GJ > 競馬ニュース > 【阪神JF】鮫島克駿「一発を狙うなら」12番人気の激走に大物感プンプン!? 「差し馬天国」で逃げて5着が意味するもの
NEW

【阪神JF】「一発を狙うなら」12番人気の激走に大物感プンプン!? 「差し馬天国」で逃げて5着が意味するもの

【阪神JF】「一発を狙うなら」12番人気の激走に大物感プンプン!? 「差し馬天国」で逃げて5着が意味するものの画像1
北村宏司騎手 撮影:Ruriko.I

 10日、阪神競馬場で行われた2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルF(G1)は、3番人気のアスコリピチェーノが勝利。今夏の新潟2歳S(G3)で、鞍上の北村宏司騎手に5年ぶりの重賞勝利を届けた孝行娘が、今度はキタサンブラックの菊花賞以来、約8年ぶりのG1制覇をプレゼントした。

 上がり3ハロン1位のステレンボッシュが2着、同2位のアスコリピチェーノが1着と、今年も例年通りの切れ味勝負となった阪神JF。というのも近年の本レースは差し、追い込み馬が圧倒的に好成績を残しているからだ。

 ちなみに過去10年で4角先頭から馬券圏内に食い込んだのは、2019年の勝ち馬レシステンシアと、2015年の勝ち馬メジャーエンブレムの2頭だけ。後者は翌年のNHKマイルC(G1)の覇者であり、前者は後にG1で1着こそなかったが、5度の2着がある紛れもない名牝に成長している。

 それだけに、この2歳女王決定戦で「逃げ」を打つことは厳しく、逆に上位に食い込むことができれば輝かしい未来が待っている可能性が高いということになる。

【阪神JF】「一発を狙うなら」12番人気の激走に大物感プンプン!? 「差し馬天国」で逃げて5着が意味するものの画像2
シカゴスティング 撮影:Ruriko.I

 その上で、今年の阪神JFでハナに立ち、先頭のまま最後の直線を迎えたのはシカゴスティング(牝2歳、栗東・庄野靖志厩舎)だった。

 1400mの未勝利戦と、1200mのフェニックス賞(OP)を勝っているシカゴスティングだが、前走のファンタジーS(G3)で3着に敗れている上に、唯一の1600m経験だったデビュー戦でも3着に敗退。

 鞍上の鮫島克駿騎手が「テンションの高さが課題の馬。距離延長がプラスになるイメージがあまりない」と話していた通り、実力・距離ともに不安が残る戦績で単勝67倍の12番人気は、ある意味妥当な評価と言えただろう。

 勢いよくハナに立ったものの最初の600mが34.4秒、道中も常に後続からプレッシャーを受け続けるなど、決して楽な逃げではなかったシカゴスティング。最後の直線を先頭で迎えた段階で後続との差はほぼなく、多くのファンが例年の逃げ馬のように「ここまでが見せ場」と思っていたはずだ。

 しかし、2番手を追走したナナオやテリオスルル、ミライテーラーといった番手組がズルズルと後退し始めているのを尻目に、シカゴスティングがリードを広げていく。結局、最後は上位陣の切れ味に屈した格好だが、残り200mまで先頭を走っての5着は十分に胸を張れるものだろう。

「差し馬天国」で逃げて5着が意味するもの

「鮫島駿騎手が『一発を狙うなら……という乗り方をした』と話していましたが、想像以上に強い競馬だったと思います。今回の庄野厩舎は2頭出しでしたが、永島まなみ騎手が初のG1挑戦ということもあって、戦前はもう1頭のスウィープフィートの方が目立っていましたが、シカゴスティングも頑張ってくれましたね。

ちなみに上位10頭の最終コーナーの位置取りだけをフォーカスすれば、勝ったアスコリピチェーノ(8番手)と3着のコラソンビート(5番手)以外は、軒並み10番手以下の後方集団。今年も典型的な阪神JFの流れだったと思いますが、そんな中で逃げての5着は数字以上に立派だと思います。

最後は残り200mで止まってしまいましたが、実は戦前に庄野調教師が『まだ非力な面があるので、坂のある阪神でどうか』とゴール前の急坂を気にしていました。陣営も今回のレースで手応えを掴んだでしょうし、これからパワーがついてくればもっと楽しみな存在になると思います」(競馬記者)

 もちろん、現時点のシカゴスティングが冒頭で挙げたレシステンシアやメジャーエンブレムと肩を並べたわけではない。だが、シカゴスティングもまた非凡なものを持っていることは確かだ。ファンタジーS、阪神JFはいずれも12番人気の大穴だったが、どこかで大仕事をしそうな雰囲気があるだけに、名前を覚えておきたい1頭だろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【阪神JF】「一発を狙うなら」12番人気の激走に大物感プンプン!? 「差し馬天国」で逃げて5着が意味するもののページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは