GJ > 競馬ニュース > ダービー3着馬が菊花賞前に「不戦敗」の危機、権利取り失敗も陣営は巻き返しに意欲…混戦ゆえに浮かび上がった最悪のシナリオ
NEW

ダービー3着馬が菊花賞前に「不戦敗」の危機、権利取り失敗も陣営は巻き返しに意欲…混戦ゆえに浮かび上がった最悪のシナリオ

【この記事のキーワード】, ,
ダービー3着馬が菊花賞前に「不戦敗」の危機、権利取り失敗も陣営は巻き返しに意欲…混戦ゆえに浮かび上がった最悪のシナリオの画像1
撮影:Ruriko.I

 今週末に開催のスプリンターズS(G1)を皮切りにスタートする秋のG1戦線。中山大障害(J・G1)を含めると残り3ヶ月で13レースものG1競走が行われる。

 3歳世代のラスト一冠を争うトライアルレースも終了したが、菊花賞(G1)に向かう有力馬の中に早くも出走が危ぶまれる実力馬が出てしまった。

 以下はトライアルで3着以内に入り、優先出走権を付与された馬と賞金上位の有力馬である。

■セントライト記念(G2)
1着レーベンスティール 
2着ソールオリエンス
3着シャザーン

■神戸新聞杯(G2)
1着サトノグランツ
2着サヴォーナ
3着ファントムシーフ

タスティエーラ 日本ダービー(G1)1着
トップナイフ 札幌記念(G2)2着

ダービー3着馬が菊花賞前に「不戦敗」の危機、権利取り失敗も陣営は巻き返しに意欲…混戦ゆえに浮かび上がった最悪のシナリオの画像2
ハーツコンチェルト 撮影:Ruriko.I

 いずれも菊花賞で人気しそうな面々であるが、ハーツコンチェルト(牡3、美浦・武井亮厩舎)の名前がないことにお気づきだろうか。本馬は上位4頭まで同タイムの激戦となった日本ダービーでタスティエーラ、ソールオリエンスに次ぐ3着に入った実力馬だ。

 しかし、ここまで7戦のキャリアで勝利を挙げたのは、新馬戦の1勝のみ。菊花賞への出走を確定させるべく出走した神戸新聞杯で1番人気に支持されたものの、5着に敗れたため、賞金の加算どころか権利取りにも失敗してしまった。

 手綱を取った松山弘平騎手が、流れに乗れて脚も溜まったと振り返った一方で、「思った以上に最後は脚を使えませんでした」と疑問を感じたのは、本馬が左回りのコースで好走しながらも、右回りで馬券に絡んだことのない「サウスポー疑惑」があったことも無関係ではなさそうである。なんとか巻き返しを期したいハーツコンチェルト陣営だが、神戸新聞杯を敗れたことにより、菊花賞そのものへの出走にすら黄色信号が灯った。

混戦ゆえに浮かび上がった最悪のシナリオ

 一応本番を見据えた調整が行われるようだが、現在ハーツコンチェルトの収得賞金は1500万円。例年ならなんとかなりそうな金額だが、混戦模様の今年は賞金ボーダーが高くなる可能性があり、このままだと抽選対象となりそう。

 ハーツコンチェルトを所有するグリーンファーム愛馬会のホームページに掲載された情報によると、松山騎手は「左回りと比べて右回りが苦手だとは思えません」、武井調教師も「ハーツコンチェルトが菊花賞へ向けて一番良い走りが出来ていた」とリベンジに向けての手応えは掴んでいた様子だった。

 ラスト一冠を前に立ちはだかったゲートインのハードル。世代トップクラスの力があることは間違いないだけに“不戦敗”という最悪のシナリオだけは避けたいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ダービー3着馬が菊花賞前に「不戦敗」の危機、権利取り失敗も陣営は巻き返しに意欲…混戦ゆえに浮かび上がった最悪のシナリオのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬