GJ > 競馬ニュース > 【東京新聞杯】マスクトディーヴァに「死角」なし?距離短縮に左回りも問題なし…レコード圧勝で示した「ソダシ超え」パフォーマンス
NEW

【東京新聞杯】マスクトディーヴァに「死角」なし?距離短縮に左回りも問題なし…レコード圧勝で示した「ソダシ超え」パフォーマンス

【この記事のキーワード】, ,
【東京新聞杯】マスクトディーヴァに「死角」なし?距離短縮に左回りも問題なし…レコード圧勝で示した「ソダシ超え」パフォーマンスの画像1
マスクトディーヴァ 撮影:Ruriko.I

 2月4日、2週目に突入する今週末の東京開催は、ヴィクトリアマイル(G1)や安田記念(G1)を見据えたマイル重賞、東京新聞杯(G3)が行われる。

 今年の飛躍をかける実力馬たちが多数出走を予定しているが、最大の注目はマスクトディーヴァ(牝4、栗東・辻野泰之厩舎)で間違いないだろう。

 前走の秋華賞(G1)でリバティアイランドに1馬身差の2着。牝馬三冠を達成したライバルは、次走のジャパンC(G1)で世界最強馬イクイノックス相手に4馬身差の完敗を喫するも、有馬記念(G1)で3着までを独占したドウデュース、スターズオンアース、タイトルホルダーに先着してみせた。

リバティアイランド、ブレイディヴェーグが証明する素質の高さ

 そのリバティアイランドに敗れはしたものの、その走りはG1級。鞍上の川田将雅騎手が完璧にエスコートしていた勝ち馬に対し、マスクトディーヴァは勝負どころでスムーズさを欠く不器用な競馬。最強牝馬を凌ぐ末脚で迫ったのだから、見せ場を作った以上に収穫のあった一戦といえる。

 また、ジャパンCで好走したリバティアイランド以外にもマスクトディーヴァの強さを間接的に証明したのが、ローズS(G2)で2着に下したブレイディヴェーグの存在だ。こちらは、次走のエリザベス女王杯(G1)で古馬を相手に快勝してみせた。

 そして、そのローズSでマスクトディーヴァがマークした1分43秒0(良)のレコードも優秀だ。秋の阪神開催が開幕2週目で馬場状態が絶好だったとはいえ、そんなスピードを要求される馬場を苦にしなかったことは、本馬のスピードの裏付けともなるだろう。

「単純比較はできませんが、ラスト1Fの11秒8を引いたマイル換算だと1600mの通過ラップは1分31秒2になるんですが、阪神芝1600mのコースレコードと遜色ないタイムなんですよ。

レコードを記録したレースは、ソダシが優勝した2021年の桜花賞(G1)で、当時の馬場も絶好でしたから状況も似ていますね。そのソダシが翌年にヴィクトリアマイルを制していますし、マスクトディーヴァにも続いてほしいですね」(競馬記者)

 つまり、同じ阪神でもマイルG1の桜花賞より距離が1F長いにもかかわらず、レコードと0秒1差でしかなかった価値は高い。

 血統的にも母のマスクオフは、ディープインパクトとビハインドザマスクという良血の持ち主である。祖母は現役時代に短距離重賞3勝を挙げた快速馬でもあり、マスクトディーヴァのスピードを補っているのだろう。

 東京コースは初だが、同じ左回りの中京でデビュー戦を楽勝しているなら、それほど問題にならないはず。

 あえて懸念材料を挙げるとすれば、重賞で頼りなさのある岩田望来騎手だが、今回は広い東京のマイルが舞台。リバティアイランドに再び挑戦状を叩きつけるためにも負けられないところ。まずはここで最高の結果を残したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【東京新聞杯】マスクトディーヴァに「死角」なし?距離短縮に左回りも問題なし…レコード圧勝で示した「ソダシ超え」パフォーマンスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  3. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  4. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  5. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  6. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏