬ニュース > 横山武史「因縁の相手」初コンビで武豊、福永祐一、C.ルメールらの領域へ。2000年以降、5名しかいない意外な記録とは
NEW

横山武史「因縁の相手」初コンビで武豊、福永祐一、C.ルメールらの領域へ。2000年以降、5名しかいない意外な記録とは

【この記事のキーワード】, ,
横山武史「因縁の相手」初コンビで武豊、福永祐一、C.ルメールらの領域へ。2000年以降、5名しかいない意外な記録とはの画像1
シャフリヤール 撮影:Ruriko.I

 来月20日に札幌競馬場で行われる札幌記念(G2)。出走予定のシャフリヤール(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)が横山武史騎手と初コンビを組むことが、本馬を所有するサンデーレーシングから発表された。

 すでに函館競馬場に入り調整を進めているシャフリヤールは、ウッドコースをキャンターで1周するなど張りのある馬体を披露しているようだ。

苦杯をなめた相手と初コンビ

 シャフリヤールは2021年の日本ダービー(G1)を4番人気で制しており、その時の1番人気馬エフフォーリアに騎乗していたのが、戦後最年少ダービー制覇がかかった横山武騎手だった。僅か数センチのハナ差2着に敗れただけに、シャフリヤールはまさに横山武騎手にとって因縁の相手だったが、そういった目線でも楽しみなレースである。

 これまで断然の1番人気馬で日本ダービーを2着に惜敗した騎手が、そのレースで1着になった“因縁の相手”に騎乗した例はないようだ。

世代クラシック全馬騎乗は名ジョッキーの証?

 シャフリヤールに騎乗となれば、横山武騎手は2021年世代の牡馬クラシックホース全てに騎乗することになる(皐月賞馬エフフォーリア、菊花賞馬タイトルホルダー)

この例は2000年以降でも
2004年 安藤勝己騎手(ダイワメジャー・キングカメハメハ・デルタブルース)
2007年 岩田康誠騎手(ヴィクトリー・ウオッカ・アサクサキングス)
2008年 武豊騎手(キャプテントゥーレ・ディープスカイ・オウケンブルースリ)
2016年 C.ルメール騎手(ディーマジェスティ・マカヒキ・サトノダイヤモンド)
2017年 C.ルメール騎手(アルアイン・レイデオロ・キセキ)
2018年 福永祐一騎手(エポカドーロ・ワグネリアン・フィエールマン)
と意外に多い。※各3冠レースとも勝ち馬が重複しない場合に限る。

 上記に該当する5名は、JRAを代表するトップクラスのジョッキーたちばかりである。すでに若手の中では頭一つ抜けた活躍を見せる横山武騎手だが、名ジョッキーの仲間入りを果たす記録の1つとなりそうだ。

 国内では昨年のジャパンC(G1)以来のレースとなるシャフリヤール。現在、札幌記念連覇を狙う大阪杯(G1)の勝ち馬ジャックドールなども出走予定とあって、今年もハイレベルな一戦が期待できる。横山武騎手はかつての因縁のライバルをエスコートし、どう勝利に導くのか、とても楽しみな一戦となりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

横山武史「因縁の相手」初コンビで武豊、福永祐一、C.ルメールらの領域へ。2000年以降、5名しかいない意外な記録とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬