GJ > 競馬ニュース > 3歳牡馬の頂点は「ジンクス破壊」ダービー馬か? 決戦の地は有馬記念(G1)メンバー手薄予想も見所あり
NEW

3歳牡馬の頂点は「ジンクス破壊」ダービー馬か? 決戦の地は有馬記念(G1)メンバー手薄予想も見所あり

【この記事のキーワード】, ,

3歳牡馬の頂点は「ジンクス破壊」ダービー馬か? 決戦の地は有馬記念(G1)メンバー手薄予想も見所ありの画像1

 16日から有馬記念(G1)のファン投票が始まった。例年通り、第1回特別登録を行った馬のうち、得票数の上位10頭には同レースへの優先出走権が与えられる。

 投票上位が予想されるのは、やはり現役最強格のイクイノックスやリバティアイランドだろう。しかし、両馬ともに次走は激戦必至のジャパンC(G1)を予定しており、その1ヶ月後の有馬記念に参戦するかは不透明なところ。

 ジャパンCと天皇賞・秋(G1)に指折りのメンバーが揃った分、「有馬は手薄になりそう」との声も聞かれる。しかし、現時点では凱旋門賞(G1)4着のスルーセブンシーズや、天皇賞・春(G1)を制したジャスティンパレスらが出走を表明。骨太なメンバーになることは間違いなさそうだ。

 そんな強豪古馬たちの参戦に加えて、今年の有馬記念では「3歳牡馬の決戦」にも期待したい。

 残念ながら菊花賞馬ドゥレッツァは年内休養を発表したが、日本ダービー(G1)を制したタスティエーラは有馬記念に照準。ここに皐月賞馬ソールオリエンスも名乗りを上げれば、今年のクラシック戦線を彩ったライバル2頭の再戦が決まる。

3歳牡馬の頂点は「ジンクス破壊」ダービー馬か

3歳牡馬の頂点は「ジンクス破壊」ダービー馬か? 決戦の地は有馬記念(G1)メンバー手薄予想も見所ありの画像2
タスティエーラ 撮影:Ruriko.I

 タスティエーラとソールオリエンス。2頭の動向次第では、今年の「最優秀3歳牡馬」も定まってくるだろう。現状はダービー馬タスティエーラが優勢と言える。デビューから6戦で連対を外したのは共同通信杯(G3)の4着のみで、皐月賞(G1)・菊花賞(G1)でも2着と安定した結果を残した。

 また同馬はダービーと菊花賞にて、気がかりなジンクスに抗ったことも印象深い。

 ダービーでは初騎乗のD.レーン騎手を背に、69年ぶり「テン乗りでのダービー制覇」を果たした。菊花賞では「ダービーから直行」の勝ち馬はおらず、三冠馬を除いて「ダービー・菊花賞の二冠」も勝てば50年ぶりという中で、2着に食い込んでみせた。

 一方のソールオリエンスも、史上初の京成杯(G3)勝ち馬として皐月賞を制したジンクスブレイカー。こちらも全6戦で馬券内を外さない安定ぶりだが、タスティエーラには2度先着を許してしまった。次走は明かされていないが、実績ある中山コースの有馬記念なら、再びタスティエーラを上回る可能性もある。

 過去の有馬記念を振り返ると、3歳馬の好走がかなり際立つ。グレード制導入以降、同レースを勝った3歳(旧4歳含む)馬は16頭で、うち13頭が同年の最優秀3歳牡馬に選ばれた。

「主役不在」も囁かれた今年の牡馬クラシックだが、終わってみれば上記2頭が中心を担っていた。今年の総決算となる有馬記念でのリマッチはあるのか、そして有力古馬を相手に「世代レベルの証明」を果たせるか。引き続き2頭の動向に注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

3歳牡馬の頂点は「ジンクス破壊」ダービー馬か? 決戦の地は有馬記念(G1)メンバー手薄予想も見所ありのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!