GJ > 競馬ニュース > 古川奈穂が不可解「降板劇」に発奮!? 「流れに乗っていきたい」1か月ぶり勝利は意地の逃げ切り!
NEW

古川奈穂が不可解「降板劇」に発奮!? 「流れに乗っていきたい」1か月ぶり勝利は意地の逃げ切り!

【この記事のキーワード】, ,
古川奈穂が不可解「降板劇」に発奮!? 「流れに乗っていきたい」1か月ぶり勝利は意地の逃げ切り!の画像1
古川奈穂騎手

 5日、札幌競馬場で行われた5Rの2歳新馬(芝1200m)は、キズナ産駒のアスクアイルビゼア(牡2歳、栗東・矢作芳人厩舎)が逃げ切り勝ち。レース後にはさっそく管理する矢作調教師が、次走に9月3日のすずらん賞(2歳OP)に向かうことを明かした。

「イレ込みがありましたが、返し馬でガスが抜けて落ち着きました。ゲートは周りと一緒ぐらいでしたが、物見をしないと聞いていたので出していきました」

 レース後、そう答えたのは鞍上を務めた古川奈穂騎手だ。「切れるというよりは、じわじわ粘りこむ形で頑張ってくれました」と、最後まで抜かせなかった愛馬へ労いの言葉をかけた。

「前後半3ハロンが35秒8-35秒8。まさに絶妙な逃げでしたね。最後は内を突いたゴールデンスイープに交わされたかと思いましたが、なんとかハナ差でしのぎ切りました。

実は、古川奈騎手はアスクアイルビゼアの半姉キムケンリアンとも何度かコンビを組み、2回2着はありましたが、勝利に導くことができませんでした。それだけに、この日の勝利は感慨深いものがあったかもしれません。廣崎オーナーにも、良いアピールになったと思います」(競馬誌ライター)

 アスクアイルビゼアを所有する廣崎利洋オーナー(名義は廣崎利洋HD)といえば、古川奈騎手を重用することで知られ、先週日曜のクイーンS(G3)に出走したグランスラムアスクでは鞍上に重賞初挑戦のチャンスをプレゼントしていた。

 しかし、グランスラムアスクは逃げて条件戦を2連勝しており、今回もハナを切るとみられたが、この日は行きっぷりが今一つ。終始中団の外々を回らされる厳しい競馬となり、最下位に惨敗した。

不可解「降板劇」に発奮!?

 これが原因かどうかは分からないが、その数日後、古川奈騎手とグランスラムアスクを巡ってある不可解な出来事が起きた。

「先週木曜日(3日)に、グランスラムアスクが古川奈騎手とのコンビで17日に門別で開催されるブリーダーズゴールドC(G3)に向かうことがJRAから発表されました。

古川奈騎手にとっては、初の交流重賞ということもあって各スポーツ紙も一斉にそれを報じましたが、翌日には鞍上が坂井瑠星騎手に変更されたことが改めてJRAから発表されました」(同)

 コンビ継続で交流重賞への挑戦が発表された翌日に“降板”の憂き目に遭った古川奈騎手。この日のアスクアイルビゼアでの逃げ切りVは、それを発奮材料にした面もあったかもしれない。

 約1か月ぶりの中央での勝利にレース後、「流れに乗っていきたいです」と前を向いた古川奈騎手。次走予定のすずらん賞でも、アスクアイルビゼアの鞍上を託されることになるのだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

古川奈穂が不可解「降板劇」に発奮!? 「流れに乗っていきたい」1か月ぶり勝利は意地の逃げ切り!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ