GJ > 競馬ニュース > 元JRA藤田伸二氏「ミックファイア凡走」を予告!? 「一銭も買いません!」南関無敗の三冠馬の「異変」を見抜いた大胆予想
NEW

元JRA藤田伸二氏「ミックファイア凡走」を予告!? 「一銭も買いません!」南関無敗の三冠馬の「異変」を見抜いた大胆予想

【この記事のキーワード】, ,

元JRA藤田伸二氏「ミックファイア凡走」を予告!? 「一銭も買いません!」南関無敗の三冠馬の「異変」を見抜いた大胆予想の画像1

ミックファイアの凡走を見抜いていた藤田伸二氏

 29日、大井競馬場では地方競馬の総決算、東京大賞典(G1)が少数精鋭の9頭立てで行われた。

 単勝1.7倍の断然人気に推されたのは、昨年の当レースと今年3月のドバイワールドC(G1)を制したウシュバテソーロだった。1000m通過が63秒8のスローペースで流れた一戦で、道中は後方2番手という位置取り。4コーナーまでにテンカハルを交わしたが、直線を向いたときはまだ後方3番手という厳しいところにいた。

 ハナを切った同じ「テソーロ軍団」のウィルソンテソーロがまんまと逃げ込み態勢に入っていたが、兄貴分のウシュバテソーロが大外一閃。上がり3ハロン37秒0の豪脚を駆使して6頭をまとめて差し切り、見事に連覇を達成した。

 ウシュバテソーロから半馬身差の2着には逃げ粘ったウィルソンテソーロ、さらにクビ差の3着にドゥラエレーデが入り、7着までをJRA勢が占める結果となった。

 実績あるJRAの強豪馬たちが力を出し切ったなか、ファンの溜息を誘った1頭が、3番人気に支持されるも勝ち馬から2秒4差のブービー8着に沈んだ、地元・大井の雄ミックファイア(牡3歳、大井・渡辺和雄厩舎)である。

 ご存じの通り、今年の春は羽田盃を皮切りに、東京ダービー、そしてJRA勢相手のジャパンダートダービー(G1)をいずれも圧勝。史上2頭目となる南関無敗の三冠馬に輝いていた。

 この秋は盛岡で開催されたダービーグランプリも勝って、デビューからの連勝を「7」に伸ばしていたが、初めて古馬と対峙した東京大賞典で思いもよらぬ大敗を喫した形だ。

「レース後にミックファイアを管理する渡辺調教師が『あのようなスタートでしたからね』と振り返ったように、ゲートに突進するようなスタートで後手を踏んだことも大きかったと思います。ただ、三冠を達成した時とは異なる馬場(砂)に加えて、フィジカル面も春に比べると万全とはいえない状態だったのではないでしょうか。

馬体重こそ10kg増でしたが、歴戦の古馬の雄大な馬格と比べると、物足りなさを感じましたし、パドックでも集中力を欠いていたように映りました。たとえスタートを決めていたとしても、着順は変わらなかったと思いますよ」(競馬誌ライター)

 そんなミックファイアの苦戦をレース2日前の時点で予測していた人物がいた。

「ミックファイアは一銭も買いません!」

 無敗の三冠馬をそう評していたのは、JRA騎手として通算1918勝を挙げた藤田伸二氏である。

藤田氏「いい時は(レース)直前に大井に入れていた」

 藤田氏は27日に自身のYouTube『藤田伸二チャンネル』で、「【元騎手藤田伸二】ホープフルS&東京大賞典予想ライブ!」と題して生配信を敢行。出走する有力各馬に対する見解などをファンに向けて解説していた。

 詳細はぜひ本動画をご覧いただきたいが、東京大賞典のミックファイアを取り上げた際に藤田氏の口から飛び出したのが「ミックファイアは一銭も買いません」という発言だ。

 藤田氏によると、競馬新聞などでミックファイアの情報を収集する中で、これまでの調整過程が気になったという。「(ミックファイアが)いい走りをした時は(レース)直前に大井に入れて競馬に使っていた」のだという。

 逆に同世代の馬相手に0秒2差と三冠馬らしい走りを見せられなかった前走のダービーグランプリ、そして今回の東京大賞典は、どちらも「(レースの)10日くらい前に大井に入っているんだよね」と、春と秋でレースに至る調整の違いに言及していた。

 実際に確認すると、羽田盃、東京ダービー、JDDでは最終追い切りまでを外厩施設の牧場で済ませ、直前に大井に入っていた。ところが、秋の2戦はどちらも外厩で1週前追い切りまで済ませ、最終追い切りを帰厩後に行っていたのだ。

「ミックファイアはもともと爪に不安を抱えており、この秋もJBCクラシック(G1)、チャンピオンズC(G1)と立て続けに“回避”していたのも紛れもない事実です。東京大賞典はファンのためにと何とか間に合わせた状態だったのかもしれません」(同)

 藤田氏はほんの数日のちょっとした調整過程の違いから、ミックファイアの凡走を予測していたことになる。

「まだ伸びしろしかありませんし、また一からのスタートですね」

 初黒星を喫したミックファイアについて、渡辺師は前を向いたが、次走は何とか万全の状態で出てきてほしいところ。無敗の三冠馬として、多くのファンが逆襲を期待している。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

元JRA藤田伸二氏「ミックファイア凡走」を予告!? 「一銭も買いません!」南関無敗の三冠馬の「異変」を見抜いた大胆予想のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃