GJ > 競馬ニュース > 打倒リバティアイランドに「遅れてきたヒロイン」が名乗り!マスクトディーヴァの祖母は福永祐一とスプリント路線を沸かせたアノ名牝
NEW

打倒リバティアイランドに「遅れてきたヒロイン」が名乗り!マスクトディーヴァの祖母は福永祐一とスプリント路線を沸かせたアノ名牝

打倒リバティアイランドに「遅れてきたヒロイン」が名乗り!マスクトディーヴァの祖母は福永祐一とスプリント路線を沸かせたアノ名牝の画像1
マスクトディーヴァ 撮影:Ruriko.I

 17日に行われた秋華賞トライアル、ローズS(G2)を快勝し、秋華賞(G1)の刺客として脚光を浴びているマスクトディーヴァ(牝3、栗東・辻野泰之厩舎)。本番では春二冠を制したリバティアイランドが立ちはだかる。

 ただそんな相手でももしかしたら…という期待を抱かせる走りだった。鞍上の岩田望来騎手も「最後も遊ぶ場面もありましたし、まだ余裕がありました」と振り返っている通り、キャリア4戦目。ここからさらなる成長や進化も期待できるだろう。

 直接対決のない「遅れてきたヒロイン」が本番で絶対女王に立ち向かう構図は、競馬ファンならずともワクワクする。

 また、「マスク」が含まれる馬名に1頭の名牝を思い出したファンもいたのではないだろうか。

マスクトディーヴァの祖母はスプリント路線を沸かせたアノ名牝

 マスクトディーヴァの母マスクオフは、福永祐一元騎手とのコンビでかつてスプリント路線を沸かせたビハインドザマスクの産駒で、マスクトディーヴァにとっては祖母にあたる馬だ。

 祖母は現役時代に2001年のスワンS(G2)、2000年のセントウルS(G3・当時)など重賞3勝をあげた強豪だ。切れるイメージがなかったホワイトマズル産駒だが、同馬の瞬発力はすさまじく、最後の直線の追い込みが大いにファンを魅了した。

 とくに3勝目の重賞制覇、かつラストランとなった2002年の京都牝馬S(G3)では58キロの酷量を背負いながら大外一気で前にいる馬をゴボウ抜きした。2着に敗れたのは藤沢和雄厩舎のダイヤモンドビコー。こちらもキャリアで重賞4勝をあげた名牝だった。

 ビハインドザマスクの馬主はサンデーレーシングで、馬名の由来は今年3月に亡くなった坂本龍一さんが作曲したイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の楽曲名といわれている。引退後は繁殖牝馬となり、8頭の産駒を残した。

 ちなみにビハインドザマスクの仔で「マスク」の馬名がつくのはディープインパクト産駒のマスクオフとハーツクライ産駒のマスクトヒーローの2頭。2009年生まれのマスクオフは2歳秋にデビュー、3歳の夏に引退と現役時代は短かった。通算成績は5戦1勝。これまで8頭の産駒が誕生しているが、馬名に「マスク」が含まれるのは6番目の仔である同馬が初めて。それだけ、仔馬のときから期待が大きかったのかもしれない。

 ビハインドザマスクの意味はマスクの向こう側。その解釈はさまざまあるだろうが、仮面の裏側、すなわち「真実の姿」と解釈することもできる。孫のマスクトディーヴァはマスクをつけた歌姫。祖母が届かなったG1タイトルのかかった舞台でマスクを外して能力全開、その歌声を披露できるか注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

打倒リバティアイランドに「遅れてきたヒロイン」が名乗り!マスクトディーヴァの祖母は福永祐一とスプリント路線を沸かせたアノ名牝のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  3. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  4. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  5. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  6. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏