GJ > 競馬ニュース > 【3歳馬診断】新潟記念ノッキングポイントとの違いは明白!? セントウルSのビッグシーザーとドルチェモア、京成杯AHのグラニットなど3歳馬の取捨選択
NEW

【3歳馬診断】新潟記念ノッキングポイントとの違いは明白!? セントウルSのビッグシーザーとドルチェモア、京成杯AHのグラニットなど3歳馬の取捨選択

【3歳馬診断】新潟記念ノッキングポイントとの違いは明白!? セントウルSのビッグシーザーとドルチェモア、京成杯AHのグラニットなど3歳馬の取捨選択の画像1
撮影:Ruriko.I

 先週行われた新潟記念(G3)を3歳馬ノッキングポイントが勝利したことで、今週末に行われる京成杯オータムH(G3)、セントウルS(G2)に出走する3歳馬にも注目が集まっている。

 この夏はクイーンS(G3)を3歳馬ドゥーラが勝利し、新潟記念も3歳馬が勝利。この勢いもあり、今週末の重賞レースも3歳馬が優勢と考えるファンやマスコミも少なくないだろう。

 だが、果たしてそうだろうか? 確かに斤量面の有利さと若さ、夏の成長が3歳馬に与える影響は大きい。しかし、今夏は過剰人気の3歳馬がことごとく負けたレースも少なくない。

 そこで今回はセントウルSに出走するビッグシーザー、ブトンドール、ロンドンプラン、ドルチェモア、京成杯AHに出走するグラニット、トーセンローリエといった3歳馬が古馬に通用するのかどうか、さまざまな視点で検証したいと思う。


 まずセントウルSを見てみると、過去10年の3歳馬成績は【1.3.1.10】となっており、決して悪くない。だが今年の3歳短距離路線を見てみると、そのレベルが垣間見えてくる。例えば今年のサマースプリントシリーズを見てみると、3歳馬は合計5頭が出走しすべて5着以下に敗退しているのだ。

・函館スプリントS(G3)
3頭出走で最高着順5着

・北九州記念(G3)
2頭出走で最高着順8着

 特に象徴的なのは、唯一の3歳限定1200m重賞である葵S(G3)の優勝馬モズメイメイの大敗だろう。同馬はチューリップ賞(G2)を勝ち、葵Sでロケットスタートから逃げ切っているように、3歳トップレベルの実力を持つ。だが、初めて古馬と対戦した北九州記念は、2番人気に推されながら持ち前のスピードが通用せず、見せ場なく10着に大敗している。3歳トップスプリンターが手も足も出なかった事実は、ショッキングな出来事でもあった。

 また函館SSに出走した函館2歳S(G3)優勝馬ブトンドール、ファンタジーS(G3)優勝馬リバーラ、フィリーズレビュー(G2)2着ムーンプローブも完敗。さらに北九州記念に出走した小倉2歳S(G3)優勝馬ロンドンプランも、同様に古馬の壁に跳ね返された。

 重賞実績のある3歳馬がまったく歯が立たなかった結果からも、葵Sでモズメイメイに完敗だったビッグシーザー、すでにサマースプリントシリーズで力の差を見せつけられたブトンドール、ロンドンプランは厳しいレースになりそうだ。

 またマイル路線からの参戦となる朝日杯フューチュリティS(G1)優勝馬ドルチェモアだが、得意のマイル戦ですら大敗続き。果敢に古馬へ挑戦した安田記念(G1)も最下位の18着に大敗しているように、現時点で古馬に通用する下地はない。初の1200m戦もプラスに働くとは思えず、苦戦必至だろう。


 続いて京成杯AHを見てみよう。過去10年の3歳馬成績は【1.1.3.15】となっており、古馬に引けを取らない。ただ最後に勝利したのは2016年ロードクエストで、他に20年2着のスマイルカナを含め重賞勝利実績があった。3歳馬がこのレースで勝ち負けを演じるには、最低でも重賞勝利実績が必要といえよう。

 なお、今年のサマーマイルシリーズは、米子S(L)も中京記念(G3)も関屋記念(G3)も3歳馬の出走はゼロ。さらにNHKマイルC(G1)を制したシャンパンカラーとドルチェモアが安田記念(G1)で手も足も出なかったように、3歳馬のマイル路線は全体的にレベルが低く、かなり手薄な印象。それを象徴するかのように、京成杯AHに出走する3歳馬は1勝馬でサウジアラビアロイヤルC(G3)2着の実績があるグラニット、リステッド勝ちのトーセンローリエのみと寂しい状況だ。

 確かに51~52kgの斤量、グラニットによる単騎逃げ濃厚のメンバー構成、開幕週でフルゲート割れと条件は揃ったかもしれない。しかし、重賞勝利実績がない2頭がここで好走するには、枠順や展開などでかなり恵まれる必要がある。だが、今年の古馬はかなり強力なメンバーが揃い、サマーマイルシリーズの最終戦も相まって楽な展開は望めそうにない。ここでも苦戦は必至だろう。

 現時点で3歳馬が古馬と互角以上に戦うには、昨年に天皇賞・秋(G1)と有馬記念(G1)を勝利したイクイノックスのように、もっとも層が厚いクラシック路線に近い条件(芝2000m以上)ではないか。実際に新潟記念だけでなく、札幌記念(G2)では3歳馬トップナイフがプログノーシスの2着に好走している。

 1200~1600mの路線において現3歳馬が古馬を相手にするには、まだまだ力不足と言わざるを得ない。となればセントウルSも京成杯AHも古馬中心の馬券勝負で良さそうだ。

仙谷コウタ

仙谷コウタ

初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

【3歳馬診断】新潟記念ノッキングポイントとの違いは明白!? セントウルSのビッグシーザーとドルチェモア、京成杯AHのグラニットなど3歳馬の取捨選択のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅、C.ルメールも認めた「9戦連続」1番人気の大物がカムバック。新進気鋭の指揮官に託された超新星の復活はホンモノか、フロックか
  2. 「3000万円級」の大波乱演出に本人もビックリ!確勝期した敗戦に戸崎圭太はガックリ…「ルメールロス」嘆くファンも
  3. 「2連勝中」武豊の秘密兵器候補VS「逆襲」のギャンブルルーム! 秋の大舞台を見据え、好調3歳牡馬の素質馬が激突!
  4. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  5. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  6. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  7. 武豊、55歳でも「鉄人ぶり」証明した函館開催…ドウデュース敗戦もヤマニンウルスとG1視野、「レジェンド超え」の伏兵陣も要注意
  8. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 「武豊を追いかける」証拠映像がジョッキーカメラに!? 「マークする相手を間違えました…」前日重賞初Vの若武者が敗戦の弁