GJ > 競馬ニュース > C.ルメール大絶賛の「大器」が菊花賞路線の新星に浮上!母が届かなかったG1タイトルの奪取へ
NEW

C.ルメール大絶賛の「大器」が菊花賞路線の新星に浮上!母が届かなかったG1タイトルの奪取へ

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール大絶賛の「大器」が菊花賞路線の新星に浮上!母が届かなかったG1タイトルの奪取への画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 29日、札幌7Rの3歳以上1勝クラス(芝2000m)は、C.ルメール騎手の1番人気フレーヴァード(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)が優勝。直線でステッキが入るとグングンと脚を伸ばし、最後は後続に3馬身差をつける圧勝劇だった。

「いいリズムで冷静に走れていました。追ってからの反応も良かったですね」

 レース後、騎乗したルメール騎手に優等生ぶりを高評価されたフレーヴァードは、これで通算成績を4戦2勝としたモーリス産駒。母は現役時代に重賞4勝を挙げたルージュバックという、期待の血統馬だ。

 母ルージュバックは牡馬相手にデビューから3連勝を達成。きさらぎ賞(G3)→桜花賞(G1)という異例のローテーションで牝馬クラシック第一弾に臨んだが、レース当日は単勝1.6倍の圧倒的支持を集めた。

 だが、初のマイル戦に戸惑ったこともあったのか、見せ場に乏しく9着に惨敗……。巻き返しが期待された二冠目のオークス(G1)も1番人気に推されたが、ミッキークイーンから僅差の2着に敗れている。

 その後、先述の通り重賞4勝を挙げる活躍を見せたのだが、鮮烈な末脚でデビュー3連勝を飾った姿を思い返してみると、G1のタイトルに手が届かなかったことは意外だったといえるかもしれない。

「牝馬のきさらぎ賞優勝は、1964年のフラミンゴ以来、51年ぶりの快挙。私などは、牝馬クラシックはおろか日本ダービー(G1)でも勝負になるのではないかと思っていたくらいですからね。惜しくもG1ホースになることは叶わなかったルージュバックでしたが、その分、息子であるフレーヴァードには個人的にも期待したいところです。

直線だけで3馬身差をつけたこの日の勝ちっぷりも文句なし。勝ち時計の1分59秒4もメインの3勝クラスとわずか0秒2しか違わなかったことから、中身も非常に優秀だったと思います」(競馬誌ライター)

今後は菊花賞路線へ向かう可能性も

 そんなフレーヴァードの快勝には、SNSやネット掲示板などにも「めちゃくちゃ強かったな」「間違いなく重賞級だろこれ」などの絶賛の声や、「ぜひ菊花賞(G1)の舞台で見たい」といった牡馬クラシック最終戦への参戦を期待するコメントが寄せられた。

 フレーヴァードの父モーリスは2015年の最優秀短距離馬だが、代表産駒には大阪杯(G1)優勝のジャックドールや、エリザベス女王杯(G1)を制したジェラルディーナなど中距離以上で活躍する馬が目立つ。

 母ルージュバックはオークス2着、有馬記念(G1)5着など中長距離G1で好走実績があり、母父は菊花賞馬のマンハッタンカフェ。ここまで2000mしか勝利経験がないフレーヴァードだが、血統背景的にもスタミナの裏付けはありそうだ。

 また今年4月に中山・芝2000mで初勝利を挙げた際、ルメール騎手が「忙しい感じがした。距離は長い方がよさそう」とコメント。主戦騎手の言葉通り、今後は菊花賞路線へ向かう可能性も十分あるだろう。

「フレーヴァードは前走、東京の芝2400mで4着に敗れましたが、騎乗していた戸崎圭太騎手がレース後、『馬場が緩いので、最後は苦しくなって内にササっていました』と話していたことから、距離よりも当日の不良馬場がこたえたのでしょう。

本馬はもともと直線一気で未勝利を勝ったときからルメール騎手が『すごい脚だった』と絶賛していたほどの大器。ラスト一冠に参戦してくれば不気味な存在になると思います」(同)

 どちらにせよ、秋競馬へ向けて楽しみな新星が現れたことは間違いない。ゆくゆくは母が手の届かなかったG1タイトルの奪取も期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール大絶賛の「大器」が菊花賞路線の新星に浮上!母が届かなかったG1タイトルの奪取へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ